映画

欧州映画紀行

ヨーロッパ映画専門マガジン。フランス映画を中心に、レンタルビデオで見られる欧州各国の秀作を紹介します。作品中の町並みや物語を通して、家にいながら欧州旅行をしてみませんか? 作品理解に役立つコラムも充実。

全て表示する >

[欧州映画紀行] No.149 向かいの窓

2007/10/18

=========================================================

 欧 州 映 画 紀 行 
                No.149   07.10.18配信
=========================================================

「ここじゃない何処か」に行ってしまいたい、あなたのための映画案内。
週末は、ビデオ鑑賞でヨーロッパに逃避旅行しませんか?
フランス映画を中心に、おすすめの欧州映画をご紹介いたします。

★ このままでいいのかと悩む、すべての人に ★

作品はこちら
------------------------------------------------------------
タイトル:『向かいの窓』
製作:イタリア・イギリス・トルコ・ポルトガル/2003年
原題:La finestra di fronte 英語題:Facing Windows

監督・共同脚本:フェルザン・オズペテク(Ferzan Ozpetek)
出演:ジョヴァンナ・メッツォジョルノ、マッシモ・ジロッティ、
   ラウル・ボヴァ、フィリッポ・ニグロ 
-------------------------------------------------------------

『melma!』でお読みの方へ
メールの最後に
<■今回の記事はいかがでしたか?
┃下記ページより、あなたの評価をつけてください!>
という欄があります。
こちらのURLをクリックして、評価をいただけると幸いです。
コメントもつけられます! よろしくお願いいたします。


■STORY&COMMENT
ローマで、夫と二人の子供と暮らすジョヴァンナは、毎日の生活に疲れ気味。
お菓子作りを仕事にしたいという夢を持ちつつも、忙しさや経済的な問題から
実現できない。密かな楽しみは、窓から向かいのアパートのかっこいい男性を
眺めることだ。
そんな折り、町で記憶喪失で迷子になった老人と出会う。人のよい夫が家に連
れてきてしまい、他人を警戒するジョヴァンナは、またもや夫と口論ばかりの
日々に突入する。

劇場未公開作品がDVD化されたもの。パッケージデザインとあらすじ(向かい
の窓の生活をのぞく)から、エロティック・サスペンスものだったら、私は苦
手だけどなー、と半信半疑で観てみたら、とっても良心的に現代人の生活や葛
藤を描いた作品だった。劇場でやっても成功したんじゃないかと思う。(ひょっ
としたらエロティック・サスペンスの方が「成功」はするのかな)

名前が「シモーネ」としかわからない迷子老人の素性の謎と、向かいの窓の住
人を密かにのぞく話、そしてお菓子を作りたいと願うジョヴァンナの夢、どれ
が中心になるんだろうか、と冒頭はテーマの定まらなさに、ちょっとやきもき
した。
だけど、すべて観たら、どれが中心? なんてことを気にしていた自分がバカ
みたいに見えた。

すべては、閉塞感のなかにいるジョヴァンナの身に起きること。わかりやすく、
「ただ今からこれがテーマです」とばかりに、ことが起きたりはしないものだ。
バラバラに見えていた要素が、少しずつ絡み合い、ていねいに人物と心情が描
写されていく。
徘徊するシモーネに鉢合わせた<窓の彼>ロレンツォは、ジョヴァンナととも
にシモーネの素性解明に乗り出し二人は急接近。シモーネの途切れ途切れの記
憶からは、お菓子づくりに詳しいことがうかがい知れ、ジョヴァンナを助ける
ことになる。

好みが分かれるかもしれないが、ジョヴァンナの最終的な選択が、リアリティ
があって前向きで、私は好き。何かにイラついたり、壁にあたっていたり、単
調さに嫌気がさしている人は、勇気づけられるだろう。

■COLUMN
映画の冒頭、「マッシモに」と献辞が掲げられる。シモーネ役のマッシモ・ジ
ロッティが、撮影後に亡くなり、本作が遺作となってしまったため、彼に捧げ
ることになったのだろう。

寡聞にしてこの俳優を見たのははじめてだったけれど(たぶん)、シモーネが
呆けているときと、記憶や意志がしっかりしたときと、顔つきの違いを微妙に、
でも確かに演じ分けて、さすがベテランの俳優のすごみだ、と感心した。

シモーネ(本当は、シモーネではないことが後半に判明するのだけれど)は、
呆けているときも、しっかりしているときも、迷うジョヴァンナの背中を押し
たり、落ち着く助言を与えたりする。
彼の存在感がなければ、この映画は成立していないだろうから、遺作となった
作品として、マッシモに捧げることになったのは当然だとも思う。

人生のベテランから繰り出される言葉だからか、彼の俳優としてのうまさなの
か、一つひとつに説得力があって、「あ、言われちゃったな」と、心にささる
言葉がいくつもあった。

夫との関係に疲れたジョヴァンナに「情熱にまかせていた愛が、時を経て熟成
していくのは素晴らしい」(字幕の通りではないかもしれないが、原語はイタ
リア語でどのみちわからないから、だいたいの意味が合っていればよし)。
菓子作りに本格的に取り組むことに躊躇する彼女に、「無為に生きるのではな
く、よりよい人生にする必要がある」。

とりあえず問題なく生きている人でも、現代人は必ず、このままでいいのか、
これをしようか、あれをしようか、とにかくいろいろなことに迷っているもの
だ。もちろん私だってそうで、だからこそ、こういう言葉にぐさっとやられて
しまう。
迷ったとき、迷うことにもいい加減めんどくさくなったとき、心から引き出し
てきたくなる言葉を、記憶できたことも収穫だった。

■DVD INFORMATION
向かいの窓
価格:¥ 2,993(定価:¥ 3,990)
http://www.amazon.co.jp/dp/B000SXO95Q/ref=nosim/?tag=oushueiga-22

---------------

感想・問い合わせはお気軽に。

何故だか、最近、予約録画にやたら失敗する筆者へのメール
enaout@infoseek.jp

「欧州映画紀行」ホームページ
http://mille-feuilles.hp.infoseek.co.jp/cinema/

バックナンバー
http://mille-feuilles.hp.infoseek.co.jp/cinema/back/

編集・発行:あんどうちよ

全体の内容に変更を加えない「転送」は自由ですが、
転載には許可が必要です。
一部分を引用する場合には、連絡の必要はありませんが、
引用元を明記してください。

Copyright(C)2004-2007 Chiyo ANDO

---------------

このメールマガジンは
『melma!』http://www.melma.com/ を利用して発行しています。
マガジンID:00115276
登録解除はこちら http://www.melma.com/backnumber_115276/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-05-06  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2007/10/18

    まだ読み始めたばかりですが、丁寧な紹介とコメントに好感を抱きました。あまり取り上げらないマイナーだが良質の映画をこれからも紹介してください。