その他教育

知的生活どっとこむ/これが事の本質

800字程度のコラム。海外生活通算11年間のキャリアで、バッター「日本」に向かって真剣勝負。東京/阿佐ヶ谷在住。40才。10・8才男児の父。銀行員。総発行部数2000部。

全て表示する >

知的生活どっとこむ

2001/10/02

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■総■発■行■部■数■■2900部■■■
■     知 的 生 活 ど っ と こ む / こ れ が 事 の 本 質
■■     発想・創造力 + 洞察・思考力で日常生活の「惰性」に逆らう!
■■■   【第132号】  2001年10月2日(火)発行 (週数回発行)
■■■■     テーマ:  『日米逆転!?』
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■転・送・歓・迎■■
◎「今回の素材」

街に星条旗があふれ、「God blesses America.」というフレーズもよく耳にする。 
テロは正当化されるものではなく、犠牲になられた方は大変気の毒だと心から思う。
が、事件以後異様に盛り上がる愛国心・主戦論にはちょっと・・・・(意図的?・一
方的?・単純すぎ?)。 「God」「God」の連呼を聞いて、アメリカこそ基本的にキ
リスト教をベースにする「神の国」だったのだと今さらながらに思う。 また、ブッ
シュ大統領の支持率も小泉首相を上回るほどになった。 アメリカが「多様性」の国
から「一様性」の国に大変身・・・。

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽
◎「今回の製品」

面白いことに、今回の事件に関しては「一様性」の日本の方から「多様な」見方が発
せられているように思う。 「CIA陰謀説」、「十字軍以来の西洋VSイスラムの
文脈での理解の必要性」、「アメリカは過去に過去に援助した所といつも戦うことに
なるという歴史の繰り返し」、「アメリカの軍需産業の戦争待望説」、「中東でのコ
ントロールド・テンション(制御できる緊張状態)構築説」、「日本は西洋とイスラ
ムの仲介をするべき」などなど。 ところで、話はそれるが、長男によると、クラス
20人のうち少なくとも4人はユダヤ人とか。 そう言えば、先週ユダヤのお祭りの
日だったが、その日は、ニューヨークの街中の人通りが少なかった(なんと小学校も
休み)。 アメリカも一皮向けば深いところに宗教(ユダヤ教・キリスト教)が横た
わっているような気が最近してきた。 ところで、アメリカの正義って何? イスラ
ムの正義って何? 国家・宗教・文明・軍隊・経済って、結局の所何だ? なんて考
え込んでしまう今日この頃・・・。

======================================
<ひとこと> 公私ともバタバタして発行が途切れていました。

■■■知■的■生■活■ど■っ■と■こ■む■■■■■■■■■転・送・歓・迎■■
■○H P: http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Namiki/1448/
■○M L: intellectual-life@egroups.co.jp (HPから登録後)
■○BBS: http://irukabbs.com/cgi-bin/a1/iruka.cgi?hidetoh
■○メール: HidetoH@msn.com
■○発行所: melma!-11518 まぐまぐ-36287 Pubzine-6509 Macky!-hideto
■○兄弟誌:「銀行業務管理技術/バランスシートに着目」まぐまぐ-65070他
■○兄弟誌:「骨太えっせー/ニューヨーク発」まぐまぐ-67605他
■○発行者: はしもとひでと ニューヨーク在住 38才 8・6才男児の父
■○その他: 創刊00年6月1日 メルマガ・MLの入退手続はHPからどうぞ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■M■L■■60人■■■■■

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-05-28  
最終発行日:  
発行周期:週1回程度  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。