経営

「愛語回天」花まる人生塾

「愛語回天」は、相手を思ってかけた言葉は「人生」を変える力が
ある事です。あなたに「花まる人生」のヒントを贈ります。

全て表示する >

「愛語回天」花まる人生塾 Vol.19

2005/03/04

===================================

        ◎◎ 「愛語回天」花まる人生塾 ◎◎

    このメルマガで「気づき」して花まる人生に踏み出そう!

        2005年 3月 4日 発行 Vol.19

===================================

◆「経験は栩野君の財産だ!」

この言葉は、恩師と尊敬する十河和吉さん(元、公文USAの社長、トヨタ時代の
上司)がアメリカからの手紙で書き送ってくださったものです。

よく「ルール化」と言いますが、私は

  「ルール化」=Σ(経験)

という風に理解しています。


その「経験」をまとめて客観的な存在「資料」化しておき、それらの「資料」を
まとめると共通項なりが浮かんで来て「ルール」になると思います。

「経験」を積むごとに「ルール」が少しずつ変化していきます。

しかし、数式を無限大(∞)にまで経験を積み重ねるとそのルールが普遍化する
ものです。

ところが、現実の世界では「環境」というものがドンドン変わって行きますので、
普遍化するまでの時間がないものなのです。

不確定な要素を持ちながら「仮説」を実際に「検証」し続けることになります。

この不確定な要素を内に孕みながら「意思決定」して前に進んで行くには、
大きな勇気と意地と根性が必要になります。


私は、この世の中は、どんな悪い手を打っても相手がさらに悪い手であれば「勝つ」
ことができるという事を心にもっておくべきだと思います。

攻める勢いを絶やすとどんな良い手であっても陳腐化して、最後には、最悪の手に
なってしまうのです。


私の「経験」が財産という事ですが、それは、上述のように「不確定要素」を持ち
ながら「勝負」するという「経験」なのです。

「頭」で考えて十分に熟考した上で手を打つのではなく、それこそ「走り」ながら
刻々と手を打っていくと言うものなのです。

もちろん、判断の基準の中に過去の経験を参照しているのですが、そればかりが
全てではないので「リスク」を背負いながら決断しているのです。



◆完璧な設計図に向かう

ところが、他人はそんな「走り」ながらというのでは追随できないものです。

よく「ビジョンくらいは共有する方がよい」と言いますが、そのビジョンも単なる
「夢」的なものでは誰も確信してくれるものではないのです。

では、「ビジョン」をどこまで詳しく描く必要があるのかと思います。

大きなビルを建設するには、完璧な設計図があって欲しいのですが、実際には、
局面ごとに「設計変更」がかかっているののです。

「完璧」ということは人間社会にはないと言えるのです。


では、どこまで「不完全」でも良いかという課題になります。

私は、相互に「イケル!」と確信もてる段階でよいと思っています。

「イケル!」はDNA(自分、組織風土)が反応しているシグナルです。


この「イケル!」を共有して「完璧」に向かって相互に協力して進んで行くという
考えなのです。



◆「時流観」で事例主義から脱出

「事例」は、成功であれ失敗であれ、いろんな事を教えてくれるものです。

ところが、「事例」は必ずも繰り返すというものではないのです。

そこがポイントなのです。


「事例主義」になるとルーチン化してしまうので、ルーチンで動く「官僚」みたい
な世界では有効なものです。

少々、時代からズレていても「官僚」であれば、許されるものなのですが、
これが一般社会では、失敗となって跳ね返ってくるケースが多くなるのです。


「時流」観を持ち、時代の流れを先読みしながら「事例」という過去を修正して
行くことがポイントになります。


これからどうなるかという時流観ですが、たいていの場合、不確定なのです。

そして、多くの場合、「先手必勝」であるのです。タイミングが遅れると「2番手」
になって、後塵をかぶることになります。

「不確定」を必ず「確定」にする姿勢が必要なのです。

・・やり続ければ、必ず、実現できる!
・・失敗はあきらめた時にくる!
・・挫折というものも「あきらめ」が引き起こす!

などなど「信念」がポイントになります。


以前に「道」と言う事をご紹介しましたが、「不確定」な「イケル!」を「首」を
かけてやり続けることにつながります。


◆「人生一路」

「人生一路」という歌がありますが、歌詞はひばりさんの弟のかとう哲也さんが

  一度決めたら二度とは変えぬ
  これが自分の生きる道
  泣くな迷うな苦しみぬいて
  人は望みを果たすのさ

  雪の深さに埋もれて耐えて
  麦は芽を出す春を待つ
  生きる試練に身をさらすとも
  意地をつらぬく人になれ

  胸に根性の炎を抱いて
  決めたこの道まっしぐら
  明日にかけよう人生一路
  花は苦労の風に咲け

と書いています。

案外、そんなものだと分かっているのですが、ややもすると自分の意志の弱さで
崩れてしまうものですね。

私は、この歌が好きです。



===================================

◆あとがき

奈良のお水取りが始まりましたが、本日、関東は雪のようです。
大阪も雨が降っていて寒い一日です。

でも、着実に「春」を感じることが多くなりました。
昨日は、奈良で「梅」が開花しているのを見ました。

また、新入学、新入社員とフレッシュな人が多くなっています。

「何か」新しいことにチャレンジしないと時代に遅れるのも事実ですね。
私は「プチ変身」と言ってチャレンジを楽しんでいます。

自分のDNAが反応する「やり続けられる事」と出会えば、新しい自分になって
行きます。

私は、大手のコンサル会社に属さずにやって来ましたが、こんな生き方でやって
いますが、皆様の「ヒント」になれば幸いと思います。

                              栩野(とちの)

===================================

■ビデオ・メッセージ

2004年4月から、当社のホームページから毎月「ビデオ・メッセージ」を
配信しています。http://www.web-ami.com/video/index.html をご覧になって
ください。

===================================

◆【花まる主義:繁栄の7法則】

第1法則:「夢」を持つ(着眼点をsharpに、着手点をコツコツと)

第2法則:「キラリ」を発見(DNA)

第3法則:「DNA」に「磨き」をかける(改善&小投資)

第4法則:「テコの原理」をメイク(ビタミン化)

第5法則:「好きな事」=「仕事」化

第6法則:「定点観測」でセルフ・チェック
     (気づき:刻々変化:シフトチェンジの法則)

第7法則:「花まる」主義でイキイキ(パワフル化)

これら7つの法則は、当方のオリジナルです。著作権は当社に属します。

===================================

◆無料メルマガ「百匹目の猿の会・元気塾会報」

このメルマガは、?船井総研の村上先生と共同して開催する「百匹目の猿の会」
の例会「元気塾」の報告を主としています。
毎回、船井流経営法を1つとりあげてセミナーしている材料をメルマガで公開
しています。

詳細はhttp://www.web-ami.com/hyappiki/mmag1.htmlをクリック!

===================================

小生が「成功の方程式」と勝手に名づけて、よくお客様にご紹介するのが、
下記の松下幸之助さんものと言われる「訓」です。

                   「訓」

       心が変われば、行動が変わる
       行動が変われば、習慣が変わる
       習慣が変われば、人格が変わる
       人格が変われば、運命が変わる

「セルフ・チェンジ」には必要不可欠なものです。何度も味わいましょう!

===================================

・発   行:有限会社エー・エム・アイ
・発行責任者:栩野 正喜
・所 在 地:〒545-0001 
       大阪市阿倍野区天王寺町北1-8-47-411
・連 絡 先:電話:06(6713)4161 Fax:06(6713)4162
・U R L:http://www.web-ami.com
・メ ー ル:info@web-ami.com

===================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-05-14  
最終発行日:  
発行周期:隔週  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。