経営

「愛語回天」花まる人生塾

「愛語回天」は、相手を思ってかけた言葉は「人生」を変える力が
ある事です。あなたに「花まる人生」のヒントを贈ります。

全て表示する >

「愛語回天」花まる人生塾

2005/07/08

===================================

        ◎◎ 「愛語回天」花まる人生塾 ◎◎

    このメルマガで「気づき」して花まる人生に踏み出そう!

        2005年 7月 8日 発行 Vol.27

===================================

◆「創業10周年」を支えた「ビジョン」

皆さん、当方の会社は7月3日に「創業10周年」を無事迎えることができま
した。これも皆様のお蔭と感謝申し上げています。

さて、一口に10年と言っても会社として幾つもの「山谷」を乗り越えて来ま
した。人生は「ドラマ」だと痛感しました。

私の本業は、経営コンサルタントであり、有限会社エー・エム・アイという
会社を経営しています。

現在は、3名ですが、ピーク時は8名もいた時代がありました。

1人でスタートして8名というピークに向かう時も「山谷」があったのですが、
8名から3名に縮小均衡する時が一番苦しいものでした。

9.11のテロ事件が4年前にありましたが、その時は、年4000万円の
売上(殆ど粗利)があったのですが、事件以降、海外移動が極端に低下するな
どの急激な経済環境の変化があって、小売業が一斉にサイフのヒモを締めたの
で、8名の人件費が維持できなくなったのです。

仕事がなくなるという現実でアルバイトの人が辞めて行き、社員が一人ずつ
辞めていくという事が続きました。


この時に心の支えになったのは「縮こまる勇気」という言葉だったのです。

千葉にあるクリーニング業の女性経営者を大阪府堺市にある大手クリーニング
業の副社長さんを訪問した時に、その副社長さんが女性経営者に「ちじこまる
勇気も必要です」というアドバイスだったのです。

この女性経営者と私とは似た点があって、どうしても「拡大」志向なのです。

悪い点を拡大の中で消去してしまうのです。


この「ちじこまる勇気」は、私にも耳が痛いものでした。


現実に経営が苦しくなる中で、何とか維持しようと思うのですが、先が見えない
状態だったのです。

私には、「経営コンサルタントで輝く」というビジョンがあるのですが、社員の
方には現実の先行きの暗さを克服できないという危機感があったようです。

本来、辞めるという社員を慰労するのが本筋なのですが、「ちじこまる勇気」で
本心とは別に承諾していたのです。


今は、3名です。全員が稼いでいますので、問題はありません。


◆「ビジョン」について

経営者でもサラリーマンでも「辛い」ことを乗り来る精神的エネルギーは、
「明日への期待」という「ビジョンの力」ではないかと思います。

この「ビジョン」を描くにあたって、船井先生の
  「時流適応・力相応・一番主義」
をベースにされると良いと思います。

「時流適応」とは、目先の流行ではなくて10年先を展望しても栄えると確信
できるようなものに適応する事と言えます。私の場合、「Faxちらし・3段
活用マーケティング」というコンサル商品を持っていたのです。バブルがはじけ
て、ドンドン経済が下降する中で100%普及しているFaxを活用するマー
ケティングがドンドン増えると考えたのです。案外、当っていました。

「力相応」とは、自分の力と自分の信用で頂ける応援の範囲内でやって行く事で
す。もちろん、銀行から資金を調達してビジネスを始めるのも力相応です。

「一番主義」とは、当然であります。「負けたくない」という思いの究極が一番
と言えるのです。


「ビジョン」を実現するために実行する「一つ」を決めるのですが、その「一つ」
が時流に適応している必要があるのです。

よく言われる事ですが、「ほか弁」が流行るからと言って数多くの店ができ、
また、コンビニも多数できています。

そして、それらがドンドン閉店し始めています。

これは「流行」に適応した結果なのです。


このように「流行」は、目先の事です。短期間で萎んでしまいます。

しかし、「時流」は10年とか言うスパンで長期に栄えるものを指します。


皆さんが何かの「ビジョン」を描く時に実践する「一つ」が「時流」なのか
「流行」なのかを判断する必要があるのです。

この判断は「賭け」の要素が多分にありますが、より客観的に分析して、
自分が「流行」と「腑におちる」まで理解する必要があります。



◆「一つ」に徹するガンコさ

幾ら「時流」に適応しているとは言え、断面では「辛い」ことが起こってい
る事も多い訳です。

この「辛い」状況を克服する精神エネルギーは、自分が確信する「ビジョン」
から生まれるのです。

それは「信念」というものかも知れません。


器用な人はあれこれと手を出しますので、案外、大成するとは言えないのです。

不器用でガンコな方が結果としてうまく進むと言えます。


私は、過去10年は「Faxちらし・3段活用マーケティング」でやって来ま
したが、次の10年は「オール電化」の「Let'sはぴe事業」で頑張りたいと
思っています。


皆さん、ご期待ください。




◆皆様にQ?

あなたの「ビジョン」は描けていますか?


===================================

◆あとがき

「ちじこまる勇気」という言葉は、簡単そうで難しいものです。

事業の場合、縮小とは「リストラ」という首切りにつながるからです。

でも、この種の判断に迫られるのが、一般に今の経営ではないかと思います。

「時流」に適応する「ビジョン」を描くことが出来ないなら、必ず、ピンチが
来ますので「ちじこまる勇気」に迫られます。

貴社の「ビジョン」を描くことを始めると良いと思います。なかなか「時流」
に適応する「一つ」に巡り合わせることが出来ないものです。

                             栩野(とちの)

===================================

■ビデオ・メッセージ

2004年4月から、当社のホームページから毎月「ビデオ・メッセージ」を
配信しています。http://www.web-ami.com/video/index.html をご覧になって
ください。

===================================

◆【花まる主義:繁栄の7法則】

第1法則:「夢」を持つ(着眼点をsharpに、着手点をコツコツと)

第2法則:「キラリ」を発見(DNA)

第3法則:「DNA」に「磨き」をかける(改善&小投資)

第4法則:「テコの原理」をメイク(ビタミン化)

第5法則:「好きな事」=「仕事」化

第6法則:「定点観測」でセルフ・チェック
     (気づき:刻々変化:シフトチェンジの法則)

第7法則:「花まる」主義でイキイキ(パワフル化)

これら7つの法則は、当方のオリジナルです。著作権は当社に属します。

===================================

◆無料メルマガ「百匹目の猿の会・元気塾会報」

このメルマガは、船井総研の村上先生と共同して開催する「百匹目の猿の会」
の例会「元気塾」の報告を主としています。
毎回、船井流経営法を1つとりあげてセミナーしている材料をメルマガで公開
しています。

詳細はhttp://www.web-ami.com/hyappiki/mmag1.htmlをクリック!

===================================

小生が「成功の方程式」と勝手に名づけて、よくお客様にご紹介するのが、
下記の松下幸之助さんものと言われる「訓」です。

                   「訓」

       心が変われば、行動が変わる
       行動が変われば、習慣が変わる
       習慣が変われば、人格が変わる
       人格が変われば、運命が変わる

「セルフ・チェンジ」には必要不可欠なものです。何度も味わいましょう!

===================================

・発   行:有限会社エー・エム・アイ
・発行責任者:栩野 正喜
・所 在 地:〒545-0001 
       大阪市阿倍野区天王寺町北1-8-47-411
・連 絡 先:電話:06(6713)4161 Fax:06(6713)4162
・U R L:http://www.web-ami.com
・メ ー ル:info@web-ami.com

===================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-05-14  
最終発行日:  
発行周期:隔週  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。