経営

ITでらくらく建設業

現場監督のできるITコーディネータが現場・建設業によく効くIT関連情報を提供するものです。建設業関連におつとめの方、建設業に興味のある方、ぜひご一読下さい。

全て表示する >

ITでらくらく建設業 Vol.700(17/10/13)

2017/10/13


 おはようございます。森下です。

 このメルマガも700回を迎えることができました。13年半での
達成です。ここまでこれたのもひとえにみなさんのおかげです。本
当にありがとうございました。

 最近の投稿は私の支援状況のために少しITや建設業から離れた
感じがするところがあると思いますが、決して無関係ではありませ
ん。他業種を支援してわかることが建設業の良さや悪さであり、施
主さんが本当に望んでいる建設物とはという顧客目線での意識です。

 これからも脱線しながらもできるだけ続けていきたいと思ってい
ます。よろしくお願いします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
・現場でIT(3週間に1回)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃このコーナーでは、現場で使えるITを実例を踏まえてご紹介┃
┃します。「現場でIT」「建設業を取り巻くIT」「建設業に┃
┃役立つホームページ」を週替わりでご紹介します。     ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
G234 建設業におけるクラウドサービス(その8)

 今回も引き続き建設業におけるクラウドサービスについてお話し
します。今回はサービス利用に対するリスクとのその対策について
お話しします。

 初回にクラウドサービスのデメリットとしていくつかのリスクを
紹介しました。

 ・ネットへの接続が切れるとサービスが利用できない
 ・セキュリティ面での心配がある
 ・サービスがなくなる可能性がある

 当然、こららクラウドサービスのリスクに対して、何らかの対策
を立てておく必要があります。

(1) ネットへの接続ができない

 基本的には複数の接続環境を持っておくことが対策になります。
通常の利用は常時接続の光回線で環境を構築しておきます。ただし、
緊急時用に低価格の携帯回線による接続環境を用意します。こちら
は、通常時は使わないのではなく、営業や現場等外部で利用するよ
うにしておき、緊急時にはその回線を利用するということです。

 物理的な断線のことを考えると全部携帯回線のような無線のほう
が有利なように感じますが、速度の安定性や通信量にたいする安心
感を考えると有線と無線の組合せを実施することをお勧めします。

 建設業の場合は、現場用でいくつか用意する必要があるので緊急
用という意識より、現場用を社内用にでも使える準備(モバイルル
ーターのクレードル)をしておけばいいと思います。

(2) セキュリティ面での心配がある

 こちらはいろいろな面があります。事業者側のセキュリティ体制
によってはこちらがいくら頑張っても情報漏えいしたり、攻撃を受
けてサービスが利用できなくなることがあります。これに対する対
策はデータのバックアックです。もちろん、自社側のセキュリティ
対策としても有効なので、まずはここから始めましょう。

 次に自社側のセキュリティ体制です。IDやパスワードを誰も見
れるようなところに貼るなんてことは論外ですし、わかりやすいパ
スワード設定も×です。そもそも、自社のパソコンが共有だからと
いってパスワードなしで使える状態にしているなんてことをしてい
ると誰もルールを守りません。個人個人のバックアップもそうです
が、常日頃から啓もう活動を行うとともに気を付けるのが当たり前
の環境を整えましょう。

 また、ソフトウェア面でもクラウドだけでなく、フリーソフトも
含め、会社で推奨していないアプリ、サービスは利用させないよう
にすることも大切です。

 回線での不正アクセスによる対策も必要です。通信手順はSSLによ
るサービスを利用するとして、無線環境でのセキュリティコードは
複雑で一部の管理者以外は見ることができないようにするなどの仕
組みを準備しましょう。

(3) サービスがなくなる可能性がある

 サービスが一時的に利用できない場合ではなく、根本的にサービ
スが終了するケースです。比較的利用者が多いサービスでも企業側
の方針や統合、買収等でサービスがなくなることは少なくありませ
ん。

 特にフリーミアム(基本は無料で追加が有料)といったサービス
の場合、利用者の多くが無料のために採算が取れなかったというこ
とが往々にしてあります。決して、みんなが使っているから安心と
いうわけではないことを常に意識しておきましょう。

 バックアップはセキュリティ面でも行いますから、良しとして、
代替サービスを探しておくことが対策となります。もちろん、機能
的に劣る場合もありますからどのような機能が利用できなくなるの
かは把握しておき、もしもの時に利用者にアナウンスできるように
しておきましょう。

 また、業務での主要な役割を担っている場合は、紙ベースや口頭
ベースといったアナログ的な解決策も検討しておくことが大切です。

 掲示板的な機能はホワイトボード、メッセージツールなら連絡メ
モで代用はできます。速度や情報量が落ちるといってもないよりは
絶対にいいです。転ばぬ先の杖を用意しておきましょう。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
・略語勉強会
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃このコーナーでは、建設業・ITに係わる略語をわかりやすく┃
┃説明します。                      ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
R700

 UEBA(ユーイービーエー)
 (User and Entity Behavior Analytics)

 直訳すると利用者と実態の振る舞い解析とちょっとわかりづらい
ですが、実態はシステムと置き換えてユーザーとシステムの挙動解
析ということになります。セキュリティ対策の一つとしてユーザー
やシステムの異常な行動や不正な活動を知るための分析技術のこと
を指します。機械学習を使ったAIを利用します。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-04-30  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。