国際情勢

Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

全て表示する >

JOG-mel No.610 回天の志

2009/08/09

■■ Japan On the Globe(610)■■ 国際派日本人養成講座 ■■

                   国柄探訪: 回天の志
    
                「戦友たちは何のために自分の命を捧げたのかを、
                  是非とも今の若者に理解してほしい」
■転送歓迎■ H21.08.09 ■ 37,996 Copies ■ 3,165,382 Views■
  無料購読申込・取消: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ウィン・ウェンガー博士初来日特別セミナー開催決定!
────────────────────────────────────
     〜天才たちの思考法トレーニングの権威が贈る〜

プ┃ロ┃ジ┃ェ┃ク┃ト┃・┃ル┃ネ┃ッ┃サ┃ン┃ス┃・┃セ┃ミ┃ナ┃ー┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
      イメージ・ストリーミング・ワークショップ
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
神田昌典氏、勝間和代氏ら、有名コンサルタントが大きな影響を受け、推薦まで
する、世界的名著『アインシュタイン・ファクター(きこ書房)』の著者である
ウィン・ウェンガー博士の初来日特別セミナーが開催決定しました。
このセミナーでは一般的に行われているセミナーとは違い、参加者は実践プロセ
スを通してステップ・バイ・ステップで、眠れる潜在脳力を呼び覚ますための多
くの知識や経験を、体験として作り上げます。
ビジネス、生活、人間関係、その他もっと大きな問題など、どんなテーマや状況
においても、新しい洞察力、新しい創造力を獲得できるでしょう。
     <詳しくは> ⇒ http://www.winwenger.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■1.「嫌だと思うものは、遠慮なく申し出ろ」■

     竹林博ら、第13期甲種飛行予科練習生100人が山口県周
    防灘の入り江に浮かぶ大津島に着いたのは、昭和19(1944)年
    9月21日だった。食料などの積み卸しを終えると、「海軍大
    臣の許可なき者出入を禁ず」と書かれた建物の中に入った。

     中は薄暗く、目をこらすと直系1メートル、全長15メート
    ルほどの円筒形の黒い塊があった。そばに立っていた板倉少佐
    が言った。

         これが貴様たちが乗る一人乗りの人間魚雷である。もち
        ろん、一度出発したら、絶対に帰ってくることはできない。
        よく見て、そんなつもりではなかったと思うもの、俺は嫌
        だと思うものは、遠慮なく申し出ろ。俺が責任を持って原
        隊に帰してやる。

     竹林は、今にも爆発しそうな黒い塊に震えを感じた。人間魚
    雷「回天」の開発者・黒木博司大尉(殉職後、少佐に昇進)は、
    わずか2週間前に回天の訓練中の事故で、殉職していた。

         黒木少佐の殉職はショックだったが、それ以上に、後に
        続くんだと奮起した。それは私だけではなかった。当時、
        大津島にいた隊員はみんな、生の執着よりも、今の戦況で
        は自分の命を投げ出さねばならないと心に決めていた。

■2.「後顧の憂いなきか否か、よく考えて提出するように」■

     甲種飛行予科練習生はパイロットを大量養成するために採用
    された満15歳から20歳未満の若者たちだ。竹林は札幌生ま
    れの当時19歳で、大空への夢を抱いて、応募、入隊し、茨城
    県の土浦海軍航空隊で学んでいた。

     一月ほど前の8月28日朝、突然、偵察専修者約1500名
    に非常招集がかかった。集合場所の大格納庫は、白い練習衣に
    白い艦内帽をかぶった練習生であふれた。猛暑の中、出入り口
    や窓が閉ざされて、息がつまるような熱気の中、練習生たちは
    直立不動のまま、指令の言葉に耳を傾けた。

         残念なことだが、前線将兵の奮戦にもかかわらず、一日
        一日と敵の反撃の波は強く打ち寄せている。サイパンが陥
        (お)ち、ラバウルに孤立した海軍航空隊すら、十分補給
        もできない現状である。・・・

         そして今、この窮状にこたえて、敵撃滅の新兵器が考案
        された。否、もう試作を終え、米海軍に一大反撃を展開す
        る日も近い。

         殉国の熱情に燃える諸子の中から、この兵器に乗って参
        加したい者があったら、後に紙を配るから、分隊名、名前
        を書いた上、熱望は二重丸を、どちらでもよい者はただの
        丸を書いて分隊長に提出しろ。

         ただし、最後に言っておくが、この兵器は生還を期する
        という考えは抜きにして製作されたものであるから、後顧
        の憂いなきか否か、よく考えて提出するように。

■3.「日本が敗れ、米兵が上陸してくると家族はどうなるのか」■
    
     竹林は躊躇しなかった。用紙が配られると即座に二重丸を書
    き、その上に「絶対」に2文字を付け加えた。

         旗色は本当に悪いのだ。もし、日本が敗れ、米兵が上陸
        してくると家族はどうなるのか。

         家屋は焼き払われ、家族や親類、隣近所の人たちも、全
        員、殺されてしまうのではないか。

     こうした気持ちはほとんどの者に共通していた。9割以上の
    練習生が二重丸を書き、中には血判を押して提出する者もあっ
    た。

     翌日、100人が選ばれた。最も重要な選考基準は、後顧の
    憂いがないかどうか、すなわち兄弟の多い者ということだった。
    竹林は兄が一人いるだけだったが、攻撃精神旺盛ということで
    選ばれた。洩れた熱望者の中には、「どうして自分は落ちたの
    か」と分隊長に激しく詰め寄る者もいた。
    
■4.「俺たちもすぐに行くから靖国神社で待っていてくれ」■

     大津島に着いても、回天の操縦訓練はすぐには始まらなかっ
    た。訓練用の回天が3基しかなかったからだ。出撃が決まった
    順に、訓練が行われた。

     竹林らには、その順番が回ってこず、毎朝6時半に起床して
    からは、回天の機構や整備の座学、調整場での整備の手伝いを
    中心に過ごした。夕方からは搭乗訓練の後の研究会が開かれ、
    搭乗訓練をしていない竹林らも傍聴した。研究会では階級に関
    係なく激しい議論が行われ、深更に及ぶことも希ではなかった。

     大津島に赴任して、約1カ月経った10月半ば、第一次回天
    特攻隊「菊水隊」が出陣した。3隻の潜水艦に各4基の回天を
    搭載、合計12名の搭乗員が出陣した。西太平洋のカロリン諸
    島に集結する機動部隊へ奇襲をかけるためだった。12名の搭
    乗員は、母艦の艦橋や回天の上から、抜き放った軍刀をかざし
    て、万歳を叫びながら、出撃していった。竹林らも大歓声で見
    送った。

     12月末には、竹林らと一緒に来た二人の搭乗員が、第2次
    回天特攻隊「金剛隊」としてグアム島を目指して出撃した。
    「俺たちもすぐに行くから靖国神社で待っていてくれ」 そう
    言いつつも、竹林は涙が出て仕方なかった。
    
■5.「真っ暗な道をヘッドライトをつけずに車を操縦するようなもの」■

     翌年3月、ようやく竹林にも訓練開始の命令が出た。覚悟し
    ていたとはいえ、操縦席に腰を下ろし、ハッチを閉めた瞬間、
    すさまじい孤独と恐怖が襲った。回天の操縦は、例えて言えば、
    真っ暗な道をヘッドライトをつけずに車を操縦するようなもの
    だという。

     しかも、電動縦舵機のスイッチを入れ、発信準備が整うまで、
    19もの動作があり、これを正確に順序通りに行わないと、発
    信しないばかりか、途中で酸素爆発を起こす危険があった。

     1回の訓練は1時間から1時間半。ストップウォッチだけを
    頼りに、速度と航行時間から自分の位置を推定し、地図に記入
    しながら進む。

     海軍兵学校出身で、同じく回天搭乗員となった小灘利春は、
    こう述べている。

        「軍部に強制されて」「人間魚雷の操縦席に、無理やり押
        し込まれる」、ひどいのになると「殴りつけて特攻をやら
        せた」と書く者がいるが、そのような性格の兵器では毛頭
        ない。そんなことで操縦できる回天ではないし、まして命
        中できる筈がないではないか。回天は搭乗員が「自分自身」
        で乗り込み、自分の意思で突撃するものである。[1,p107]
        
■6.「早く発進させてください」■

     昭和20(1945)年7月14日、竹林ら6人の搭乗員は、伊号
    53潜水艦に乗り込み、沖縄とフィリピンの中間海域を目指し
    て出撃した。すでに沖縄は敵の手に落ちており、そこに九州上
    陸のための人員や兵器が集積されつつあった。その輸送路を遮
    断することが目的だった。

     出航10日後の7月24日、敵の大輸送船団を発見した。
    「回天戦用意! 発進用意」と大場艦長の声が艦内に響いた。
    竹林ら6人は母艦と回天を結ぶ交通筒を駆け上がって、ハッチ
    を閉めた。その瞬間、竹林には「これでこの世とお別れだ」と
    いう気持ちがこみあげてきた。「ハッチよし、電動縦舵機よし、
    深度計よし、特眼鏡よし、艇内異常なし」と、回天と母艦を結
    ぶ電話を使って、艦長に伝える。

     だが、潜望鏡で輸送船団の動向を追う大場艦長は「距離が離
    れすぎた」と出撃命令をためらう。そこに搭乗員の一人、勝山
    淳中尉(20歳)の悲痛な声が電話を通じて届いた。「早く発
    進させてください。こんな船団はめったに出会えません。お願
    いです」

     誰もが固唾を呑んで待つ中で、「固縛バンドを外せ」との大
    場艦長の声が響いた。特眼鏡をのぞいていた竹林の視界が、勝
    山艇のスクリューが作り出す泡と吐き出す蒸気で一瞬、真っ白
    になった。泡が消えて視界が戻ると、目の前にあった回天の姿
    はなく、外されたバンドだけが残っていた。「ああ、本当に出
    撃していった・・・」

     それから約40分後、激しい爆発音が響いてきた。大場艦長
    は潜望鏡で黒煙が立ち上る敵艦を確認し、「大型輸送船一隻轟
    沈」と打電した。

     戦後の米軍側の証言では、勝山艇は間断なく投下される機雷
    をかいくぐり、大型輸送船の艦底を通り抜け、折り返して再度
    突入した。潜行して見えないまま襲ってくる回天は、米軍を恐
    怖の底に陥れた。
    
■7.「魂は永久に留まりて故郷の山河を同胞を守らん」■

     5日後の29日、再び、十数隻の大輸送船団を発見。川尻勉
    一飛曹(17歳)が発進命令を受けた。「関少尉や荒川らに頑
    張るように言ってください。伊53潜万歳!」 この声を最後
    に川尻艇が出撃。約1時間後に凄まじい大音響が響き、大場艦
    長は潜望鏡で黒煙を確認した。

     川尻は遺書に、日本男子として出撃の好機を得た喜びと、親
    への感謝を綴り、こう結んだ。

         日本に如何なる危難襲うとも、必ずや護国の鬼と化して
        大日本帝国の盾とならん。身は大東亜の防波堤の一個の石
        として南海に消ゆるとも、魂は永久に留まりて故郷の山河
        を同胞を守らん。

            身は消えて 姿この世になけれども
             魂残りて 撃ちてしやまん

         ご両親、近所の方々(略)に永年の御高恩を謝しつつ喜
        んで死んでいきましたと呉々もよろしくお伝え下され度候

■8.「伊53潜は必ず生き延びて下さい」■

     回天搭乗員6人のうち、2人を失った伊53潜は、さらに索
    敵を続けた。8月4日午前零時半頃、頭上からダダーン、ダダ
    ーンという爆発音が響き、艦が叩き上げられるように激しく揺
    れた。敵の爆雷攻撃である。最新鋭の「三式探信儀」で探ると、
    5隻の敵艦船が爆雷を投下しているのが分かった。

     伊53潜は100メートルの深度まで急速潜行し、さらに左
    右への急旋回を繰り返して爆雷攻撃を避けた。しかし、至近距
    離で爆雷が炸裂するたびに、艦は激しく揺すぶられ、乗組員が
    床に叩きつけられた。主蓄電池も破損し、一切の動力が停止し、
    電灯も消えて真っ暗になった。

     回天搭乗員の一人、関豊興(とよおき)少尉(22歳)が司
    令塔に現れて、大場艦長に言った。

         相手が駆逐艦でも不足ではありません。我々は回天で突
        入することを本望としております。このままでは死にきれ
        ません。必ず成功させます。

     この一言で大場艦長の腹が決まった。「回天戦、用意」。4
    人の搭乗員が、それぞれの回天に乗り込んだ。訓練したことも
    ない水深からの発進である。

         敵艦隊は必ず仕留めます。伊53潜は必ず生き延びて下
        さい。私の最後のお願いです。

     電話を通して関の声が艦内に響いた。関艇が発進した。20
    分後、大爆音が轟いた。

     それを待っていたように、荒川正弘一飛曹(22歳)が電話
    の向こうで「すぐに出撃させて下さい」と言ってきた。

    「すまんが行ってくれるか」「はい! 行きます」 普段は口
    数の少ない荒川は、一気にまくしたてた。

         頭上の艦隊は必ず退散させます。これまでいろいろあり
        がとうございました。伊53潜は無事に帰還して下さい。
        そして大津島で待機している仲間のためにも働いて下さい。

     発進から5分後、大爆音が響いた。爆発した距離が近かった
    ため、余波で伊53潜も大きく揺れた。

■9.「価値ある死を選んだ者から見ると」■

     いよいよ竹林艇の番が来た。大場艦長と電話を通じて、やり
    とりをしているうちに、頭痛がして意識が遠のくのを感じた。
    「少し頭が痛みます・・・」と話したのを最後に、音信が途絶
    えた。

     伊53潜の艦内から竹林艇のハッチを開けると、竹林は操縦
    席でぐったりと意識を失っていた。激しい爆雷攻撃で、有毒ガ
    スの容器が洩れ、ガス中毒となっていたのだ。

     残る坂本雅刀一飛曹の艇も酸素パイプに亀裂が入り、高圧酸
    素が洩れて、意識を失っていた。二人ともすぐに治療を受け、
    なんとか一命を取り留めた。

     関と荒川の決死の反撃で危機を脱した伊53潜は、広島に原
    爆が投下された翌日の8月7日、帰還命令を受け、12日、大
    津島に到着。3日後の15日に終戦を迎えた。
    
     回天特攻作戦は、昭和19(1944)年10月から、20年8月
    まで続けられ、89人の搭乗員が戦死し、15人が訓練中に殉
    職、二人が終戦時に自決した。

     竹林は、平成12(2000)年5月、北海道大学岩見沢分校で、
    学生たちに講演を行い、自らの特攻の体験を語った。学生たち
    の顔は竹林に釘付けになり、真剣に耳を傾けた。

     竹林はこう語っている。

         学校で教えないから、今の学生は戦争の悲惨さや当時の
        ことを知らなさすぎる。だから、私の話が新鮮に映ったの
        だと思う。戦友たちは何のために自分の命を捧げたのかを、
        是非とも今の若者に理解してほしい。最近、自殺が多いが、
        価値ある死を選んだ者から見ると、簡単に死を選ぶのは止
        めてもらいたい。我々には理解できないんです。今の日本
        人には、まず世のため、人のために役に立つんだという気
        持ちがほしい。[1,p11]
                                         (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(524) フィリピン少年が見たカミカゼ
    なぜカミカゼの記念碑がフィリピンの地に建てられたのか。 
   http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogdb_h19/jog524.html
b. JOG(253) 特攻隊員の母、鳥浜トメ〜蛍帰る
    明日は死に行く若き特攻隊員たちにしてやれる事は、母親に
   なってやる事しかない、、、 
   http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h14/jog253.html

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 宮本雅史『回天の群像』★★★、角川学芸出版、H20
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4046210753/japanontheg01-22%22

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■前号「NHKに巣くう報道テロリスト」に寄せられたおたより

                                             kokoroさんより
     今回、後半にご紹介いただきました、リンク361「麗しの島
    の幸福な・・」を読ませていただき、『日本人は素敵だった』
    の内容とわかりました。近隣諸国に興味を持ち、様々な近代史
    関係の本を読み始めた頃、題名に引かれ手に取り読後″驚いた
    ″というのが正直な感想でした。

     でも、それはとても嬉しい驚きでした。そして、台湾の方が
    今でも、こんなにも日本と日本人に対して好意や尊敬のお気持
    ちを、今だに持ち続けて下さっていた事に、日本人として感謝
    の気持ちでいっぱいになりました。私が教えられた戦争時の景
    色、雰囲気とあまりにも違っていましたので。

     日本は酷かった!日本人は残虐な事ばかり・・私の教えられ
    た太平洋戦争史はこればかりでしたから。読ませていただき、
    自信を取り戻すきっかけを作って下さった本でもあります。
    この本は友人に貸し、その後主婦の間を今だ回覧中のようです


                                             頑固爺さんより
     今回の貴記事でNHKの正体が日本の為ではなく中国共産党に
    奉仕する宣伝機関であることがはっきりと暴露されました。あ
    りがとうございます。

     6月5日のあのおぞましい番組放送は今まで鬱積していた良
    識ある日本人のNHKに対する不満や怒りに火をつけました。私
    も及ばずながら地元のNHK支社に電話で強く抗議すると共に集
    団告訴の原告団の一人になりました。

     国民が当たらず触らずで見逃してきたことが彼らをここまで
    増長させてしまいました。読者の皆さんもこの際、はっきりと
    見える形で世界最大の反日メディアであるNHKの解体もしくは
    根本的是正に向かって立ち上がりましょう。

■ 編集長・伊勢雅臣より

     公正な報道は、自由民主主義社会の基盤であり、それを守る
    のは国民の責務です。

     次週は1週間、お休みをいただき、8月23日から発信を再
    開します。

     読者からのご意見をお待ちします。以下の投稿欄または本誌
    への返信として、お送り下さい。
     掲載分には、薄謝として本誌総集編を差し上げます。
    http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P36920582

============================================================
Mail: nihon@mvh.biglobe.ne.jp または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
姉妹誌「国際派日本人のための情報ファイル」JOG Wing
             http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm
購読解除:   http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
============================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-02-06  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2009/08/09

    今、生かされている自分は先祖様に感謝で一杯です。