トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



Japan on the Globe(119) by CLICK INCOME

発行日:12/25


     _/    _/_/      _/_/_/  The Globe Now: 台湾人に生まれた幸福
        _/  _/    _/  _/         
       _/  _/    _/  _/  _/_/                18,647部 H11.12.25
 _/   _/   _/   _/  _/    _/  Japan On the Globe(119)  国際派日本人養成講座
  _/_/      _/_/    _/_/_/   _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■1.台湾は独立主権国家■

   香港に続いてマカオが中国に返還された。最後は台湾だと、北
  京政府は言う。これに対する台湾の動きを見てみよう。李登輝総
  統は本年7月9日、ドイツの放送局とのインタビューで、中台の
  位置づけについて、次のように発言した。
  
       91年の憲法修正以降、両岸(台湾海峡の両岸、すなわち大
      陸中国と台湾をさす、JOG注)関係の位置づけは国家と国家、
      少なくとも特殊な国と国との関係になっており、決して合法
      政府と反乱団体、中央政府と地方政府といった「一つの中
      国」における内部関係ではなくなっている。
      
       したがって北京政府が台湾を「離反した一つの省」と見な
      しているというのは、まったく歴史的および法的な事実を踏
      まえたものとなっていない。[1]
  
      ・・・
  
       大陸は「一国二制度」の香港・マカオ方式を台湾にも適用
      しようとしているが、台湾は香港・マカオとは異なり、香
      港・マカオがもともと植民地だったのに対し、中華民国は主
      権独立の国家であり、両者は根本的に異なるのである。[1]
  
■2.北京政権の武力威嚇■

   この李登輝発言に対して、北京はすさまじい反発を見せた。た
  とえば、朱邦造・中国外務省報道局長の次のようなコメントが報
  道されている。
  
       李登輝は就任以来、(台湾)島内の多くの民衆の反対を顧
      みず、金銭での買収やワイロなど卑劣な手段で「実務外交」
      など祖国の分裂活動を進めてきた。国際的に「二つの中国」
      「一つの中国、一つの台湾」の作り上げを図ったうえ、大胆
      不敵にも両岸関係を「国と国との関係」と位置づけたことは、
      火遊びの道を突き進むものだ。両岸関係の改善に重大な影響
      を与えるほか、台湾海峡の情勢安定への影響と、中国の平和
      統一を危うくするものである。

       われわれは李登輝と台湾当局に告げる。国家の主権、尊厳
      維持と領土保全に対する中国政府の固い決心をみくびっては
      ならない。分裂に反対し、「台湾独立」に反対する中国人民
      の勇気と力をみくびってはならない。[2]

   この「中国人民の勇気と力」を見せつけるように、次のような
  威嚇が行われたと、時事週刊紙「環球時報」は報道する。

       中性子爆弾の技術保有の宣言に続き、8月2日に中国は
      「東風31号」長距離弾道ミサイルの試射に成功した。新型
      ミサイルは高い機動性と核弾頭の搭載能力をもち、当面どん
      な武器でも阻むことはできないのだ。

       南京、広州の両軍区では空軍が低空飛行訓練を最近強化し
      た。福建省駐留部隊はすでに「一級戦備状態」に入った。ミ
      サイル部隊は前線に展開し、スホイ27など新型機も東南沿
      岸の地形に習熟し、実戦能力を高めるため活動頻度を高めて
      いる。

       福建省では部隊が沿岸に展開し、一部の戦闘機は沿岸に配
      備された。大量の食料がすでに福建省の軍用補給庫に運び込
      まれているのだ。[3]

■3.余裕の台湾政府■

   すさまじい敵意に、日本政府ならオタオタする所だろうが、台
  湾政府は余裕を見せる。
  
       台湾国防部の孫韜玉次長(国防次官に相当)は13日、野
      党・新党の集まりで、・・「大陸側に軍事行動の動きもない
      し、伝えられるような短期間での台湾占領の能力も大陸側に
      はない。軍事攻撃の一連の報道は、大陸側の台湾に対する心
      理戦だ」と説明、特に香港紙の報道は注意が必要と指摘した。

       また、中国側の戦闘機二機がこのほど台湾海峡の中間線を
      越えて台湾側に侵入してきた事実を明らかにしたうえで、
      「飛び過ぎてしまったのだろうが、気づいて大慌てで帰って
      いったよ」と冗談を交え、重大視していないとの姿勢を見せ
      た。・・・

       こうした当局の呼びかけが功を奏しているのか、李総統発
      言をきっかけに急落した株価も今月六日を底にして、以後順
      調に回復しており、すでに下げ幅の約半分を取り戻している。
      [4] 
      
   さらに、8月7日米空母キティホークとコンステレーションが、
  台湾海峡付近の南シナ海で「通過演習」を行い、異例の写真公開
  まで行った。国防省筋は「小規模、ルーチンなもの」としている
  が、96年に台湾初の総統選で、中国が軍事的威嚇を強めたとき
  も、空母2隻が台湾近海に派遣された。タイミングといい、形式
  といい、台湾と米国との間で何らかの連携があったようだ。[5]

■4.人権尊重の明白な基準■
  
   今回の李登輝発言に関して、イギリスのコラムニスト、ジェフ
  リー・スミス氏は、台湾が挑発的な行動をとるのは反対だが、
  「台湾住民の自発的な同意がなければ台湾は中国に吸収されるべ
  きではない、というのは人権尊重の明白な基準である」として、
  次のような提案を行っている。[6]
  
       もう一つの可能性は中国の攻撃が差し迫った状況になった
      とき、いくつかの米国の同盟国が警告のために台湾海峡で軍
      事的示威行動を起こすことだ。「国際社会は台湾の自由が奪
      われることを許さない」というメッセージを中国に送る上で、
      非常に効果を上げるに違いない。

   人口200万足らずのコソボや、数十万規模の東チモールの独
  立を国際社会が支援しようという時代に、2千万人以上の国民が
  自由選挙で総統を選ぶ、安定し繁栄する民主主義国家・台湾の共
  産主義国家中国による武力併合がどうして許され得よう? 北京
  政府の反発と武力威嚇は、19世紀的な中華帝国主義ぶりを国際
  世論に印象づけるだけの結果となったようだ。
  
   今回の発表は、任期満了を来春に控えた李総統が長年力を注い
  できた台湾化政策の仕上げの意味もあり、以前から周到に準備さ
  れてきたという。見事な外交手腕である。
  
■5.北京政権の痛いところ■

   北京政権のヒステリックな反応は、実は李登輝発言が、共産中
  国の最も痛いところをついているからである。香港の「鏡報」誌
  12号は、次のように報じている。
  
       政治面からみれば、中国は多民族の統一国家であり、国内
      56民族のうち、人口が百万を超える民族が10余りある。
      台湾が分裂できるとあれば非漢民族の地域、たとえばチベッ
      ト、新疆、内モンゴル、さらには壮族、ミャオ族、回族、朝
      鮮族などが分離独立を求めるさらなる理由を持ち、中国は国
      として成り立たなくなるだろう。中国の少数民族は全人口の
      6%にすぎないが、居住地は総面積の60%を占める。中国
      の鉱物資源の半分は少数民族地域にあり、少数民族がみな分
      離してしまえば、中国は容易に滅びてしまう。[7]
      
   台湾が中国に統一されるべきだというのは、同じ漢民族として
  の民族主義なのだが、その背後で国土の60%を持つ少数民族の
  民族主義は踏みにじってしまう所に、欺瞞がある。
  
   現在の中国と台湾の関係は、大戦中のナチス・ドイツとスイス
  の関係によく似ている。スイスはドイツ系が国民の大半を占める
  が、同じ民族のナチスドイツと一緒になることよりも、自らの自
  由と民主主義の伝統を守ることを選んだ。
  
   スイスは建国以来、ドイツ系、フランス系、イタリア系の人々
  が協力して、住民自治による自由と独立の理想を追求してきた。
  全体主義のナチスドイツと合体することは、その理想を破棄する
  事に他ならない。スイス人はそのアイデンティティを、ドイツ民
  族の血よりも、自らの歴史の中で培ってきた政治的理想に求めた
  のである。
  
■6.三民主義の理想■

   それでは、台湾人の求める政治的理想とはなにか? 李登輝総
  統は、著書「台湾の主張」の中で、それを孫文の「三民主義」に
  託してこう説明している。
  
   満州人による清朝専制支配からの独立に生涯をかけた孫文は、
  中国人の中国を作ること(民族主義)、その新しい中国は専制支
  配ではなく、民主共和国でなければならないこと(民権主義)、
  その中で民衆の生活を向上させていくこと(民生主義)が必要だ
  と唱えた。これが三民主義である。1947年に制定された中華民国
  憲法第一条には、「中華民国は、三民主義に基づく民有、民治、
  民享の民主共和国とする」と宣言されている。
  
   孫文が口癖としていた「天下は公のために」という言葉を李登
  輝総統は自らの政治信条の中心としている。天下、すなわち国家
  は、公、すなわち国民全体のために、という意味で、民生主義を
  意味する。

       現在の共産党下の中国大陸をみると、この民権主義と「天
      下は公のために」が忘れられていて、覇権主義と結びついた
      民族主義ばかりが強い。中国大陸で孫文の「三民主義」とい
      えば、困ったことに民族主義を第一におくのである。
      [8,p43]

       中国大陸が過去の歴史と同じように、進歩と退歩の繰り返
      しに陥ったのは、第一に政策決定が指導者個人のものになり、
      国民の声を聞かないできたこと、第二に社会の構造的な変化
      を、長期的にみることを怠ったこと。そして、第三に、指導
      者が国民の福祉を真剣に考えてこなかったことが原因だろう。
      こうした国民軽視の政策が、社会発展にとっての不確定要素
      となって、継続的な中国大陸の発展を阻害してきた。
      [8,p52]
      
■7.漢民族5千年の歴史で初めての民主選挙■

   三民主義の具現化のために、李登輝総統は台湾の急速な民主化
  を進めてきた。96年には、総統の国民直接選挙が行われた。この
  ときも中国はミサイル発射を含む大規模軍事訓練などで威嚇した
  が、逆に台湾国民の反発を買い、李登輝総統が54%の得票で、
  信任された。李登輝総統は96年3月の就任演説で次のように述べ
  た。

       本日のこの祝賀会は、いかなる一候補者の勝利を祝すため
      ではなく、また、いかなる一政党の勝利をを祝すためでもあ
      りません。
      
       それはわれわれ2130万同胞が民主を勝ちえた共同の勝
      利を祝すためであります。それは台湾・澎湖・金門・馬祖に
      おいて人類の最も基本的な価値のある−自由と尊厳が肯定さ
      れることに歓喜するためであります。[8,p201]

   李登輝総統のいう「歓喜」とは、自分や国民党の勝利よりも、
  漢民族5千年の歴史で初めての民主選挙が行われた、という点に
  ある。それは李登輝が88年に死去した蒋経国の後を継いで、総統
  に就任して以来、進めてきた民主化の到達点なのである。
  
   李登輝総統の理想は、国民の支持を集め、それをもとに台湾人
  としてのアイデンティティが形成されつつある。98年に台湾大学
  が行った調査で、「わが国」とはどの地域を指すかの質問に対し
  て、「台湾のみ」とする人が76%で全体の四分の三を占めた。[9]
  

   さらに本年7月に行われた世論調査では、台湾住民の7割が、
  中国が武力攻撃してきたら「中華民国のために戦う」と答えた。
  [10] 大半の台湾人が、「自分が国家の主人であるという自覚と
  志」を抱いているのである。[8,p56]
  
■8.台湾人に生まれた幸福■

   日本統治時代から、蒋介石政権時代まで、自分の国の主人公と
  なれなかったことを、かつて李登輝総統は「台湾人に生まれた悲
  哀」と語った。しかし、日本統治時代の法治主義や「日本精神」、
  そして蒋介石のもたらした三民主義の理想をベースに、豊かで自
  由な民主国家を作り上げた。漢民族の先頭を切って、そのような
  国づくりを進めてこられた事を、李登輝総統は「台湾人に生まれ
  た幸福」と呼ぶ。
  
       「台湾経験」すなわち「台湾モデル」とは、単に台湾のた
      めだけのものではない。中国人すべてのものであり、将来統
      一された中国のモデルに他ならない。[8,p122]

   李登輝総統が目指しているのは、現在の中国の専制的体制に替
  わって、台湾のように、自由、かつ民主的で、豊かな社会が大陸
  に出現することだ。台湾をモデルにしてこそ、中国はその長い停
  滞と動乱の歴史から抜け出すことができる。
  
   李登輝総統のビジョンが実現して、中国全体が「台湾化」すれ
  ば、大陸の十数億の人民が、自らの国の主人公として生き、「中
  国人に生まれた幸福」を味わえる社会となろう。
  
   さらにチベットやウイグルなど少数民族も、それぞれの地域で
  独立し、自前の国家の主人公として、それぞれの理想追求ができ
  るようになる。アジアの平和と安定は飛躍的に増大し、それはわ
  が国にとっても、このうえない贈り物となろう。
  
■9.日本人に生まれた幸福とは?■

   孫文は、30年にわたる革命家としての生涯のうち、約10年
  の雌伏期間を日本で過ごした。その間、明治の日本人は、孫文を
  惜しみなく支援し、共に立ち上がって一命を捧げた志士も少なく
  ない。国家の自由と独立をかけて、明治維新、日清、日露と歩ん
  できた日本人にとって、孫文の理想は決して他人事ではなかった
  のである。
  
   孫文の理想を受け継ぐ李登輝総統と台湾国民の偉大な挑戦は、
  現代の我々に「日本人に生まれた幸福」とは何か、と問いかけて
  いるのではないだろうか。
  
■リンク■
★JOG(043) 孫文と日本の志士達
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_1/jog043.html
★JOG(061)李登輝総統の志
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_2/jog061.html
★JOG(062) 台湾史に見る近代化の条件
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_2/jog062.html
★JOG(108) 地球史探訪:台湾につくした日本人列伝 
http://backnumber.to/body.asp?userid=10000699&fname=JOG108

■参考■
1. 「李登輝インタビュー要旨」、月刊日本、H11.9
2. 「台湾・李総統発言 これまでの中国公式論評」、産経新聞、
   H11.07.14、東京朝刊、4頁、国際2面
3. 「台湾海峡、高度の緊張台湾海峡、『環境時報』紙報道の詳細、
   産経新聞、H11.08.14、東京朝刊、4頁、国際面
4. 「中国による軍事行動報道 台湾『心理戦』と分析」、
  産経新聞、H11.08.15、東京朝刊、4頁、国際面
5. 「米2空母、台湾近海で演習 対中けん制か」、産経新聞、
  H11.08.12、東京夕刊、2頁、総合2面
6. 「正論 李登輝発言と国際社会」、ジェフリー・スミス、
  産経新聞、H11.09.23、東京朝刊、9頁
7. 「支那分裂へのカウントダウン」、野間健、月刊日本、H11.7
8. 「台湾の主張」、李登輝、PHP研究所、H11.6
9. 「『私は台湾人』認識増加」、産経新聞、H11.12.06、
    東京朝刊、5頁、国際面
10. 「台湾侵攻に住民7割『戦う』」、産経新聞、H11.07.28、
    東京朝刊、4頁、国際2面

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■前118号「戦後補償の日独比較」について

   恥ずかしながら、今回ワイツゼッカー大統領の「荒れ野の四十
  年」の演説を初めて知ったのですが、その後に続く解説とあわせ
  て思わずうなずいてしまうものがありました。「エクスキューズ
  ミーは言ってもアイムソーリーはなかなか言わない」欧米人の典
  型、と言ってしまえばそれまでですが、私は日本人政治家にワイ
  ツゼッカー氏くらいの気概が欲しいものだと切に思います。国の
  中枢から遠く離れた野党議員が、国外で謝罪の言葉を撒き散らし
  それがさも日本全体の意思ででもあるかのように受けとめられる
  のは迷惑千万、それほど補償に必要性を感じているのなら個人資
  産をなげうって、勝手に自分一人ですればよろしいでしょうに、
  などと思います。(Atsukoさん)
  
   ユダヤ人虐殺だけがとりあげられることは、やはりおかしいと
  思います。いうまでもなく超大国のアメリカを牛耳るのがユダヤ
  人であるため、これほど一方的に断罪されるのでしょう。戦争犯
  罪というと、刑法にのっとった正規の手続きのように感じられま
  すが、結局民族間の闘争に過ぎないのだと思います。(Iさん)

   どうも日本人は自分を卑下にしたがる性格があるような気がし
  ます。やはり正しいことは、正しいと世界に対して主張すべきだ
  と思います。人権・補償その他のことでも、相手に対してあいま
  いな対応をしているから政治的にも利用されてしまうのではない
  でしょうか? (Triiさん)
 
■ 編集長・伊勢雅臣より

   今回は、多くの方々から、ご意見をいただきました。なるほど、
  と思われる意見が多く、紙面の関係で、3名、それもごく一部の
  紹介に限らせていただきました。

   読者からのご意見をお待ちします。本メールへの返信で届きま
  す。掲載分には、本誌総集編(平成9〜11年分)を完成しだいお
  送りします。
  
   本年も読者のご声援に支えられて、1号も欠かすことなく、一
  年間発行できました。改めて御礼申し上げます。次120号は、
  1月9日発行です。次号より、毎週日曜日朝の発行とします。
  
   よいお年をお迎えください。

購読申込・既刊閲覧: http://come.to/jog お便り: jog@y7.net                     
購読解除: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
JOGのアップデイトに姉妹誌JOG Wing: http://come.to/jogwing
自分のホームページで発信しよう!
 JOG Town: http://www.simcommunity.com/sc/jog/jog_master


| 次の記事>> | 最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    3905人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    24268人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    5698人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7048人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

過去の発行記事