教育問題・教員

山けんの神道と教育メールマガジン

産土(うぶすな)とは大地をたたえ、いのちを大切にする心なのです。元小中学校の教師で神職の資格をもつ山けんが産土の心を子どもたちや親に伝えていくことが、日本の教育を豊かにしていくものだと信じております。

全て表示する >

山けんの神道と教育

2004/07/30

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
                         
      
         山けんの神道と教育メールマガジン
            第10号              
           (隔週発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
 
こんにちは。発行者の藤尾玖美子です。

毎日猛烈に暑い毎日が続いてますが、皆様体調はいかがですか?
おまけに、また台風が来ているようです。それも今までにはない
東から西に向かってくる台風です。なんか変な感じですね。

今年は、九星気学では、五黄土星の年といって、
”天変地異、大事故に注意”が必要な年なのです。
イメージとしては、壊乱、天変地異、全滅、爆発 などがあります。

遡ると前の五黄土星の年は、阪神大震災や地下鉄サリン事件が起こった年
その前は、チョルノブイリ原発事故 その前は有珠山の噴火など、
五黄土星の年に大きな災害が起こっている傾向があります。

もうそろそろ今年も半分ですが、確かに、新潟、福井での大洪水災害は
まさに天変地異、全滅といったイメージでしたね。

脅すわけではありませんが、何事も”備えあれば憂いなし”ですので、
地震対策や水害など、何が起きてもある程度あわてず逃げられるように
準備だけはしておくことを、お奨めします。


天命カウンセラーの山けん先生と一緒に、産土(うぶすな)を
世の中に広めようと、 ホームページやメルマガ、神道と教育講座などを
開催し、日夜勉強させて頂いています。

山けん先生との出会いのいきさつなどについては、創刊号に詳しく書きました
のでバックナンバーをご覧ください。

そんなわたしの天命は『人を開運するためのサポートをすること』です。
そして、人が開運していけば、神仏や大自然のご開運ともつながっていくのです。

自ら開運したい!成長したい!と願う人には、
とにかく結果が出るように親身になってアドバイスします。

こんなすごい開運法は他にはない!と思い、少しでも多くの人たちに、
開運してもらうお手伝いが出来たら・・・と思い、このメールマガジン
を発行させて頂いてます。

関連HP

神社をご開運して、自分も開運しよう!
http://www.ilu-net.com/kojin/jinja.htm 

行列のできる開運研究所
http://www.ilu-net.com/kojin 

■□■□━━━神さまについてのお勉強 ━━━━━━━━━━━━■□■□

        【 神社と大自然 】

神社は、神さまにお会いして、交流させていただける場所です。

神社には、本殿がなく、拝殿の奥の三ツ鳥居から山そのものをご神体
として拝む奈良県桜井市にある「大神神社」や、本殿も拝殿もなく、
温泉の湯を噴き上げる赤茶色の岩石をご神体として、裸足で巨岩に登
って拝む出羽三山の「湯殿山神社」などもあります。

そこには古来より、大自然、いのちの営みの中に神さまを見出している
ことがわかります。

神社には鏡(真澄の鏡)があります。
そしてこの鏡は雲のような彫刻のほどこされた台座に支えられています。
これは太陽(朝日)が雲間からさし昇ってきたことをあらわしているの
です。
日本の代表的な神である天照大御神(アマテラスオオミカミ)は太陽神
であり、「鏡の化身」とされていました。
大自然、万物を生かしている太陽が信仰の基本になっているわけですね。

また、神社には、そばに川があるのが理想です。
それは、川で体を洗って、清めていたからです。

参拝の際に手を洗い、口をすすぐ手水舎(てみずや)=御手洗(みたらい)
は、川がなくても神さまに会う前に、自分の穢れ(けがれ)を清められる
ように用意されたのですね。
全国にある「御手洗」という地名や川は、実は神域だったのですね。

境内にはご神木とともに鎮守の森があり、海や湖をあらわしている神池
そして、動物である狛犬や神馬がおり、神さまが降臨する岩や庭園もあ
ります。
このようにみていくと、神社はまさに大自然そのものをあらわしている
ことがわかります。

すがすがしい神社は、境内の掃除がいきとどいて、いるだけで気持ちが
和らぎます。
地球という大きな神社があるとすれば、地球神社の境内の環境を汚して
ほしくないですね。

今は、国という視点より、「地球のため、大自然のため、人類のため」
に何ができるかを人間が智恵を出し合って、行動に移していく大切な
時期(天の時)だと思います。         
                        山けん


■□■□━━━山けんの神道と教育━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□

日本人は昔から、大自然を拝み、その恵みに感謝してきました。
大地にしっかり根をはった生き方をしてきたのです。

産土(うぶすな)とは大地をたたえ、いのちを大切にする心なのです。
私は産土(うぶすな)の心を子どもたちや親に伝えていくことが、
日本の教育を豊かにしていくものだと信じております。

そのために少しでもお役に立つことが私の天命だと思っています
では、私の思っていること、感じたことをお話します。

       
      うぶすな教育コミュニティー代表   山本 賢介

*-・-・-*-・・--*-・-・-*・-*-・-・-*-・-*-・-・-*・-・-*-・-・-*-・・--
          【おじぞうさまと大楠】

昔、教師の頃、子どもたちと社会見学で地域(大阪市旭区)の昔めぐりに行きま
した。
お寺や神社、京街道、千人塚を歩いて回るのです。

わたしが先頭を歩いていると、後ろで子どもたちがかたまっています。

「先生!ここにおじぞうさん、あるよ!」

子どもたちの目は私よりもはるかに注意深く、小さなおじぞうさまも見逃しません。

「オン カカカ ビサンマエイ ソワカ」(おじぞうさまのご真言)
「これを言うたらおじぞうさまと仲良くなれる!」
と子どもたちは唱えながら手を合わせているのです。

おじぞうさまの顔ばかり見ていた男の子は
「先生!かわいいおじぞうさまが3人で、こわいおじぞうさまが3人でした。」
と教えてくれます。

私も「いつも、地域を守っていただきありがとうございます。」と一礼しますが、
子どもたちのお祈りのほうが、おじぞうさまのハートをつかんでいましたね。


樹齢800年のしめ縄の張られた大楠や、いぼ大神のご神木を見た子どもたちの感想は

「あんなに大きな木をはじめて見ました。
大楠には神さまがすごくすごく宿っているんだな・・・・と思いました。」

「木を大切にしたいです。神さまを信じてがんばります。」

「ぼくのおばあちゃん、手術してまだお腹、治ってないねん。
そんでな・・・ぼくがこの木をさわっても、おばあちゃん、よくなるかな?」
と聞いてくるおばあちゃん思いの子もいます。

純粋な子どもたちの心にふれると元気が出てきます。


子どもたちがご神木に対して、畏敬の念をもち、手を合わしている姿をみて・・・

ある光景を思い出しました。



そうです・・・・宮崎 駿監督作品の「となりのトトロ」です。

あの作品には、大きな楠にすむトトロを親しみやすいキャラクターにしていますが、
トトロは大地の神さまであり、鎮守の大神さまそのものなのですね。

引越しすれば、まず鎮守の大神さまにごあいさつするシーンがあり、
困っている場面では、よくおじぞうさまが出てきます。

あるとき、サツキはおとうさんに渡す傘をトトロにあげて、トトロを喜ばせます。

そして妹のメイが行方不明になり、本当に困ったピンチのピンチで
サツキはトトロにお願いするのです。

トトロは猫バスをよんで、大好きなサツキとメイを助けるのです。
これがまさに神仏のご加護なのです。

この話は産土信仰のすばらしさ(大自然、神仏、人間の調和)を
実にわかりやすく、楽しく、おもしろく描いた私の超おすすめ作品です。

内容、映像、歌、言霊、どれをとってもここちよい神さまの波動が伝わってきます。

小さなお子様からお年寄りにいたるまでだれでも喜ばれる作品ですね。

みなさんももう一度「となりのトトロ」をじっくり見られてはいかがですか?


■□■□━━━講座のご案内━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□

        秋期 開運勉強会 in 大阪  

開運に興味のある貴方は必見!
山けん先生と一緒に、いろんな開運についての、勉強をしませんか?
一日講座や前回の開運勉強会の受講者も、どんどん参加してください。 

今回も第2・第4火曜日の夜で、6回で修了とします。

日時:1回目 2004年9月 7日(火)開場18:30 19:00〜21:00
   2回目      9月21日(火)開場18:30 19:00〜21:00  
   3回目     10月12日(火)開場18:30 19:00〜21:00  
   4回目     10月26日(火)開場18:30 19:00〜21:00   
   5回目     11月 9日(火)開場18:30 19:00〜21:00  
   6回目     11月23日(祝)開場13:30 14:00〜16:00
   ※6回目の後、希望者による懇親会(なおらい)を行います。勉強会のお申込時に一緒に
    お申し込み下さい。 

テーマは、まだ決まっていません。その時に最適なテーマでお話しします。

単発の参加やご都合の合う日だけの参加もOKです。
でも、できれば6回通して参加された方が、話の流れもつかめて絶対お薦めです!

場所:大阪市立総合生涯学習センター(梅田の大阪第2ビル5F)第3研修室

会費:3,150円(税込)

定員:30名限定(先着順)

講師:山本賢介先生
主催:開運研究所ILU(エル)

お申し込みは、お早めにメール kaiun@ilu-net.comで開運研究所ILU 藤尾まで
お名前・住所・TEL・メールアドレス・生年月日と、参加の日程・支払方法
を記載のうえ、お申込下さい。 

■□■□━━━プロフィール━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□
 
山本 賢介(天命カウンセラー)プロフィール 
昭和34年生まれ。高知大学教育学部卒。神社庁神職の資格を持つ。
21年間、公立小・中学校で教鞭をとる。
現在は教員生活でつちかった豊かな人間洞察をいかして、
うぶすな教育コミュニティー代表として、「うぶすなの心」をより多くの人
に伝えていくことを自分の天命とする。
そのために神仏と人間がともに開運していく天命カウンセリングや
開運勉強会、神道と教育の講演活動を展開中。
天命カウンセリングを受けた方々からは、行動の指針がよくわかり、
すっきりして元気になると評判が高い。

=================================================================== 
※産土神社・鎮守神社を調べたり、天命カウンセリングを受けたい方は

★関連サイト「神社をご開運して自分も開運しよう!」へ

     → http://www.ilu-net.com/kojin/jinja.htm

★ご意見・ご感想・お問い合わせは下記のアドレスでお待ちしてます!
           kaiun@ilu-net.com
発行責任者:開運研究所 ILU(エル)代表 藤尾玖美子  
文書提供: うぶすな教育コミュニティー代表 山本賢介 

★このメルマガは下記の発行システムを使用しています。
    : Melma!( http://www.melma.com/ )ID:m00114575
    : Macky!( http://macky.nifty.com/ )ID:122216 
    : めろんぱん( http://www.melonpan.net/ )ID:006574 
       : メルマガ天国( http://melten.com/)ID:18034

■□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-04-23  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。