お笑い

お笑いが疲れた貴方のこころを癒す!『GAG』

お笑い好きなら誰でも投稿可能、オープン参加型お笑いメルマガ。コント・漫才ネタ、小説、名言集、小ネタなど独自コーナーを設置、投稿者それぞれの個性がシナジー効果を生む。新たな笑いの世界がここに開かれる!

全て表示する >

お笑いが疲れた貴方のこころを癒す!『GAG』Vol.34

2006/06/05

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
         お笑いが疲れた貴方のこころを癒す!
             『GAG』 Vol.34
           読者100人以上達成記念号!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
             2006年6月5日発行

 暑い日と寒い日が交互にやって来るような不思議なお天気ですが、皆さん
ご機嫌いかがですか!『GAG』をお届けいたします!
 なんと!ついに『GAG』読者を102人を獲得する事が出来ました。うわ
ー!すげー!イエ〜!ワオ〜!パチパチパチ!これもひとえに読者の皆様の
おかげです。本当にありがとうございます!100人を越えたのでいよいよ
あれが始動しますよ。あれが。一体どうなっちゃうのでしょう。それでは期
待を胸に秘めつつ今号の目次です!
                            (ジャンボ)
 ┏━┓ 
 ┃目┣━┓ 
╋┻━┫次┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  ┗━┛ 
┃    『GAG』読者100人以上達成記念号!

┃【1】     憲兵を呼べ! 
┃        第7回「くまのプーさん」 
┃                     (元帥)

┃【2】     二足のわらじ
┃        第10回‐ 相反作用の定理 ‐       
┃                     (ゲコ)
┃ 
┃【3】     ユーモア近未来SF小説
┃        『勇者ボンビチョンデ最後の試練』
┃                     (ジャンボ)

┃【4】編集後記(懸賞もあるよ!)
┃ 
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
===========================================
        憲兵を呼べ! 
        第7回「くまのプーさん」 
                     (元帥)
===========================================
おい大佐。こないだディズニーランドに行ってきたぞ。
すごい人だったけど、なかでも新しいアトラクションのバズ何とかってのには
まいったな。
すごい行列で、通常待ちは2時間半、ファストパスとるのに2時間半かかった
らしいぞ。
ファストやないがな。
その次に人が多かったんは「プーさんのハニーハント」やったな。
そこで思ったんやが、何であの黄色の熊だけ「さん」づけなんや?
キャラクターは数あれど、「さん」づけされてるのはプーさんだけやろ。
大関クラスのドナルドもミニーも横綱のミッキーでさえ呼び捨てやのに、あの
熊はそんなに偉いんか?
やっぱりかわいいふりしても熊は熊。もし怒らしたら、竹田のじっさまの耳を
そぎ落とした赤カブトのごとくなるんやろうか?
所詮、ネズミやアヒルごときでは太刀打ちできんか。それで「さん」づけか。
なるほど・・。
でも同じくらい猛獣の虎のキャラもいるけどあいつはなんで「ティガー」って
呼び捨てなんや?
なんか弱みでも握られとるんか?こいつだけドイツ語読みなのも気になるな。
どうして素直に英語読みで「タイガー」にしないんや?ナチスの戦車かと思う
たやないか。
ん・・。待てよ。本場アメリカではどうなんだ?
えーと・・、
MICKEY、DONALDO、MINNIE、POOH・・・・。
「プー」やないか!
なんでだ?日本では無職の浮浪者と間違えられてイメージ悪いからか?
なら、ほかのキャラもみんな「さん」づけで呼べばいいじゃないか。
なぜそうせんのだ?
「ミッキーさん」では、ミッキー吉野と紛らわしくて夢の国にはふさわしくな
いからか?
ぜんぜんわからんぞ、納得がいかん!
あと、ランド内のレストラン!量が少ないうえに高すぎるぞ!お会計で一気に
現実世界に引き戻されたわ!
特に「ライス大盛りにしてください。」と頼んだら「大盛りは出来ないんです
よねー。」とそっぽ向いたまま答えた不思議の国のアリスレストランの店員め
!夢も希望もないではないか!
あの店員を処刑せよ!憲兵を呼べ!
                          (終)
============================================
       二足のわらじ
       第10回‐ 相反作用の定理 ‐
                    (ゲコ)
============================================
1)Prolog 10

 「人の立場になって考える」。とても大切なことです。
しかしそうするための具体的な手法については、あまり語られていないようで
す。今回は、人の立場になって物事を見るためのツールとして、「相反作用の
定理」を紹介します。

2) 相反作用の定理

連続した弾性構造物のi点に荷重Piを加えた時の
j点の変形量をVjiとし、同じ構造物のj点に
荷重Pjを加えた時の、i点の変形量をVijとすると、

  Pi x Vji = Pj x Vij ?? (1)

これを、マックスウェル‐ベッティの相反作用の定理、
または相反定理と言います。
作用する荷重が等しい時(Pi = Pj)、(1)式は、

 Vji = Vij ?? (2)

また、(1)式を一般的に書くと、

∫∫∫( X * u´+ Y * v´+ Z * w´) dxdydz
+ ∫∫(Px * u´+ Py * v´+ Pz * w´) ds
= ∫∫∫( X´* u + Y´* v+ Z´* w) dxdydz
+ ∫∫(Px´* u + Py´* v+ Pz´* w) ds ?? (3)

ここで、

 X,Y,Z      : 応力状態(!))における物体力(N/m^3)

Px,Py,Pz      : 応力状態(!))における表面応力(N/m^2)

 u, v, w    :応力状態(!))におけるx,y,z軸方向の変位(m)

X´,Y´,Z´  : 応力状態(!))における物体力(N/ m^3)

Px´,Py´,Pz´: 応力状態(!))における表面応力(N/ m^2)

 u´, v´, w´ :応力状態(!))におけるx,y,z軸方向の変位(m)

3)相反定理を使用して構造計算を簡単にできる例

両端A,Bで支えられている単純梁の中央部C点に荷重P[N] が作用する場合
(下図)

         ↓P
△????????△
A |←→|D    C     B
         x

A点からx[m] ( 0<=x<=(L/2) ) の距離にある
D点の変形量δD1[m]は、

  δD1 = (P * x)/(12*E*I) * (3/4 * L^2 ? x^2) ?? (4)

 E  =ヤング率
 :  材料の種類によって決まる係数(単位:N/m^2)

I = 「断面二次モーメント」
: 梁の断面形状によって決まる係数(単位:m^4)

L : 梁の長さ = AB間の距離 [m]

で 求められます。

D点に荷重P[N] が作用する場合の、C点の変形量δC1[m]は、
相反定理より、

δC1=δD1=(P * x)/(12*E*I) * (3/4 * L^2 ? x^2) ?? (5)

同じ単純梁に、両端で荷重0、中央部で荷重q[N/m]となる3角形分布荷重が作
用している場合の、中央部C点の変形量δC2[m] を求めます。
D点における分布荷重w[N/m]の大きさは、

w = q * (x / (L/2) ) =  2 * q * x/L ?? (6)

D点を含む微小区間に作用する荷重によるC点の変形量δC3[m]は、(5)式のPを、
(w * dx)に置き換えて、

δC3 = ((2*q*x/L)*dx * x) /(12*E*I) *(3/4*L^2?x^2))

したがって全分布荷重によるC点の変形量δC2[m]は、

δC2 =2 *∫δC3 dx | 0<=x<=(L/2)
=2 *∫((2*q*x/L)*x /(12*E*I)*(3/4*L^2?x^2))dx
   =(q * L^4)/(120 * E * I) [m]

と求められます。

4)相反定理の応用

前項の例からわかるように、「相反定理」とは、「連続した均一な系において、
ある場所に作用した力による別の場所の影響は、その別の場所に同じ力が作用
した時の元の場所の影響に等しい」ということです。

系を「人間社会」、場所を「人」に置き換えると、
「ある人の行為によって別の人が受ける影響は、
その別の人がした同じ行為によって元の人が受ける
影響に等しい」。

人間の心は必ずしも均一ではないものの、傾向としては
相反定理が成立するでしょう。
例えば、「AさんがBさんの借金をY円踏み倒した時の
Bさんの悔しさ」は、2人が同じ財力、同じ心の広さと
仮定した場合、「BさんがAさんの借金をY円踏み倒した
時のAさんの悔しさ」に等しい。

この定理を使うと、「自分がこうされた時、どう感じるか?」
と想像することで、「相手の気持ちがわかる」
ようになると考えられます。

4)相反定理適用の拡大

相反定理はその他にも、いろいろな場面で使われています。
いくつかの例を上げて、説明してみます。

 (1) バラエティ番組「8時だよ!全員集合」

ザ・ドリフターズのコントに見られる次のシーン。
茶の間のセットで、一枚の天井板(Aとする)が
外れて垂れ下がっている。これを押さえて元に
戻すと、別の天井板(Bとする)が外れて垂れ下がる。
Bを戻すと、今度はまたAが下がる。
Aを戻した時のBの垂れ下り量 = δBA
Bを戻した時のAの垂れ下り量 = δAB
とすると、同じ力で押した場合、

    δBA = δAB

相反定理を利用したコントの例と言えます。

(2) SF小説「おーい。出てこーい。」
星新一氏の名作SF短編小説「おーい。出てこーい。」
この物語に出現する穴をB点。人間社会をA点とします。

A点から投げ入れてB点へ出て行った量=MAB

B点から出てきてA点に投げ込まれる量=MBA

B点を人間社会以外の地球環境と考えると、A点と
B点は連続した系なので、相反定理より、

    MAB=MBA

すなわち、穴に投げ入れた分だけ戻ってくる。
相反定理によって小説のメッセージを推察できる
一例です。

(3) 創作漫才「真似するな」

漫才において、同じ性質を持った2人が
掛け合いをした場合、
Bのツッコミに対するAのボケ=WBA
Aのボケに対するBのツッコミ=WAB
とすると、相反定理により、

   WBA=WAB

つまりAが言ったセリフと同じセリフをBが返し、
Aが切り口(力の作用点)を変えても、Bはまた
同じセリフを繰り返して、そのやり取りが
いつまでも続く。平たく言うと、ボケとボケ、
ツッコミとツッコミでは、漫才にならない。

この原理を利用して作られた作品が、
ギャグ研究会の「真似するな」
(作=甲氏、相方=乙氏)です。

・・・(前略)
甲(A):「君、ぼくの真似してる?」
乙(B):「君、ぼくの真似してる?」
甲(A):「真似するなよ」
乙(B):「真似するなよ」
甲(A):「君が真似してるんやろ」
乙(B):「君が真似してるんやろ」
・・・(後略)

このやり取りが、延々と続く。
甲氏は元々ツッコミ役だったのですが、コンビが
変わったとき、新しい相方・乙氏がボケをできなかった。
そのためボケ役にならざるを得なかった甲氏が、
自分の思いを込めてつくったのがこの作品では
ないかと、私は推測します。
延々と続く繰り返しの中で甲氏は、
「おまえはなぜボケないんだ?」と乙氏
に抗議していたのかも知れません。

6) Epilog 10

以上、さまざまな例によって、相反定理が実に多様な
場面で使われていることが理解いただけたと思います。
この定理は、一対一の人や物にとどまらず、一人(個)と
複数人(個)、さらには一人(個)と社会全体の間に適用を
広げていくこともできるでしょう。
「世界を知ることは自分を知ること」。同時に、
「自分を知ることは世界を知ること」。
みなさんもこの定理を、人と人との相互理解、そして
自分と世界を知るために、利用してみてはいかがでしょう。
                        (終わり)
============================================
        ユーモア近未来SF小説
        『勇者ボンビチョンデ最後の試練』
                     (ジャンボ)
============================================
 再び『大帝』から試練が命じられた。伝説の勇者ボンビチョンデは決戦の場
に向かった。公園だった。そこには少年がいた。
「小学生だ」
 なんて厄介な敵だ。ボンビチョンデは『見えない剣』を握りしめ苦々しげに
つぶやいた。
 小学生を打ち負かす。そんな事が俺に出来るだろうか。
 だがやらねばならない。それがこの世界での勇者の掟だ。この世界には勇者
がだいたい10億人いる。この国にはほぼ2百万人程度だ。勇者はそれぞれが
独自に『大帝』の課す試練に挑み、打ち勝たなければいけない。そうでなけれ
ば財宝を得て姫を救出し結婚する事ができない。つまり一生貧乏な独身のまま
で過ごさねばならないのだ。勇者の中には大帝の課す試練への挑戦をあきらめ、
『小粋なやつ(ニート)』『巣を弔う者(ホームレス)』と呼ばれるようにな
ってしまった無気力な人間達もいる。
 しかし我らが勇者ボンビチョンデはそのような臆病者ではない。ボンビチョ
ンデはいつでも『大帝』の指令に逃げ出す事無く果敢に挑んで来た。
 ああ、だがしかし!ボンビチョンデはその指令の遂行に今まで全て失敗して
いたのだ!ボンビチョンデは財宝も姫も得る事無く、はや41歳の夏を迎えて
いた。このまま惨めな老後を迎えるのか。『巣を弔う者』に成り果てるのか。
いや、勇者は決して膝を屈したりはしない!試練に立ち向かえボンビチョンデ!
自分の気高い王国を今こそ打ち立てるのだ!といつも自分を励まして来たボン
ビチョンデであった。
 そしてこの度下った大帝の指令は『公園に行きそこにいる小学生に勝負を挑
み打ち負かす事』だ。一体この指令にどんな意味があるのか全くわからない。
しかし大帝の指令を疑う事自体が『小粋なやつ』へとつながる道であるとボン
ビチョンデは知っていた。今は実行するのみだ。
 ボンビチョンデは立ち上がり小学生に近づいた。小学生は携帯ゲーム機を操
っている。力を込めず軽やかに、しかし見る者の予想を超えた指の動き。確実
に画面上の敵を屠っていた。ボンビチョンデはその様子に怖じ気づく事無く薄
くなった髪を雄々しく風になびかせながら小学生に歩み寄った。
「ねえ君。ねえ。」
小学生が顔を上げた。もちろんゲームをポーズする事は忘れていない。
「私と勝負しよう!」
子供はあからさまに不審そうな顔をした。
「おじさんイジョーシャ?」
異常者?
「な、何を言うんだ。失礼な!」
「学校で言ってたよ。イジョーシャが声をかけて来るから相手にしちゃだめだ
って。」
 確かにそうだった。この世界で子供に声をかけるくらい危険な事はない。子
供は2重3重に護られている。体に張り付けたり、口内に隠された小さな機器
が山ほどあるのだ。これらにより子供の現在位置や体調、心理状態は全てモニ
ターされ発信器で送信されている。少なくともそうするのが今の親の常識だ。
少しでも異常があるとすぐに警報が発信され警察が駆けつける事になっている。
 子供にパニックを起こされてはたまらない。ここはなんとか子供をまるめ込
まなくては。
「違うよ。おじさんはイジョーシャなんかじゃないよ。実はね、おとといから
おじさんちのネコがいなくなってしまってね。探しているんだ。一緒に手伝っ
てくれないかい?」
思いつきのでたらめにしてはなかなかいい。子供ならこれで騙されるだろうと
思ったら小学生が大きな声で叫んだ。
「うわー!やっぱりイジョーシャだ!それこの前テレビでやってたよ!『動物
を一緒に探そう』っていうのはイジョーシャが子供を誘う時の常套手段だって
!うわー、イジョーシャだ!イジョーシャ!」
ボンビチョンデは慌てた。そういえばそうだったかも知れない。このごろ歳の
せいか忘れっぽい。
 しかしよく見ると子供は恐慌してはいなかった。むしろ物凄く嬉しそうだっ
た。
「イジョーシャ!イジョーシャだ!すげー!おじさん何人殺したの?」
 未知の者、異界の者を目の当たりにした喜びを全身で表現していた。子供は
機器に異常と認められ警報を送信されるようなパニックには陥っていないよう
だ。ボンビチョンデはとりあえず危機を切り抜けた事を知った。以前のボンビ
チョンデならこれ以前に逃げ出していたかも知れない。彼は自分の成長を感じ
た。
「違うよ!おじさんは君と勝負したいんだ!」
勝負。この小学生と勝負し打ち負かさねばならない。もちろん『見えない剣』
すなわち拳を振るい小学生を打ち負かす事は簡単だ。だがそれでは本物の異常
者とされボンビチョンデは一生獄につながれ生きる事になる。打ち負かすとは
勇者の力を相手に見せ真の敬服を得る事だ。
「勝負?ゲームでするの?」
「いや違うよ」
小学生にビデオゲームで勝てるとは思えない。
「何するの?」
「なぞなぞ」
「えー?ゲームしようよ」
ボンビチョンデは小学生が『勝負』に食いついて来たのを感じ内心ほくそ笑ん
だ。
「だめ、なぞなぞで勝負しよう」
本来の決闘であれば武器を相手に選ばせるのが作法であるが、この場合そんな
事は言っていられない。ボンビチョンデはなぞなぞでの勝負を強要した。なぞ
なぞなら勝算があったのだ。
 小学生に大人の知識や技術を見せても、彼らが理解できない場合は全く敬服
は得られない。小学生であれば彼らの領分の中で実力を見せなければいけない
だろう。それには『なぞなぞ』だ。とボンビチョンデは思っていた。それに小
学生との対決と聞いた瞬間からボンビチョンデには出そうと決めているなぞな
ぞがあったのだ。
「くっつくと半分になり、離れると一つになるものなーんだ?」
ボンビチョンデは自分が知っている唯一のなぞなぞを出した。
 以前合コンの席でなぞなぞ大会をしようとして出席者全員にひんしゅくを買
った事があった。その時に出したなぞなぞだった。女性には全く受けず、合コ
ン後、「あのなぞなぞは無いだろ。エッチなやつならまだしも」と男性出席者
になじられた。しかしこのなぞなぞがボンビチョンデは好きだった。なかなか
よく出来ている。誰も解けなかったし。
しかし、小学生はそれを無視した。
「じゃーさ、じゃーさ、これ知ってる?パンはパンでもフライパンな…あ、違
った」
 これが小学生だ!ボンビチョンデは彼らのしたたかさに驚嘆した。人の傑作
なぞなぞをあっさり無視し、自分側のペースに巻き込もうと自らなぞなぞを出
し、しかも出題を間違えてなぞなぞの構造そのものを破壊する。なんという合
わせ技だ。小学生は手強い!ボンビチョンデは改めてそれを認識した。
ボンビチョンデに出来るのは
「答えを自分で言ってるじゃないか!」
と突っ込む事ぐらいだった。
「まずおじさんのなぞなぞを考えろよ。くっつくと半分になり離れると……」
「えー!じゃーさ、心理テストしよう。心理テストしまーす」
小学生は叫んだ。
 だめだ!全く考えようともしない。この調子では無理矢理考えさせる事は出
来そうにない。しかもなぞなぞの答えを告げても効果はなさそうだ。
 なぞなぞの答えは『島』だ。陸地につくと『島』は『半島』と呼ばれるよう
になり、陸地から離れると『島』となり『半』の字はなくなる。まさに『くっ
つくと半分になり、離れると一つになる』のだ。なんとすばらしいなぞなぞだ
ろう!しかしこの子はアタマよくなさそうだ。この素晴らしさが理解できるか
どうか疑わしい。敬服もしそうにない。仕方が無い。武器はやつらに選ばせよ
う。しかし『心理テスト』とはなかなか今時の子供らしい。
「心理テスト!道を歩いていました。川がありました。どうやって渡りますか
?1、ボート。2、泳いで渡る。3、人に運んでもらう。4、あきらめる。ど
れにする?」
ボンビチョンデはしばらく考えてから言った。
「1、ボート」
「ブーッ!残念でした。答えは『道だから橋がかかっていて橋で渡れる』でし
たー!残念でしたー!」
「なんだそれは!選択肢にないぞ!第一それ、心理テストじゃないし!」
ボンビチョンデは抗議したが小学生は全く無視した。
「びるびるびる〜、ブシュー!」
などいうワケの分からない声を立てながら体を揺すり、ゲーム機を持ち上げて
再び電子の戦いの世界に没入しようとしていた。
「おい!待てよ!なぞなぞしようよ、なぞなぞ!」
ボンビチョンデが叫んでいると肩を叩かれた。警官だった。

「君、カザマヒデトさんだね?」
ボンビチョンデはいきな現れた警官に自分の本名を呼ばれ、激しく動揺した。
「カザマさん。この男に見覚えある?」
警官の後ろにはもう一人の警官に連れられ手錠をかけられた男がいた。長髪で
薄汚い男はにやにや笑ってボンビチョンデを見ていた。
「この男は『大帝システム』をハッキングしてたやつでね。あんたニセの指令
に騙されていたんだよ。あんた『大帝システム』は1年前に閉鎖されたんだよ。
分かってるそれ?」
 『大帝システム』。その呼び名は頭痛とともにボンビチョンデを現実に引き
戻した。
 『大帝システム』は増加する『ニート』の若者への対策として、多数の企業
の協賛のもと日本政府が開発実行したものだ。若者が現実に挑み、働き、家庭
を築き子供を作るための様々な課題をロールプレイングゲームのように楽しく
挑戦させ実際に達成させようと言うのがそのシステムの狙いであった。
 システムに加入した若者にはあたかもオンラインファンタジーロールプレイ
ングゲームの様に『大帝』から様々な課題がネットを通じて与えられる。『大
帝』の与える課題は『魔道履歴書を書いてみよう』とか『迷宮ハローワークに
行って属性職業を得よう』などという社会参加を促すものがほとんどであった。
この指令を実行し、達成する事でポイントがもらえる。ポイントは貯めれば現
金のように使う事も出来るしオンライン上で様々な架空の武器、装備を手にす
る事も出来る。また架空の異性や希望すれば本物の異性も紹介されるというシ
ステムだった。初めこそ物珍しさにもあって多数の職の無い若者が参加した。
だが実際は初期からこのゲームは大方の若者に馬鹿にされ、悪用された。そし
てやがて飽きられ、忘れられていった。
 しかし一部の若者だけは熱心に真面目にこのゲームを続けていた。彼らはこ
のゲームを現実として生き、ゲームを続ける事で必ず幸福になれると信じてい
た。ネット上の人々は少々馬鹿にした意味を込めて彼らを『勇者』と呼んだ。
2年前日本政府が『大帝システム』打ち切りを決めた時も『勇者』らは熱心に
このゲームを続けていた。彼らにとってこのシステムが打ち切られる事は幸福
になる道が永遠に閉鎖される事に等しかった。彼ら『勇者』はこの閉鎖を全く
信じなかった。ここに目をつけた悪意ある若者達がシステムを密かに乗っ取り
1年前のシステム閉鎖以後、『大帝』として独自の指令を出し始めた。『立ち
食いうどんを百杯食え』とか『駅前で裸で踊れ』とか。
 『勇者』達がその指令を実行する様子を彼らはビデオに撮り、ネットで公開
して笑い者にした。『勇者』達は生真面目にモラルを破る事無く指令を実行し
ようとする。その様子が例えようもなく可笑しかったのだ。
ボンビチョンデもその『勇者』の一人だった。

 長髪の若者は手錠のまま、子供の座るベンチに仕掛けられた超小型のビデオ
カメラを外し警官に渡した。
何も知らない小学生は「スゲー!」を連発しながら眺めていた。
「そういうワケでカザマさん。もう『大帝』はいないんだよ。あなたも早く目
を覚まして仕事探しなよ。」
警官はそういうと長髪の若者を連行して車に乗った。子供は警官につきそわれ、
家に送られていった。
ベンチの前には頭を両手で抱えたカザマヒデトが一人残された。
勇者ボンビチョンデの最後の試練はこうして終わった。

 カザマヒデトは一人で長い間うずくまっていた。
しかしやがてニヤリと笑うと立ち上がり、大笑いしながら駆け出していった。
心の中で再び大帝の言葉を聞くようになったのか。新たな勇者として再生した
のか。それとも何か異形の者に成り果てたのか。それは今のところ彼にしか分
からない。
                           (終わり)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
●○編集後記●○ 
先日GAG読者が100人を超えました!本当に皆さんありがとうございます!
これもひとえに皆様が登録解除せず、届くがままに放置していてくれたおかげ
です!本当にありがとうございました!
というワケでいよいよイベント「ガッツな読者もOK牧場!」が始動であります。
今後企画内容はこのメルマガで順次発表して行きたいと思います!ご期待下さ
い!

さて、今号はおもしろアンケートという企画がございます!
今号でまたは今までのバックナンバーで面白かった企画をぜひお知らせ下さい。
http://www.melma.com/backnumber_115889_3178855/ 
に書き込むか
gagkenkyukai@yahoo.co.jp
メールでお寄せ下さい!
感想をお寄せ下さった方の中から抽選で1名様にアマゾンのギフト券を1枚進
呈します!ぜひ気軽にご参加を!

それでは次号もお楽しみに!
                            (ジャンボ) 
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【あなたのネタを投稿してください!】
みなさんからのネタの投稿も受け付けております。
本メルマガの趣旨に見合うネタであれば、どんなものでも掲載させて
いただきます。ジャンルは問いません。
 投稿を希望される方は、

・タイトル
・ネタ本文
・ペンネーム(本名でももちろん構いません)
・連絡先メールアドレス(すぐに連絡がつく先)

を明記のうえ、「件名:GAGネタ投稿」として
 送信先:gagkenkyukai@yahoo.co.jp

までメールを下さい。
 ただし内容が本メルマガにふさわしくないと判断される場合には、
ご本人にその旨を通知のうえ掲載を見送ることがあります。
ご了承下さい。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【発行者】GAG編集部(編集長 ジャンボ)
もしみなさんが面白いと思っていただけたなら、
ご友人にぜひこのまま転送してあげてください。

 ホームページでもネタを公開しています。
下記URLにアクセスしてみてください。
HPでしか見れない企画もありますよ!
【ホームページ】http://gaggag.jugem.cc
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-05-17  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • ゆじん2006/06/05

    はじめまして。

    わたしは文系なのでむずかしい定理はよくわかりませんが、相手の気持ちを考えて自分の行動をとることはとてもたいせつなことなんですよね。みんながそんな気持ちでいたらけんかとかしなくすむのにね。こころがいやされました。また寄らせてもらいまーす。