教育問題・教員

山けんの神道と教育メールマガジン

産土(うぶすな)とは大地をたたえ、いのちを大切にする心なのです。元小中学校の教師で神職の資格をもつ山けんが産土の心を子どもたちや親に伝えていくことが、日本の教育を豊かにしていくものだと信じております。

全て表示する >

山けんの神道と教育

2004/08/20

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
                         
      
         山けんの神道と教育メールマガジン
            第11号              
           (隔週発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
 
こんにちは。発行者の藤尾玖美子です。

お盆休みも終わって、いかがお過ごしですか?

わたしは連日オリンピック観戦に余念がないです。(もちろんTVです)

これだけのメダルラッシュになるとは、すごいですね〜

日本人もメンタルトレーニングが進んでいる証拠なのか、プレッシャーや
メンタル的な部分に強さが出てきたなぁと思います。

そして、有言実行の水泳 北島選手、柔道の谷 亮子選手など、かっこいい
ですよね〜 
ほんと、素晴らしいです。

私は個人的には、卓球の愛ちゃんの試合を食い入るように見てましたね。
卓球もものすごく駆け引きがあって、ちょっとの心の乱れがすぐに結果に
出てしまう、繊細なスポーツだなぁと改めて発見でした。

皆様はどんな風にご覧になってますか?

天命カウンセラーの山けん先生と一緒に、産土(うぶすな)を
世の中に広めようと、 ホームページやメルマガ、神道と教育講座などを
開催し、日夜勉強させて頂いています。


そんなわたしの天命は『人を開運するためのサポートをすること』です。
そして、人が開運していけば、神仏や大自然のご開運ともつながっていくのです。

自ら開運したい!成長したい!と願う人には、
とにかく結果が出るように親身になってアドバイスします。

こんなすごい開運法は他にはない!と思い、少しでも多くの人たちに、
開運してもらうお手伝いが出来たら・・・と思い、このメールマガジン
を発行させて頂いてます。

関連HP

神社をご開運して、自分も開運しよう!
http://www.ilu-net.com/kojin/jinja.htm 

行列のできる開運研究所
http://www.ilu-net.com/kojin 

■□■□━━━神さまについてのお勉強 ━━━━━━━━━━━━■□■□


            【神のご開運を祈る】

「神のご開運を祈る」というと
「神は開運をしてくれる存在で、人間が神の開運を祈る必要はないのでは?」
「人間が神のご開運を祈るというのは、何となく恐れ多い気がするが?」
とお考えの方も多いと思います。

これは、神というものをどうとらえるかによって違ってきます。

神は絶対の神で、人間はあくまでも造られた存在だとすると神と人間との間に
分離があり、あまりにも遠く高いところに神がいるとイメージしてしまいます。

つまり、神を完全なものとしてより高く尊く祭り上げることで、観念的、形而上
的にとらえてしまい、だんだん神というものがわからなくなってしまうのです。
わからないものには、人間は親しみを抱きませんよね。


一方、神を親ととらえると、神は遠い存在ではなく、もっとも身近な存在となり
親子としてのあたたかい交流が生まれます。

親である神は、子である人間(子神)を助け育み守ろうとします。
子である人間は、いつも世話になり、大好きな親である神に対して、どうしたら
喜んでもらえるか・・・考えます。

親が子どもから「おかあさん、いつもありがとう・・いつまでも元気でいてね」
「おとうさん、大好き!仕事がんばってね・・」と言われると、疲れも吹っ飛ん
で元気になってしまいますよね。

子どもは親に「せめてもの恩返し」(親孝行)をしているわけです。
どうせなら、絶対神より、親神という風にとらえたほうが感動・感激があり、心
も元気になりますよね。

この「せめてもの恩返し」(神孝行)が神のご開運を祈るということなのです。

「神さま、いつもありがとうございます・・・」
「神さま、大好きです!」「神さま、とってもステキです!(特に女神さま)」
「大好きな神さまの、いやますますのご開運をお祈り申し上げます!」

こういう風にお祈りすると神さまはピカピカ輝きを増し、その力で今度は人間を
開運させていくのです。

神さまと人間は持ちつ持たれつの関係であり、人間の思いが明るくて素直で感謝
があれば、神さまもどんどん元気になるというわけですね。

そのためにも、私たちひとりひとりが毎日をありがたく生き、楽しく天命を歩ん
で神さま孝行していきたいものです。      
                             山けん

        [参考文献] 「太陽の神人 黒住宗忠」山田雅晴著


■□■□━━━山けんの神道と教育━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□

日本人は昔から、大自然を拝み、その恵みに感謝してきました。
大地にしっかり根をはった生き方をしてきたのです。

産土(うぶすな)とは大地をたたえ、いのちを大切にする心なのです。
私は産土(うぶすな)の心を子どもたちや親に伝えていくことが、
日本の教育を豊かにしていくものだと信じております。

そのために少しでもお役に立つことが私の天命だと思っています
では、私の思っていること、感じたことをお話します。

       
      うぶすな教育コミュニティー代表   山本 賢介

*-・-・-*-・・--*-・-・-*・-*-・-・-*-・-*-・-・-*・-・-*-・-・-*-・・--
         【 大 丈 夫 】


今日の給食は子どもたちの大好きな肉じゃがです!

早く食べたいので、みんなの目が輝いています。

量が多かったり、少なかったりすると不満がでるので
給食当番に代わって、私が肉じゃがを入れることにしたのです。

あと、2割ほど残っていたときのことです。

「ドカン!」と音がして、にくじゃがは床にまっさかさま・・・・・
実は私の手が当たって、容器がひっくり返ってしまったのです。

おかわり用としてキープしていた分は、すべて水の泡。。。。
(食い物のうらみはおそろしいのだ!)

「しまった!」「子どもたちに申しわけない!」と思っている私に

ある男の子が「先生!大丈夫・・・・・」と声をかけてくれたのです。

その子は大の給食好きで、おかわり命のような子です。
心の中ではきっと!
「何てことしてくれたんだ!ぼくのおかわりはどうしてくれるんだ!」
と思っていたことでしょう・・・・・

その気持ちがわかるだけに、その子の言った一言で
私の胸はいっぱいになりました。

「先生!大丈夫・・・・」には心配の大丈夫?と
「先生!大丈夫!みんな許してくれるよ!」の
二つとも感じることができたのです。

本当にありがたい、すごい一言でした!

反対の立場なら、私は
「しっかり見てないから、そんなことになるんや!」
と小言をいっていたことでしょう。

感動したので、心から「ごめんなさい・・・・・・」 と言いたくなり、
子どもたちに謝りました。


しくじったときは、だれでも落ち込んだり、ときには自分を責めたりしてしまいます。

しかし、自分が悪かったことはわかっているのに周りから批判されたりすると
落ち込むか、言い訳をするか、最近では逆切れをするか、という結果になってし
まったりします。

そんなときこそ、心配してくれたり、応援してくれたりすると
素直に反省できるんですよね。


この「先生!大丈夫・・・」の一言のおかげか?私を責める子どもは
誰ひとりいませんでした。

また、ある女の子はさりげなく・・・「先生!ぞうきん持ってきます!」と、
廊下にでていくのでした。

みんなとってもやさしいのです・・・・・


おかげさまで子どもたちからまたひとつ学ばしていただきました。

みなさんも反省をうながし、元気をあたえるありがたい言葉・・・・・

「大丈夫・・・・・」を使ってみてはいかがですか? 


■□■□━━━講座のご案内━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□

        秋期 開運勉強会 in 大阪  

開運に興味のある貴方は必見!
山けん先生と一緒に、いろんな開運についての、勉強をしませんか?
一日講座や前回の開運勉強会の受講者も、どんどん参加してください。 

今回も第2・第4火曜日の夜で、6回で修了とします。

日時:1回目 2004年9月 7日(火)開場18:30 19:00〜21:00
   2回目      9月21日(火)開場18:30 19:00〜21:00  
   3回目     10月12日(火)開場18:30 19:00〜21:00  
   4回目     10月26日(火)開場18:30 19:00〜21:00   
   5回目     11月 9日(火)開場18:30 19:00〜21:00  
   6回目     11月23日(祝)開場13:30 14:00〜16:00
   ※6回目の後、希望者による懇親会(なおらい)を行います。勉強会のお申込時に一緒に
    お申し込み下さい。 

テーマは、まだ決まっていません。その時に最適なテーマでお話しします。

単発の参加やご都合の合う日だけの参加もOKです。
でも、できれば6回通して参加された方が、話の流れもつかめて絶対お薦めです!

場所:大阪市立総合生涯学習センター(梅田の大阪第2ビル5F)第3研修室

会費:3,150円(税込)

定員:30名限定(先着順)

講師:山本賢介先生
主催:開運研究所ILU(エル)

お申し込みは、お早めにメール kaiun@ilu-net.comで開運研究所ILU 藤尾まで
お名前・住所・TEL・メールアドレス・生年月日と、参加の日程・支払方法
を記載のうえ、お申込下さい。 

■□■□━━━プロフィール━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□
 
山本 賢介(天命カウンセラー)プロフィール 
昭和34年生まれ。高知大学教育学部卒。神社庁神職の資格を持つ。
21年間、公立小・中学校で教鞭をとる。
現在は教員生活でつちかった豊かな人間洞察をいかして、
うぶすな教育コミュニティー代表として、「うぶすなの心」をより多くの人
に伝えていくことを自分の天命とする。
そのために神仏と人間がともに開運していく天命カウンセリングや
開運勉強会、神道と教育の講演活動を展開中。
天命カウンセリングを受けた方々からは、行動の指針がよくわかり、
すっきりして元気になると評判が高い。

=================================================================== 
※産土神社・鎮守神社を調べたり、天命カウンセリングを受けたい方は

★関連サイト「神社をご開運して自分も開運しよう!」へ

     → http://www.ilu-net.com/kojin/jinja.htm

★ご意見・ご感想・お問い合わせは下記のアドレスでお待ちしてます!
           kaiun@ilu-net.com
発行責任者:開運研究所 ILU(エル)代表 藤尾玖美子  
文書提供: うぶすな教育コミュニティー代表 山本賢介 

★このメルマガは下記の発行システムを使用しています。
    : Melma!( http://www.melma.com/ )ID:m00114575
    : Macky!( http://macky.nifty.com/ )ID:122216 
    : めろんぱん( http://www.melonpan.net/ )ID:006574 
       : メルマガ天国( http://melten.com/)ID:18034

■□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-04-23  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。