マンガ・アニメ

LETGO★

ONEPIECEゾロサンオンリーマガ★隔週で小説をお届け♪

全て表示する >

ラブレス?

2004/07/12

 一年も人ごみの中に出ないとさすがに辛い。

 オレの横をただ流れていくだけの人の塊に嫌悪感を抱きながら、オレもまた流れて
いくだけの塊の一部になる。



「一年前とかわってねぇなぁ…」



 一年前、オレは傷害事件を起した。

 相手は、オレの弟で。(詳しく言えば、その仲間も含。)

 どうしても許せなかった。



 当時、オレはナミさんという年上のキャバクラ嬢と付き合ってた。

 ガラにも無く本気になって、ずっと傍にいたいと思った。



 それを、アイツは。





「おい、「新入り」君!俺、ビックマック。」

「え?」

「と、コーラLサイズ☆」

「えぇ!?またっすか〜?食いすぎですよー、ルフィさん」

「ごちゃごちゃいわねぇで買って来い。」



 1年前と変わらない仲間の風景。

 前もこんなんだった。



「あんま後輩、いじめんなよ。ウソップ」

「サンジ!!?」



 予定より2週間早い出所だった。

 それもこれも、オレの『アイツ』への想いの強さが可能にしたってことで。



「帰ってくるの2週間後って聞いたぞっ?」



 叫ぶウソップの横に座っている「新入り」の隣りに座る。



「予定通り帰ってくると『アイツ』のガード、厚くなんだろ」



 『アイツ』は。



 彼女を、殺した。



「それよりエース、『アイツ』の居場所教えろ…」



 思い切り真顔で、周りがシンとなった。

 サングラスを少し下げて。



「悪いけど…俺、マジしらねーよ…」

「ルフィ!ウソップ!!」

「興味ねー(食事中)」

「エースがしらねぇこと、俺たちが知ってるわけ無いだろうが」



 オレは、どうしても『アイツ』を殺さなきゃならねぇんだよ。

 どうしても、『アイツ』だけは許せないんだ。



「俺、知ってるよ。『ゾロ』のいるトコ」

「止せっチョッパー!!?」



 誰でもいい。教えてくれよ、『ゾロ』の、弟の居場所。



「チョッパー…居たのか…?ごめんな、気付かなくて。」



 チョッパーは、オレの弟(本物とは月とすっぽん。)みたいに可愛い奴で、オレが
いない間、きっと淋しい思いをさせていたに違いない。

 現に今、既に涙ぐんでいる。



「俺っ、サンジが帰ってきてすぐ動けるように、いろいろ調べてたんだ!」

「ありがとうな…で、どこにいるんだ?」



 誰が止めても、たとえナミさんが止めてと叫んでも、オレは絶対に止めたりしな
い。

 これは、オレとアイツの問題だから。



「アイツ…新宿。荒らしまわってるみたい…」



 それだけ聞くと、オレは席を急いで立った。

 一刻も早く。



「行くなっサンジ!!」

「お前が行くなら、俺らもいくぜ?」



 いいんだよ。これは俺ら兄弟の問題だ。



「人んちの兄弟ゲンカに首つっこむな!!!」



 そう、オレとアイツの。



「ゾロ――――!!!」



「誰だ?後ろから追っかけてくる命知らずは。」

「あ?」



 1年前、俺は兄の女を犯して輪姦してぼこぼこにして公衆の面前にさらしてやっ
た。

 どうしてって、そりゃ『アイツ』が裏切ったからに決まってんだろ。



「後ろから追いかけてくるバイク!みのほど知らずが。煽ってやがる」

「!!!?サンジ?」



 気付かれた。

 車のバックシートに座っているのは、紛れもないオレの弟だ。その車の後ろには、
髑髏のマーク。オレが以前、頭だったチームのマーク。今は弟のゾロが頭だ。その
忌々しいチームの象徴さえも、一年ぶりに見れば懐かしい。



「あの野郎、俺をはめやがったな。2週間も早いぞ。」



 ゾロはそう呟くと、後部座席からバットのようなものを取り出した。



「よぉ、兄貴。」



 窓を開けて顔を出したゾロは、持っていたバットを横に振り出した。



ぎぃぃぃぃぃ!!!!



 オレのすぐ傍に散った火花を作ったバットが、今度はオレめがけて振られてくる。



「おぁぁあああっ!!!」



 殺す気か!!!!!!

一年ぶりに見たゾロの顔は、相変わらず男前で。だからこそ余計に憎たらしい。

 このままじゃ、マジにやばい!!

 そう思ったオレは、バイクのスピードを上げると一気に奴らの車の前に出た。

 そして。



どんっ



 運転している奴のの青ざめた顔。それから、必死でハンドルを切る。

 ゾロの顔は…まるで、面白いおもちゃを見つけた子供のように笑っていた。





ラブレス?へ続く。

--

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-05-20  
最終発行日:  
発行周期:隔週  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。