国際情勢

Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

全て表示する >

JOG-mel No.619 武家の娘(下)〜 アメリカに生きる

2009/10/18

■■ Japan On the Globe(619) ■■ 国際派日本人養成講座 ■■

       国柄探訪: 武家の娘(下)〜 アメリカに生きる
    
                 武家の娘は、西洋も東洋も人情に変わりはない
                ことを知った。
■転送歓迎■ H21.10.18 ■ 38,367 Copies ■ 3,202,117 Views■
  無料購読申込・取消: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/

------------------------------------------------------------
       国際派日本人養成講座・総集編 最新版発売開始
                    定価 \800(税込み)
 創刊号から8月9号まで610号分を一括ダウンロードして、
インターネット接続不要で読めます。姉妹紙 JOG Wing の関連記事
も収録。http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jog/jog_buy.htm
-------------------------------------------------------------

■1.アメリカの「お母上」■

     松雄と鉞子(えつこ)はウィルソン夫妻の邸宅で20日ほど
    過ごした後、6月の美しい日に結婚式をあげた。花の香の充ち
    満ちた部屋に象牙細工をほどこしたテーブルが置かれ、その前
    には日米両国旗が交叉して掲げられていた。二人はそこに並ん
    で立ち、聖書の朗読が行われた。参列者はみな、美しい結婚式
    だと賛美した。

     やがて、二人はウィルソン夫人の親戚の未亡人の家に住むこ
    とになった。近くの丘の上に立つ、大樹に囲まれた古風な家で
    ある。未亡人は「厳しいニューイングランドの血統と、やさし
    いバージニア貴族の血統」をひく婦人だった。

     初めは、この婦人が日本が好きだと言って、二人を家に招い
    たのだが、お互いに気が合ったので、そのままこの家に留まる
    ことにしたのである。鉞子はこの婦人をアメリカの「お母上」
    と呼んで、敬愛した。

     ニューイングランドの厳格な気風やバージニア貴族の家風を
    身につけた婦人にとって、武家の娘として厳しく育てられた鉞
    子は、国こそ違え、どこか響き合うものが感じられたのだろう。

■2.お祖父さまの軍服■

     ある日、「母上」が屋根裏のお納戸部屋でトランクの中の衣
    類を整理しているのを、鉞子は傍らで手伝っていた。「母上」
    は1812年の英米戦争の時に祖父が着たという軍服を見せた。

     鉞子はふと、故郷の家での虫干しの日を思い出した。召使い
    たちが衣類をかけた綱の間を忙しそうにたち働いている間をぬ
    けて、父について入って行った祖母の部屋の様が眼前にはっき
    りと浮かび上がった。

    「エツ、何を考えているの、5千里の離れたところを見るよう
    な眼付きをしているではありませんか」と、「母上」は微笑を
    浮かべて言った。「もっと遠いところを見ておりましたわ、私
    が生まれる前のことを見ていたのでございます」

     鉞子はうつむいて、「母上」の膝の上の古い軍服の大きな衿
    (えり)をなでてみた。すると、アメリカ中で、自分の胸に一
    番ぴったりするもののような感じを受けた。

         お母さま、家のお納戸にも、戦いの思い出を語る尊い記
        念の品々がございます。

     鉞子は、子供の頃に聞いた父親の武人ぶりをアメリカの「母
    上」に語った。
    
■3.武士の誇り■
    
     戊辰戦争において、長岡藩は幕府側に立ち、官軍と戦った。
    戦いに敗れた後、長岡藩城代家老であった鉞子の父親は、人質
    として、敵陣に囚われの身となった。

         人質と申しましても、こちらで考えられるようなものと
        は違い、周囲は戦場の巷でございましても、その陣屋はあ
        る静かな森の中のお寺で、そこは陣屋でもあり、また身分
        ある敗軍の武士の仮の牢獄でもありました。父はとらわれ
        の身ではありましても、客分として扱われておりました。

        ・・・父の周りには囚われの身を思わせるような何物もな
        いようでしたし、あそらく何もなかったことでありましょ
        う。父が武士の誇りという強い鎖でつながれているという
        ことを監視の者も心得ていたのでございましょう。

         こんな物憂い日々、父の何よりの楽しみは書と、敵方の
        隊長と碁を囲むことでありました。教養の高いこの人は、
        時折り父のところに話しに来られましたが、二人は趣味も
        あい、共に節義を重んじ、たとえ目指す道は異なりましょ
        うとも、暫くの間に結ばれた友情は、生涯変わることもご
        ざいませんでした。[1,p202]

     ある日、いつものように若侍が夕食の膳を運んできたが、ご
    飯の椀が右に、お汁椀が左に置かれ、箸は仏前に供えるように
    飯椀につきさされ、焼き魚の頭はふっつりと落とされていた。
    いよいよ最期の時が来たことを知らせていた。

     父は常のように食事をした。沐浴して、武士の最後を語る水
    色の裃(かみしも)をつけ、静かに丑三つ時(うしみつどき、
    午前1〜3時)を待った。

     そこに入ってきた隊長は、深い思いは隠して色に出さず、
    「隊長として参ったのではありません。御身の友として、御郷
    里への御伝言を承りとう存じます」と言った。

     父は「只今の御志のみならず、かねての御交誼、誠に有難う
    存じます。二度と帰らぬ覚悟で家を出ました故に、はや申すべ
    きことは、言い残してまいりました。今更何の申し伝えるべき
    こともございません」と答えた。
    
■4.「世界中、どこの国もみなよく似ておりますこと」■

     丑三つ時となると、父は数百年続いた武家の誇りをその態度
    に見せて、静かに寺の庭に下り、用意された囲いの中に入った。
    父とともに最期の時を迎える人々が囲いの中に並んでいた。そ
    の中にまだ幼い鉞子の兄が、介添えの者とともにいた。

     父を見て、兄はかすかに体を動かしたが、介添えがその両袖
    を抑えた。父は静かに歩を進め、眼は真っ正面を向いて、最期
    の座についた。兄は身じろぎもせず、真っ直ぐに座り、眼は真っ
    正面を見つめていた。幼くとも兄もまた武士だった。

     ここまで語ると、鉞子は目の前の軍服の大きな衿をしっかり
    と握りしめ、涙の顔を伏せてしまった。「母上」の手が肩にお
    かれたのに気がついたが、涙に濡れた面をあげては、武士の娘
    として、その父を辱めることになると思った。

     切腹の寸前に、新政府からの伝令使を乗せた早馬が到着した。
    戦争が終わり、新政府は抵抗したすべての人々を赦したのだっ
    た。すんでの所で、父と兄の命は救われたのである。

    「母上」は悲しそうにいった。

         そうなのです。早馬や飛脚便で伝令をしていた頃には、
        よくそんなことがあったのを知っています。誰が悪いので
        もありません。

    「母上」は頬を染め、眼は涙にうるみながら、しっかりと軍服
    を握り、真正面を見つめて言葉を続けた。

        世界中、どこの国もみなよく似ておりますこと。

     二人は微笑み交わした。アメリカの軍人の孫娘である「母上」
    と、日本の武士の娘の鉞子の心が通い合った。それ以来、鉞子
    は心の底から「母上」を愛するようになった。
    
■5.主婦としての誇り■

     もっとも日常生活においては、日米の風習の違いに戸惑うこ
    ともたびたびあった。

     ある時、教会の婦人会で臨時の支出のために、5ドルを募る
    こととなった。最近、相当な金額をそれぞれの夫から集めたば
    かりなので、今回は、夫に頼らずに工面しようということになっ
    た。その集まりでは、各人がどう5ドルを集めたかが、話題と
    なった。

     たいていの婦人は、少しづつ貯金をしたのだが、なかには
    「残されたたった一つの方法」として、夫が寝ている間にポケッ
    トからくすねてきた、という婦人もいた。

     一同は賑やかにそんなことを語り合っていたが、鉞子は悲し
    くなってきた。婦人が自由で優勢なこのアメリカで、威厳も教
    養もあり、一家の主婦であり、母である婦人が、夫に金銭をね
    だったり、盗みなどという恥ずかしい行為までする、というこ
    とが鉞子には信じられなかった。

     日本では、妻は主婦として一家の支出を司るのがしきたりだっ
    た。夫の収入を預かり、その中から、食物、子供の衣服、慈善
    事業のための支出をまかない、夫には地位相応の小遣いを渡し、
    自分の衣服は夫の地位に合わせる。そうしたことがきちんとで
    きることが、妻の務めであり、誇りだった。
    
■6.共同体の光景■

     しかし、日月が過ぎるにつれ、もの珍しさよりも、アメリカ
    が日本に良く似ている点に気がつくようになった。

     朝の8時頃、学校道具を持った子ども達が街一杯に笑い合い、
    呼びあって行く姿を見ると、日本の朝の7時半頃、男の子は制
    服、女の子は袴をつけて、お道具は風呂敷包みにして、下駄の
    音も高らかに、行きかう様を思い出した。

     2月14日のヴァレンタイン節に、赤いハート型の紙に思い
    を書いて、薔薇のつるに結びつける様は、七夕に笹を立て、色
    とりどりの短冊をつるす日本の風習にそっくりだった。

     5月30日の戦死者記念日には、独立戦争と南北戦争の戦死
    者を思い起こして、小さな星条旗やお花で勇士達の墓地を飾る
    のを見ると、日本の招魂社(現在の靖国神社)の祭礼に、1日
    中、ひきもきらずに社前に額づく幾千の人の群れが続く様が思
    い起こされた。

     7月4日、独立記念日を国旗をひるがえし、爆竹をならして
    祝う様は、2千5百年前、神武天皇が即位された日を記念する
    紀元節(現在の建国記念の日)に似ていた。

     クリスマスに街中が華やかに飾られ、大きなプレゼントの箱
    を抱えた人々が行き交う光景には、日本のお正月にそれぞれの
    家が注連縄(しめなわ)を飾り、門松を立て、歌留多(かるた)
    取りや羽根つきに興ずる様を思い出した。

     人間が共同体の中で生活していく以上、子ども達を育て、先
    祖に感謝し、戦死者に思いを馳せ、一年の節目をともに祝う、
    ということは、どこの国でも変わらないことなのだろう。

     鉞子は、自分の生涯が、日本での武士の娘の時代から、現在
    のアメリカでの生活まで、一つの流れが変わることなく、坦々
    と続いてきたもののように思い始めた。
    
■7.「私も日本の子なのね」■

     やがて、松雄と鉞子に女の子が授かった。「母上」の名、フ
    ロレンスが花を意味していることから、「花野」と名付けた。
    花野は父親にも「母上」にも可愛がられてすくすくと育った。

     花野が6歳の時、仲良しのスーザンがよちよち歩きの金髪の
    美しい妹を連れてきた。花野はとてもうらやましく思い、寝る
    前には「スーザンのように、私にも小さな妹を下さいませ」と
    神さまにお祈りするようになった。

     やがて、その祈りが聞き入れられたのか、妹が生まれた。花
    野は眼を大きく見開いて、髪の毛の黒い妹をじっと見つめてい
    たが、一言も口を聞かずに「母上」の部屋に行って、「あんな
    妹を下さいとお願いしたのじゃなかったわ、スーザンの妹のよ
    うな、黄金色の髪の毛の赤ちゃんが欲しかったのよ」と困った
    ように言った。

    「母上」は、花野を膝に抱き上げ、この家に二人も日本人の子
    供ができて大変おめでたい事だ、と言って聞かせたので、花野
    の失望も少しは慰められた。

     ある日の午後、花野が客間の大鏡の前にじっと立っているの
    を「母上」が見つけ、「何をしているの」と尋ねた。

         私も日本の子なのね。私はスーザンのようでもないし、
        アリスにも似ていないわ。

     そして、涙を抑えてむせぶように、

         でも、お母さまの髪は黒いのね、私の髪もお母さまと同
        じだわ。

     花野はその日から、日本のものごとに心動かされるようになっ
    た。鉞子は夜な夜な、日本のおとぎ話を聞かせた。「黒い髪の
    毛の美しい子ども」が、糸を桜の花びらに通して鎖を作ったり、
    という話を、花野は喜んだ。鉞子が日本の子守歌を歌うと、花
    野も小声であとをつけて歌った。
    
■8.異人さんと神国日本の人々がお互いの心の中が判りあうまでは■
  
     アメリカの「母上」と一家4人の幸福な生活も、松雄の急死
    で突然の幕が下りた。鉞子は二人の娘を連れて、東京に戻った。
    娘たちは日本語の習得に苦労したが、やがて着物姿に黒髪が似
    合う、いかにも可愛らしい日本の子どもになった。

     鉞子の母親も東京に出てきて、ともに住むようになり、二人
    の娘はお祖母さまの物語に耳を傾けたり、本の読み方を教わる
    ようになった。ある時は、二人がお祖母様の両側に寄り添うよ
    うに座り、お祖母様が花野に「アメリカのお祖母様」という漢
    字を教えていたことさえあった。

     アメリカでは快活な娘だった花野は、お祖母様の躾で、しと
    やかになり、品もよくなった。しかし、鉞子はそれで花野が本
    当に幸せになれるのか、考え込んでしまった。眼はもの柔らか
    になったが、昔のように輝いてはいない。

     母が高齢で亡くなると、鉞子は二人の娘と共に、再度の渡米
    を決心した。日本を去る前に、鉞子は二人の娘を自分の故郷・
    長岡に連れて行った。故郷の姉の家の土蔵で、鉞子は青い古び
    た座布団を見つけた。鉞子の幼い頃、お祖母様が使っていた座
    布団だった。鉞子は、お祖母様がこの座布団に座って、こう言っ
    たのを思い出した。

         エツ坊や。異人さんと神国日本の人々がお互いの心の中
        が判りあうまでは、何度船が往来しても、決してお国とお
        国とが近づきあうことはありませんよ。[1,p377]

     こう言われた「エツ坊」は黒船に乗って、遠い異人さんの国
    に旅をし、そこで西洋も東洋も人情に変わりないことを知った
    のだった。けれども、これはまだ大方の東洋人にも西洋人にも
    隠された秘密だった。

         あから顔の異人さんも、神国日本の人々も、今尚お互い
        の心を理解しおうてはおりませず、この秘密は今も尚かく
        されたままになっておりますが、船の往来は今なお絶える
        こともございません。絶えることもございません。
        [1,p378]
                                         (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(618) 武家の娘(上) 〜 千年の老樹の根から若桜
    武家という「千年の老樹」に生まれ育った娘は、若桜として異
    国の地に花を咲かせようとしていた。
    http://archive.mag2.com/0000000699/20091011070000000.html

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 杉本鉞子『武士の娘』★★、ちくま文庫、H6
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480027823/japanontheg01-22%22
2. 櫻井よしこ『明治人の姿』★★★、小学館101新書、H21
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4098250276/japanontheg01-22%22


■ 編集長・伊勢雅臣より

     読者からのご意見をお待ちします。以下の投稿欄または本誌
    への返信として、お送り下さい。
     掲載分には、薄謝として本誌総集編を差し上げます。
    http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P36920582

============================================================
Mail: nihon@mvh.biglobe.ne.jp または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
姉妹誌「国際派日本人のための情報ファイル」JOG Wing
             http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm
購読解除:   http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
============================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-02-06  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。