国際情勢

Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

全て表示する >

JOG-mel No.622 太陽エネルギー文明と「日の本」の国

2009/11/08

■■ Japan On the Globe(622) ■■ 国際派日本人養成講座 ■■

    The Globe Now: 太陽エネルギー文明と「日の本」の国
    
                 今、生まれようとしている太陽エネルギー文明
                を先導する使命が「日の本」の国にある。
■転送歓迎■ H21.11.08 ■ 38,414 Copies ■ 3,211,445 Views■
  無料購読申込・取消: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/

    --------------------------------------------------------
    ■ 天皇陛下御即位20年をお祝いする全国各地の奉祝行事 ■
                 http://www.houshuku.org/
    --------------------------------------------------------
    
■1.わずか1ミリの大気圏■

     昨平成20年春、中国の胡錦濤国家主席が来日したおりに、
    総理官邸で展示されたのが、直径1.28メートルのディジタ
    ル地球儀「触れる地球」だった。雲の動きや気象に関する最新
    情報がインターネット経由でダウンロードされ、今この瞬間に
    宇宙船から見た地球の姿を、そのまま見ることができる。

     折しも死者・行方不明者13万人の被害が出たサイクロン・
    ナルギスがミャンマーを襲った直後であり、ディジタル地球儀
    上にここ数週間分の雲の動きを再現して見ると、巨大サイクロ
    ンがミャンマーを襲う一週間以上前からインド洋上にくっきり
    と姿を現していた。この予知情報がミャンマーに伝えられてい
    たら、犠牲者の数も大きく減らすことができたかも知れない。

     このディジタル地球儀を、せっかく中国の最高権力者に見せ
    るのだったら、中国が全世界の約2割もの温室効果ガスを排出
    している様子だとか、中国が占拠しているウイグル自治区での
    環境破壊により、黄砂が日本にまで飛来して迷惑をかけている
    様子などを見せてやれば良かったのに、と思うのだが、「人の
    嫌がることはしない」と広言していた福田元首相のことだから、
    そんな発想は思いつきもしなかったろう。

     それはともかく、温室効果ガスにせよ、黄砂にせよ、高度約
    1万メートル、ジェット機が飛ぶくらいの高さまでの空気の層
    (対流圏)の問題なのだが、この地球儀上では、わずか1ミリ
    の厚さでしかない。人類を護ってくれている大気とは、かほど
    に、か弱い存在なのである。

■2.地球環境は大きな変動を続けてきた■

     温室効果ガスの議論では、安定的な自然を、人類の文明が破
    壊しつつある、という先入観をベースに語られる事がほとんど
    だが、地球の自然とはもともと絶えず変動してきた。[a]

     たとえば、初期の地球に酸素はなかった。光合成バクテリア
    が繁殖して酸素(O2)を生み出し、酸素が大気中に飽和して
    一部がオゾン(O3)に変わり、そのオゾン層が紫外線をカッ
    トすることによって、はじめて生物が海から陸上に上がって進
    化することができた。これがわずか4億年前のことである。地
    球の誕生が46億年前と言われるので、地球の歴史を1年に換
    算すると、酸素が生み出されたのはようやく11月30日頃と
    いうことになる。

     2万年前の最終氷河期には気温の低下のため、海面は100
    メートル以上も低く、アジア大陸と日本とは陸続きだった。こ
    れが12月31日午後11時58分頃のことだ。

     この1万年ほどは、地球史の中でも「例外的に気候が安定し
    た期間」だったと言われるが、その間でも地球の自然は絶えず
    大きな変動を続けてきた。

     6千年ほど前の縄文期には、温暖化により海面が現在より5
    メートル以上も高く、東京湾が埼玉県の大宮あたりまで入り込
    んでいた。

     逆に18世紀ごろには、アイスランドの大規模な火山噴火で
    放出された火山ガスが北半球を覆い、地上に到達する日射量を
    減少させ、冷害による饑饉を東西で引き起こした。これがフラ
    ンス革命の遠因となり、また日本でも天明の飢饉を引き起こし
    たと言われている。

     このように地球環境は常に大きく変動を続けてきたのであり、
    現代の温室効果ガスの問題も、その前提のもとで議論されなけ
    ればならない。

■3.「有り難い星」地球■
    
    「温室効果」とは、自然を破壊する悪いイメージでしか使われ
    ないが、それも偏った先入観である。そもそも大気中の二酸化
    炭素や水蒸気の温室効果によって、地球の気温は生命に好適な
    平均15度程度に保たれている。もし、温室効果がなかったら、
    地球の平均気温はマイナス18度まで下がると推定されている。

     さらに、地球の表面の7割を覆う海が、温度変化の激変を防
    いでいる。たとえば水のない月では、昼の側は太陽熱で150
    度を超え、夜の側はマイナス110度まで下がる。地球の表面
    を覆う水が、「温まりにくく冷めにくい」性質によって、昼夜
    や夏冬の温度差を相殺してくれるのだ。まさに「地球」という
    より、「水球」である。

     しかも、そもそも地球が水に覆われていること自体が、奇跡
    的である。隣の金星では太陽に近すぎるために水はすべて蒸発
    して水蒸気になってしまう。火星では逆に太陽から遠すぎるた
    めに、ほとんど氷の状態でしか存在し得ない。

     地球が太陽から適度の距離であるがために、水が液体の状態
    で存在し、そしてその水の保温効果と大気の温室効果によって、
    生物に適当な温度が保たれている。こう考えると、我々が生か
    されているこの地球とは、奇跡的な「有り難い星」なのである。

■4.太陽エネルギーの恵み■

     もう一つ有り難いことは、地球が太陽から無尽蔵のエネルギ
    ーを供給されていることである。太陽から地球に届けられるエ
    ネルギーの総量は、石油換算で約130兆トンであり、これは
    人類が一年間に消費するエネルギーの石油換算量約90億トン
    の1万4千倍以上である。言わば36分間の太陽エネルギーで、
    人類の1年分のエネルギーが賄(まかな)える勘定になる。

     したがって、太陽から供給されるエネルギーのほんの一部で
    も活用できれば、石油も石炭も原子力も要らない事になる。本
    来、地球には「エネルギー問題」など存在しないはずなのであ
    る。

     太陽エネルギーの利用手段というと、まず思い浮かぶのが太
    陽光発電だが、それだけではない。太陽で温められた大気が上
    昇気流を生み、その空隙にまわりから空気が流れ込んで風が吹
    く。風力発電とは、太陽が生み出した風からエネルギーを取り
    出すものである。

     また、太陽熱によって蒸発した水分が、山の上まで運ばれて、
    雨が降り、それが集まって川となる。水力発電も太陽エネルギ
    ーがもとになっているのである。

     同様に、海の温められた表層と冷たい深層の温度差を利用す
    る「海洋温度差発電」も、太陽エネルギーを利用する一手段で
    ある。

     さらに、トウモロコシなどから燃料を作り出す「バイオマス」
    も、植物が太陽エネルギーを光合成によって変換・貯蓄したも
    のである。

     こうして見ると、まさに地球は、太陽光の恵みをふんだんに
    受けている「有り難い星」である、と言わざるを得ない。

■5.現代文明の野蛮なエネルギー利用■

     欧米諸国が発展させた現代文明は、こうした「有り難さ」に
    背を向けて、もっぱら石油石炭などの化石エネルギーに頼るこ
    とによって温室効果ガスをまき散らし、地球環境のバランスを
    崩しつつある。変動し続ける地球環境が「希に見る安定した時
    代」に遭遇したという幸運にも気づくことなく。

     そもそも現代の石油エネルギー文明は非効率なことこの上な
    い。たとえば「文明開化」の象徴だった白熱電灯は、火力発電
    でのロス、家庭への送電ロス、さらに電灯の発熱ロスを除けば、
    我々が必要としている「光」になるエネルギーは、投入エネル
    ギーの1%もない。

     また自動車にしても、ガソリンを燃やしても発熱で失われる
    ロスや、信号待ちでエンジンがムダに回っているロスを除くと、
    エネルギー効率はせいぜい15%程度である。これで車体重量
    1.2トンの車で体重60キロのドライバー一人を乗せて走っ
    ているとすれば、15%の1/20で、これまたエネルギー効
    率は1%以下となってしまう。

     電灯にせよ自動車にせよ、地中から大量の石油を掘り出して、
    その1%以下しか利用せず、あとは熱と排気ガスを大気中にま
    き散らす。現代文明は、エネルギーの観点から見れば、なんと
    も野蛮な段階なのである。

     現在の地球温暖化問題に関して、二酸化炭素の排出を何パー
    セント減らすか、という議論ばかりされているが、それはあま
    りにも視野の狭い捉え方であって、本来は、現代文明のいかに
    も野蛮なエネルギー利用をどう進化させていくか、という文明
    のグランド・デザインから考え直さなければならない。

■6.石油依存のリスク■

     石油エネルギー文明は、その効率の悪さ以外にもいくつか
    本質的な欠陥がある。まず、石油資源は限られた産油国に集中
    しており、そのために産油国と非産油国の格差を生ずる。我が
    国も石油の輸入に年間17兆円も使っているが、貧しい国で石
    油を輸入しなければならない場合は、経済的な負担が大きく、
    それが成長の制約となる。

     また石油資源の争奪が国際紛争の原因ともなる。そもそも大
    東亜戦争は、アメリカが日本に対して石油輸出を禁止した事が
    引き金になった[b]。現代でも石油をがぶ飲みする中国が、ア
    メリカの石油覇権に挑戦している[c]。

     特定の産油国からの長距離輸送もリスクを伴う。我が国の石
    油輸入の80%が、ペルシア湾の湾岸諸国からであり、海賊の
    跋扈や、地域紛争により、湾岸ルートが閉ざされでもしたら、
    石油輸入がストップする恐れがある。

     さらに石油はグローバルに取引される商品として、価格変動
    が著しい。産油国が談合して石油価格を一挙に引き上げ、我が
    国も「石油ショック」に襲われたことは記憶に新しい。

     石油エネルギー文明は、資源の偏在性による紛争、供給・輸
    送不安定、価格変動などの重大リスクを人類全体に与えている。

■7.平等で平和な太陽エネルギー■

     石油に比べて、太陽エネルギーは温室効果ガスを発生させず、
    またテロや事故の心配もない。

     さらに、その「偏在性」ならぬ「遍在性」も大きな特長であ
    る。太陽の光はどの国にも降り注ぐ。特に貧しい国の多い南方
    では、より豊かな太陽エネルギーが享受できる。これは現在の
    南北格差を縮小する効果を持つ。

     そして「地産地消」型である事も見逃せない特長である。各
    地域で太陽光発電なり、風力発電なり、その地域の特性にあっ
    た形で、太陽エネルギーを取り出し、各地域が自立できる。こ
    れはリスクの分散につながる。

     言わば、太陽エネルギーはきわめて平等で、かつ平和的なエ
    ネルギーなのである。人類の文明が、石油エネルギーから脱却
    して太陽エネルギーに移行すれば、石油エネルギーに伴う紛争
    やリスク、貧富格差は大きく低減される道が開ける。
    
■8.食糧問題や水問題にも資する海洋温度差発電■

     太陽光発電の技術開発において、日本は世界をリードしてい
    るが、さらにいかにも我が国らしい太陽エネルギーの利用方法
    が開発されつつある。前述の「海洋温度差発電」である。

     太陽によって温められた表層海水の25度から30度くらいの
    温度で容易に揮発するアンモニアの蒸気がタービンを回し、そ
    れが今度は深層から汲み上げられた5度前後の海水によって冷
    やされて液体に戻る、というサイクルが無限に回る。

     原理はフランスなどで19世紀から予言されていたが、実用
    可能な段階まで漕ぎ着けたのが佐賀大学の上原春男氏を初めと
    する日本の技術革新によるものである。日本のゼネシス社がプ
    ロモーターとなってインドや中東、太平洋諸国に実証実験プラ
    ントが建設されつつある。[1,p59]

     海洋温度差発電には大きな副産物がある。第一に栄養豊かな
    深層水を利用して、漁場を作り出すこと。深層水が自然に海表
    面に湧き出すポイントは「湧昇」と呼ばれ、ペルー沖など世界
    有数の漁場となっている。これを人工的に創り出すことができ
    るので、近海で魚類の「地産地消」化が進められる。

     第二に淡水の供給。発電で利用した温海水を蒸発させ、冷海
    水で凝縮させれば真水ができる。

     温室効果ガスの発生ゼロで、なおかつ食料問題や水問題の解
    決に資するこの技術は、パラオ共和国など南洋の島嶼国家やカ
    リブ諸国など30カ国以上から相談・引き合いが来ているとい
    う。
    
■9.太陽エネルギー文明の自然観■

     石油エネルギー文明から太陽エネルギー文明への進化の根底
    には、実は自然観の転換がある。石油エネルギー文明とは、地
    中から採掘した石油で、密閉した建物をエアコンで冷やして廃
    熱を窓の外に吐き出したり、舗装した道路に自動車を走らせて
    排気ガスをふりまく、という光景に見られるように、人間が自
    然を征服し、搾取する思想に立脚している。

     今起こっている二酸化炭素削減の動きも、また各種のエコロ
    ジー運動も、人間の自然に対する影響を最小化しようというこ
    とで、根本的には人間を自然界の「異物」として捉えており、
    人間による自然征服の「裏返し」なのである。

     それに対して我が国の自然観は、人間は「生きとし生けるも
    の」の一つとして自然と共生するものと捉える。同時に治山治
    水の技術によって、荒ぶる自然をうまく制御して、森や海や川
    を美しく保ちながら、災害を無くしていこうとする。

     海洋温度差発電とは、まさにこの自然と人間の共生、共進化
    という日本的自然観を体現する典型的な技術と言える。

     我が国は、古来から天照大神、すなわち太陽神を「生きとし
    生けるもの」を養い育ててくれる最高神として崇めてきた。日
    本語の「ヒ」は、太陽の「日」であり、人間が使う「火」であ
    り、太陽から与えられた生命力(霊)を宿したのが「霊止(ヒ
    ト、人)」「日子(ヒコ、男子)」「日女(ヒメ、女子」であ
    る。さらに我が国は「日の丸」を国旗に掲げる「日の本」の国
    である。

     今、生まれようとしている太陽エネルギー文明は、「生きと
    し生けるもの」とともに豊かで平和な世の中を創り出す、とい
    う自然観に基づくものとなろう。それを推し進めるのは、「日
    の本」の国の世界史的使命である、と言えよう。
                                         (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(507) 地球温暖化問題に仕組まれた「偽装」
    政府やマスコミは情報をコントロールしている
   http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogdb_h19/jog507.html
b. JOG(513) 石油で負けた大東亜戦争
    日本は石油供給をストップされて敗北したが、 現在でもその
   リスクはさらに深刻化している。
   http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogdb_h19/jog513.html
c. JOG(554) 米中石油冷戦と日本の国策
    石油をがぶ飲みする中国が、アメリカの石油覇権に挑戦して
   いる
   http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogdb_h20/jog554.html


■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 竹村真一『地球の目線』★★★、PHP新書、H20
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569700861/japanontheg01-22%22


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■前号「中島知久平 〜 『航空立国』の志」に寄せられたおたより

                                                 樵さんより
    「心理的な敗北感をいつまでも持たないで、早く自分の気持ち
    を復興させることだ。」正に、今の日本に日本人に必要な言葉
    だと鳥肌が立ちました。

     戦後半世紀以上が過ぎ、経済的には復活したにも拘らず、今
    の日本の世界との関わる時の姿勢、国内の様々な問題を考える
    と、戦前の日本人の伝統精神が戦後からまだ復興していないと
    思います。

     家族のため、社会のため、国のために自分の人生を使う。

     現在は偏向された個人主義、権利の主張が善とされています。
    その結果が、今の国内の悲しくなる事件や外国から軽んじられ
    る状況を招いたと思います。

     精神的な復興が必要だと強く感じました。

■ 編集長・伊勢雅臣より

     経済的には復興しましたが、精神的な復興はこれからですね。

     読者からのご意見をお待ちします。以下の投稿欄または本誌
    への返信として、お送り下さい。
     掲載分には、薄謝として本誌総集編を差し上げます。
    http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P36920582

============================================================
Mail: nihon@mvh.biglobe.ne.jp または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
姉妹誌「国際派日本人のための情報ファイル」JOG Wing
             http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm
購読解除:   http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
============================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-02-06  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2009/11/10

    地球規模のことを考えるとき、国家毎の考え方を超えた考え方をしないと解決には向かわない。

    鳩山が25%削減と言っているが、実はそれでも足りない。出来るとか出来ないとかの議論は意味が無く、やらなければならないことは明らか。このとき、地球規模でどうするのかを考えるべきである。

    中国に減らせと単に言うだけでは解決に向かわない。力の行使はもってのほか。経済的に優位に立つ国が痛みを伴う方策を立てなければ、おそらく解決は無理だろう。この問題は地球の話であることを、肝に銘じなければならない。

    長い年月を経て大地に蓄積されたエネルギーを一気に使い切るという暴挙に出た人類は、そのツケを支払わなければならない。科学の力はほんの僅かなものであり、それのみで解決は出来ない。

    これは地球の問題、人類の問題である。他人、他国のために自己犠牲出来なければ、待っているのは破滅のみである。

  • 名無しさん2009/11/08

    おうえんしています

  • 名無しさん2009/11/08

    すごく、良かった