トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



JOG-mel No.613 英国流保守主義に学ぶ

発行日:9/6

■■ Japan On the Globe(613)■■ 国際派日本人養成講座 ■■

           Common Sense: 英国流保守主義に学ぶ
    
                 今後の日本の目指すべき道を考えるには、
                ご先祖様の知恵を拝借すべき。
■転送歓迎■ H21.09.06 ■ 38,171 Copies ■ 3,181,247 Views■
  無料購読申込・取消: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/

■1.「らしさ」を失った自民党の大敗■

    「自民は不満、民主は不安」と言われた総選挙であったが、
    結果を見れば「不満」の方が「不安」よりも大きかった。民主
    党のマニフェストも評判が悪かったので、民主党が勝ったとい
    うより、不満だらけの自民党に一度お灸を据えたい、というの
    が、民意だったようだ。

     自民党への不満は、どのようなものだったのか。一つには、
    自民党が万年与党の地位に安住して、かつての「自民党らしさ」
    を失ってしまったという点にあるのではないか。

    「自民党らしさ」の典型は、岸信介首相がデモ隊に首相官邸を
    取り囲まれながらも、日米安保条約を改定した光景だろう。[a]
    ここから「日米同盟のもとでの高度成長」という路線により、
    自民党は日本にかつてない平和と繁栄をもたらした。

     しかし、田中角栄が政権を握った頃から、自民党の変質が始
    まった。農林族や道路族といった利権政治家が経済効率を無視
    した税金投入で票を買い集め、それによって高度成長をストッ
    プさせ、財政破綻への道を開いた[b]。

     さらに日教組に迎合したゆとり教育・自虐教育[c,d]、中国
    の軍拡を側面支援したODA供与[e]、北朝鮮拉致問題の放置
    [f]など、国家国民を護る責任を果たしてこなかった。

     結局、長期政権に安住する中で、親中・親北朝鮮の政治家ま
    でもが入り込み、与党としての使命感も志も失ってきたのが、
    自民党の劣化の歴史ではなかったか。

     安倍政権での教育改革や憲法改正への努力、そして麻生首相
    が提唱していた「自由と繁栄の弧」[g]など、自民党政治を本
    来の姿に戻そうという努力はあったが、「消えた年金」問題で
    参院選に大敗した事から、衆参のねじれのために立ち行かなく
    なった。年金問題自体が、かつての社会保険庁と日本自治体労
    働組合の癒着によるものだと指摘されており、その改革をなお
    ざりにしてきた自民党の自業自得とも言うべき問題である。

     我が国の政治を正常化するためには、かつての自民党のよう
    な真の「保守党」が必要である。今後の自民党がそうなれるの
    か、あるいは民主党の一部と合流して新しい保守党を作るか、
    その道筋は別として、本稿ではまず、真の保守主義とはどうい
    うものか、という点から考え直してみたい。

■2.「伝統」的なものと「革新」的なものとの間のバランス■

    「保守」とは古いもの、伝統的なものを守ろうとする態度では
    ない。「伝統的なもの」と「革新的なもの」との間でバランス
    をとろうとする精神こそが「保守」である、と政治学者・佐伯
    啓思氏は言う[1,p49]。

     佐伯氏はかつてイギリスに滞在した時に、イギリスがいかに
    近代的なものを警戒しているか、を感じたという。

         それは自然を見ただけでもすぐにわかります。たとえば
        ロンドンは大都市ですが、ロンドンから出て10分も列車
        に乗れば、牛がその辺に寝転がり羊が草を食べている、草
        原地帯になってしまいます。そこから先、田舎の景色が延
        々と続きます。・・・

         人も物も情報もすべて東京に集め、東京を発展のモデル
        にする。東京と郊外を結ぶ物流、人の流れ、情報の流れを、
        できるだけ密に、スムーズにしていく。そうやって「東京」
        を拡大していく。日本中を「東京化」する。日本人はそれ
        が近代的な進歩だと考えてきました。

         しかし最初に産業革命を経験し、最初に経済学を作り出
        し、市場競争万歳と言い出したイギリスは、まったく違っ
        ているわけです。昔の自然を可能な限り残そうとし、田園
        生活を大事にしている。[1,p47]

     確かに、日本では地方都市のほとんどが「ミニ東京」のよう
    になり、どこも同じようなスーパーやファミリーレストラン、
    ファーストフード店が並んでいて、個性も歴史も感じられない
    街が多い。

     それに比べれば、ヨーロッパは都市の中にも歴史的な建造物
    が多く、またすこし郊外に出れば、そこには数年前とあまり変
    わらない田園風景が拡がっている。近代化という点では、ヨー
    ロッパの方が、我が国よりはるかに慎重である。

■3.フランス革命と名誉革命■
    
     こうしたヨーロッパの保守主義の源流の一つが、18世紀後
    半のイギリスの思想家エドモンド・バークである。バークは
    『フランス革命の省察』という本を書いて、合理主義的精神で
    社会を根本的に変革しようとしたフランス革命を激烈に批判し
    た。

     人間の理性は完全ではなく限界がある。フランス革命は「自
    由、平等、博愛」を謳った「人権宣言」のもとに、それまでの
    伝統や慣習を無視して理想社会を建設しようとしたが、結局は
    反乱、暴動、虐殺、政治裁判、ギロチン、暗殺、戦争が際限な
    く続き、2百万人もの犠牲者を出した。[h]

     逆に、イギリスの方は無血の名誉革命によって英国臣民の
    「古来の自由と権利」を認めさせ、以後、安定的な民主主義を
    発展させていった。[i]

         歴史的なものの中にある知恵を無視してはならない。こ
        の知恵は伝統や慣習という「相続財産」の中に埋め込まれ
        ている。もしそれを無視して秩序を大変革しようとすれば、
        醜い権力争いへと投げ込まれ、社会が大混乱に陥る。[1,p57]

     フランス革命は「伝統的なもの」を捨てて「革新的なもの」
    に飛びつき、多くの犠牲者を出した。その後もナポレオン戦争、
    帝政への揺り戻しと、混乱が続いた。ロシアや中国における共
    産革命も同じである。

     一方、イギリスの名誉革命は「伝統的なもの」と「革新的な
    もの」との間で注意深くバランスをとりながら、安定的な国家
    社会を実現し、自由と人権の面でもはるかに先行した。これが
    英国流保守主義の神髄である。
    
■4.アメリカの進歩主義■

     一方、アメリカの保守主義はイギリスとはだいぶ違う。アメ
    リカは、プロテスタントの一派である清教徒が、反体制派であ
    るがゆえにイギリスを追い出され、アメリカにやってきた所か
    ら始まった。そして自由な新大陸において、個人が自分の財産
    を自由に使い、市場競争で打ち勝って富を得ることがアメリカ
    ン・ドリームとなった。

     このような個人主義、市場原理主義を本質とするアメリカの
    建国の精神そののものが、イギリスから見れば、極めて進歩主
    義的で急進的な近代主義思想なのである。

     確かにアメリカ人の国民性を見ても、製造業は海外に放り出
    してしまい、自国は金融と情報技術で勝負しよう、などという
    大胆な選択を平気でする。そのような過去に囚われない大胆さ
    こそ偉大な政治家、経営者の証であるとする気風がアメリカ社
    会にある。

     結局、アメリカの「伝統的なもの」の中に、急進的な進歩主
    義が潜んでおり、「伝統的なもの」と「進歩的なもの」とのバ
    ランスなど取りようのない国なのである。

■5.自由や民主主義で、どんな社会をつくりたいのか■

     こういう進歩主義的なアメリカに、戦後の日本は民主主義、
    人権主義などを教わり、さらにアメリカにもない武力放棄の絶
    対平和主義を謳う戦後憲法を押しつけられて再出発した。

     戦後日本の出発点は、民主主義や人権主義を理想とするアメ
    リカ流進歩主義であった。そしてそれらは、日本の「伝統」的
    なものとは切り離された形で接ぎ木された。そして戦前のすべ
    てが封建的、軍国主義的であるとして否定された結果、戦後の
    日本人はアメリカ流進歩主義こそ普遍的な価値観であると思い
    込んでしまった。

     そこに思い違いがあると、と佐伯氏は言う。

         むろん、私は平和という価値を否定しません。民主主義
        や個人の自由も、基本的には大事だと思っています。そん
        なことはわざわざ言うまでもないでしょう。それらが侵さ
        れることがあれば、もちろん抗議もし、抵抗もします。

         しかし、自由でもって何を実現し、自由でもってどのよ
        うな生活をするか。これは日本の文化の問題です。・・・

         民主主義も同様です。民主主義そのものが大事なのでは
        なく、民主政治で国民の意思を吸い上げることによって、
        国民の中にある文化や価値の重要なものが政治の場に表現
        されることが大事なのです。[1,p72]

     しかし、実現されるべき文化も価値も、戦前のものは、すべ
    て悪であると断罪され、斬り捨てられてしまった。その結果、

         自由や民主主義、市場経済によって、何を実現したいの
        か、どんな社会をつくりたいのか、そのヴィジョンも、プ
        ランも、想像力もなくなってしまったところにこそ問題が
        あるのです。[1,p73] 

     今回の選挙でも、自民党も民主党もバラマキ合戦中心で、
    「どんな社会を作りたいのか」という議論はついぞ論争の舞台
    には上がらなかった。まさに「ヴィジョンも、プランも、想像
    力もなくなってしまった」のである。
    
■6.民主主義や人権主義に共鳴する日本の伝統■

     英国流の保守主義に学ぼうとすれば、まずは我が国の「伝統」
    的なものを思いだし、そこから実現すべき文化や価値を探し出
    していかなければならない。そのためには、戦前の我が国の文
    化と価値観をすべて封建的、軍国主義的と斬り捨てた占領軍史
    観(現在は自虐史観)から脱却する必要がある。

     民主主義にしても、我が国には神代の時代から衆議公論を尊
    ぶ文化があり、それが7世紀の聖徳太子の十七条憲法、13世
    紀の貞永式目、そして19世紀の五箇条のご誓文での「広ク会
    議ヲ興(オコ)シ万機公論ニ決スベシ」につながっていく[j]。

     人権概念にしても、そもそも国民を「大御宝」と呼び、平和
    に安心して暮らせる国を創ることが、我が国の建国の理想だっ
    た[k]。歴代天皇は国家と国民の安寧を神に祈られることを最
    重要の使命とされ、そのまま現在の皇室に受け継がれている。

     民主主義にしても、人権にしても、米国という国が誕生する
    はるか以前から、我が国には西欧諸国と並行的に発展してきた
    歴史があるのであり、それらを占領軍が押し付けても違和感な
    く受け入れたのは、それに共鳴するものが我が国の伝統に内在
    していたからである。

     占領軍の残した戦前暗黒史観を脱して、素直に我が国の歴史
    を辿れば、そこに「伝統的なるもの」と「革新的なるもの」と
    のバランスを保ちながら、今後の国の姿を描いていく余地は十
    二分にあるのである。
    
■7.教育における「伝統」的なるもの■

     その例題として、国家百年の計の根幹をなす教育を考えてみ
    よう。民主党のマニフェストは高校実質無料化と大学奨学金の
    大幅拡充、と相変わらずバラマキ中心で、どのような教育を実
    現するかのビジョンはない。自民党の政策バンクには教育支出
    の拡充というバラマキの他に、基礎学力の定着、歴史・伝統を
    重んずる教育の実践など、ビジョンめいたものはあるが、具体
    的な政策プランに乏しく、迫力に欠ける。

    「伝統的なるもの」から考えてみれば、我が国は江戸時代から
    世界トップレベルの識字率を誇る教育国家であった。その中心
    はボランティアのお師匠さんが運営する寺子屋だった。一方的
    に知識を詰め込むマスプロ教育が「近代的なるもの」だとすれ
    ば、寺子屋でお師匠さんが一人ひとりの子供の適性や成長度合
    いを見ながら、マン・ツー・マンに近い形で指導するというの
    が、我が国の伝統的な形である。[l]

     現代日本で塾や私立校が多いというのも、この伝統が今も息
    づいているからである。ならば、塾も正規の教育機関として認
    め、私立校も公立校と同程度の家庭負担で行けるようにして、
    それらの活力を活かした多様な教育システムに変えていくとい
    うのが、一つの革新方向であろう。そうすれば、日教組勢力の
    巣くう公立校などは自然に敬遠されてしまう。

     また青年層の教育としては「職人道」「商人道」などで人を
    育ててきた伝統がある。学力だけで有名校を目指し、一流企業
    に入るなどという画一的なコースができてしまったのは、「近
    代的なるもの」の悪影響である。それによって、学力だけで子
    供の出来不出来を見るという画一的な評価が広まり、本来なら
    一流の職人や商人になれる才能を持った子供が、「できない子」
    と見下される不幸な事態となった。

     現在でも調理師、左官、大工など手仕事の世界に入り込み、
    職人道に則って充実した人生を歩んでいる若者は少なくない[m]。
    工業高校などで技能オリンピック世界大会への挑戦を奨励する
    ことで、現代版の「職人道」を広めていくことが出来るだろう。
    それは我が国のモノ作り大国としての将来を支えていくことに
    もなる。
    
■8.ご先祖様の知恵を拝借■

     教育のテーマだけでも、我が国の「伝統」的なるものを探っ
    てみれば、すぐにいくつもの革新ヴィジョンが浮かび上がって
    くることに気がつく。

     結局、「革新的なるもの」だけを机上で考えてみても、出て
    くるのは「ゆとり教育」「男女混合名簿」「過激性教育」「小
    学生に英語教育」といった、まさに混乱をもたらすだけの空理
    空論でしかない。伝統や慣習の中に込められた知恵という「相
    続財産」を無視して変革をしようとすれば、限りある人知では
    大混乱に至るだけ、とエドモンド・バークが喝破した通りの惨
    状が、現代日本の教育界に起きているのである[n]。

     いや教育界のみならず、政治の世界でも外交の世界でも、ヴィ
    ジョンも想像力もないという惨状は、我々が伝統や慣習の中に
    込められた知恵という「相続財産」を放置しているからだと言
    える。

     我が国は国際社会の中でも、抜きんでて豊かな歴史と伝統文
    化に恵まれている。そこに込められた豊かな「相続財産」を棚
    卸しし、ご先祖様の知恵をお借りして、今後の国の目指すべき
    方向を考える。それが英国流保守主義の教えるところである。
                                         (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(337) 岸信介 〜 千万人といえども吾往かん
    日本を真の独立国とするための構想に邁進した信念の政治家。 
   http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h16/jog337.html
b. JOG(595) 「利権社会主義」脱却こそ日本復活の道
    角栄流「利権社会主義」と「土建屋国家」化が、高度成長の
   急停止と財政破綻を招いた。
   http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogdb_h21/jog595.html
c. JOG(231) 「ゆとり教育」の現場から
    生徒、教師など現場の体験者が語る「ゆとり」教育の実態。
   文部科学省も瀬戸際で急旋回開始。
   http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h14/jog231.html
d. JOG(015) 先入観を打破する定量的検証を
    南京事件犠牲者数の定量データを分析すれば、中学生でも嘘
   が見破れる。
   http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h9/jog015.htm
e. JOG(146) 対中ODAの7不思議
    軍事力増強に使われ、民間ビジネスに転用され、それでいて
   まったく感謝されない不思議なODA
   http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h12/jog146.html
f. JOG(284) かくも長き忘却
    20年以上も拉致問題を放置してきたのは、我々が何か大切
   なものを忘れていたからではないか? 
   http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h15/jog284.html
g. JOG(570) 「自由と繁栄の弧」を創る 〜 日本に元気を
   「自由と繁栄」をめざす国々を後押しすることが、元気で自信
   に満ちた日本を創る。 
   http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogdb_h20/jog570.html
h. JOG(058) 自画像を描く権利
    フランス革命と明治維新 
   http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_2/jog058.html
i. JOG(188) 人権思想のお国ぶり
   「造花」型のフランス革命は200万人の犠牲者。「根っこ」
   型のイギリスは無血の名誉革命。
   http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h13/jog188.html
j. JOG(082) 日本の民主主義は輸入品か?
    神話時代から、明治までにいたる衆議公論の伝統。 
   http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h11_1/jog082.html
k. JOG(287) 大御宝の理想を求めて 〜 国柄に根ざした人権思想を
    いかがわしい「人権」派から、「人権」の理想を取り戻すに
   は。 
   http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h15/jog287.html
l. JOG(030) 江戸日本はボランティア教育大国
    ボランティアのお師匠さんたちの貢献で、世界でも群を抜く
   教育水準を実現した。
   http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_1/jog030.html
m. JOG(536) 若者たちの職人道
    一人前の職人を目指して、若者たちが様々な職場で仕事に打
   ち込んでいる。
   http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogdb_h20/jog536.html
n. JOG(442) 「科学から空想へ」 〜 現代日本の教育思想の源流
    「子供の権利」「自己決定権」「個性尊重」など の教育思想
   の源泉にある「空想」。
   http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogdb_h18/jog442.html

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 佐伯啓思『自由と民主主義をもうやめる』★★★、幻冬舎新書、H20
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344980972/japanontheg01-22%22


■ 編集長・伊勢雅臣より

     読者からのご意見をお待ちします。以下の投稿欄または本誌
    への返信として、お送り下さい。
     掲載分には、薄謝として本誌総集編を差し上げます。
    http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P36920582

============================================================
Mail: nihon@mvh.biglobe.ne.jp または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
姉妹誌「国際派日本人のための情報ファイル」JOG Wing
             http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm
購読解除:   http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
============================================================

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 保守の意味がやっとわかりました。

     2009/9/6

  2. 最低の民主主義?東京裁判史観より生まれた日本の保守?の行先はポピュリズム、国家観なき国家に陥るのは当然の決果で有ったのでしょう。
    古きものを捨て去る日本人の最悪の「癖」が鹿鳴館から続いている様な気がします。

    国家観なき「住民」がマトモな政治家を選べるわけがない。自民党は基本的な事を捨て去り左・左の政策に迎合した挙句の結果を招いたので民主党とも殆ど変わらない政党に落ちぶれはてて居たのに未だに気付かないで内紛を繰り返している姿を見ていると自民党にいた連中が自治労・日教祖・公労を中心とした固定票を固め与党に媚びを売る国家観なき医師会・経済界が民主に靡く、自民党の再生は非常に厳しいものに成るでしょう。

    自民党が立ち直る、きっかけを掴みたければ明治維新を作り、日清・日露・大東亜戦争の英霊に戦後50数年の日本を見守り続け、自民党を与党として正常な国家への覚醒を待たれた人への謝罪と反省、そして将来の日本への自民党の約束を英霊に祈念約束が出来る人の団体へと変はる事でしか道は開かれていないと考えています。

     2009/9/6

このメルマガもおすすめ

  1. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/04/24
    読者数:
    3904人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/03/11
    読者数:
    17039人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/04/19
    読者数:
    24229人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/04/25
    読者数:
    5539人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/04/21
    読者数:
    7056人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

過去の発行記事