経営

小売りの勝ち組・負け組

勝ち組と負け組の本質的な差を解明していきます。小売業も勝ち組・負け組が鮮明になってきました。勝ち組と負け組は何が違うのか、本質的な差、小売業としての実力の違いに迫ります。

メルマガ情報

メルマガ情報は非表示設定にされています。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■2006/4/19■■■■■■■ 小売りの勝ち組・負け組 <21号> URL: http://www.storeclinic.co.jp/



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 

 このメールマガジンは小売に従事している方、卸売、メーカー勤務の方に

 参考になると思います。

 勝ち組と負け組の本質的な差、小売業としての実力の違いに迫ります。



   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■勝ち組には有り得ない現象

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

  勝ち組には有り得ない現象に、

  

  1)汚いカウンター回り、2)段ボールの放置、3)通路への持ち込み什器

  

  があります。

  

  

  何故こういう現象が起きるのでしょう。

  全て理由があります。

  

  

  カウンター回りが雑然としてくるのも、段ボールの放置も理由は同じです。

  

  置いてあると便利、楽だからです。

  自分達の都合を優先させるとこうなります。

  

  こういう現象は店舗イメージにも売上にもマイナスの影響を及ぼします。

  

  

  通路に什器が持ち込まれるのは、店頭にはできるだけ多くの商品を並べる

  ことが売上の増加につながる、という発想で売場をつくるからです。

  

  でも、これは正しいでしょうか?

  正しくありません、間違いです。

  

  商品量が多いことのプラス面は、1.商品の選択肢が広がること、です。

  マイナス面は、1.歩行の邪魔になり不快なので滞在時間が短くなり、

  視認率が下がること、2.ごちゃごちゃとした印象を与え、イメージが

  下がること、3.嫌われるので来店頻度が低くなり入店客数が減ることです。

  

  トータルで判断すると、マイナス面の方が多く、結果として売上を下げる

  ことになります。

  

  

  勝ち組は、自分達の都合など二の次で、売上をどん欲に追求します。

  結果として、上記の様な現象が起こることは決してありません。

  

  

 

  ●ご意見・ご質問などお気軽にお寄せください。

   → magazine@storeclinic.co.jp



  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■VMDセミナーのお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  VMDセミナーを下記の要領で開催いたします。

  

  日時:5月16日(火)午後2時〜3時半(会場受付開始1時半)

  

  場所:機会振興会館 地下3階2号室(B3-2)

     住所:〒105-0011 東京都港区芝公園3−5−8

     電話:03−3434−8216〜7

     マップは以下でご覧になれます。

      http://www.jspmi.or.jp/syuhen.htm

      

  セミナーの内容のご確認とお申込は以下からお願いします。

  

   http://www.storeclinic.co.jp/seminar.htm

   





======================================================================

 購読の登録・変更・解除は、下記URLにてお願いします。



 『まぐまぐ』   

  http://www.mag2.com/m/0000129729.htm

 『melma!』     

  http://search.melma.com/cgi-bin/search.pl?query=m00114494

 『カプライト』

  http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/6524.html

  

   

 株式会社ショーアンドテル   URL:http://www.storeclinic.co.jp/

最新のコメント

  • コメントはありません。