釣り

Waters通信

モンタナ州の雄大な自然やフライフィッシング等の情報をお届けします。



全て表示する >

Waters通信

2004/07/15

   第5号    7月14日

 前回は前置きだけで終わってしまいましたが、釣り意外にも皆さんにお伝えしたいことが
たくさんあります。これからもこぼれ話的なものを書いていきたいと思っていますので楽
しみにしていてください。

 さて今回の釣りについてです。前回すでに紹介した1stメドウには3ヶ所のパーキングス
ペースがあり、川の入り口に近い方から1st、2nd、3rdパーキングと呼ばれています。初日
は2ndパーキングに車を停め、まず川の状況をチェックすることにしました。パーキングの
すぐ横を川が流れているので、すぐに釣りができるというメリットもあります。

 スタートしたのは9:00。朝薄暗いうちから川辺に立っている日本での釣りに比べて、
あまりにもゆっくりのスタートです。(気持ちは同じくらいあせっていますが)特にこれ
といったハッチはみられず、岸辺をごく小数のカディスが飛んでいたので、まずは#14の
エルクヘアカディスで様子をみることにしました。でも、釣れません。
 
 岸辺をうろつくこと1時間、少し大きめのフライに変えて目立たせてみようと思い、
#10のパラシュートホッパー(ホッパーとしては小さ目ですが)に変えてみました。バン
ク際を流してみると12inほどのカットボー(カットスロートとレインボーのあいのこで
す)が、元気よく飛び出してきました。まあとりあえず魚が見れたし、と安心して(少々
不満)さらにバンク際を流していくと、「ゴポッ!」先ほどの魚とは違う出方でアタック
してきました。結構よく引くカットスロートで、ランディングしてみると18in。丸々と太
った魚でした。

 気を良くして続けてホッパーを流していくと、17inほどのレインボウが釣れたのですがそ
の後が続きません。フライを見に来るが、「プイッ」っと引き返したり、ちょっとつつい
てみたり、からかわれているようです。そこで去年いい思いをしたビートルに変えて同じ
ところを流してみると、先ほどホッパーを無視した魚が何の迷いもなくフライを吸い込み
ました。これも18inの良く太ったカットスロートでした。

 その後しばらくは無視され続け、ちょっとだれてきたところで数匹のドレイクが水面を流
れてくるのが見えました。「これはいただき!」とばかりに、グレイドレイクのパターン
に変えて本物のドレイクが流れていたレーンを流してみると、底に定位していた魚がフラ
イめがけて急浮上してきました。17inカットスロート、19inレインボー、12inカットボー
とたてつづけに釣れ、顔の筋肉も緩みぎみに。

 ドレイクの流下は1時間ほどで見られなくなり、気分転換にプールでクルージングしなが
らライズしている魚を狙ってみることにしました。15ヤードほど沖にドレイクよりも小さ
く、淡い色合いのメイフライが流れていて、魚たちはそれを捕食していました。#16の
CDCダンに変えてライズの近くに投げてしばらくすると、おおきな口が開いて私のフラ
イが吸い込まれました。

 このプールではPMDのパターンでサイズを変え、色を変え使ってみましたが、17in〜
18inの魚を3匹釣ることできました。バラしたのはそれ以上ですが...

 昼食をとった後、流下はなかったのですがドレイクでもう一度釣りたくて、#12のロ
ーソンズパラドレイクをバンク際に流してみました。このフライはいかにもモンタナとい
う雰囲気があるように私は思います。で、どうしても使いたかったのです。
結果はというと、12inのカットボーが元気に飛び出してきました。さすがにおおきな魚
は騙されないようで、その後パラドレイクでは釣れませんでした。

 その後オリジナルのグレードレイクに変えて、少し流れのあるバンク際で17〜18in
位の魚を3匹かけて、少し早めに夕食をとることにしました。
車に戻る途中急に風が強くなったなと思い、振り返って空を見ると、南の方から真っ黒な
雲が押し寄せてきました。車についてまもなくまさにストームというような雨と風で、危
うくびしょ濡れになるところでした。後3時間くらいは釣りができると思っていましたが、
「もう今日はやめておけ」との天の声かもしれないと思って納竿。キャンプサイトに車を
移動し、明日の釣りに備えます。

 1stメドウの一番奥にはキャンプスペースがあり、ハイシーズンになると常にキャンパ
ーでいっぱいになります。私は、キャンプ場の端にある駐車スペースに車を停めて車中泊
します。寝るには少し早かったのですが、疲れていたのかすぐに寝つきました。

 朝目が覚めるともうすでに外は明るくなっていましたが、まだあたりは静かで他に起きて
いる人はいないようでした。みんなが起きてくる前に用事を済まそうと、さっそくトイレ
に。いつも感心するのですが、公園の中にあるトイレは何処もとても清潔で、トイレット
ペーパーも切らしていることもなく、手入れが行き届いています。使う人の心がけも大事
ですが、管理している人々の努力には頭が下がります。

 2日目の釣りについては長くなりそうですので、次回にします。

明日からは1週間ほどヘンリーズフォークに行ってきます。ですので、次回の配送は1週間
後です。スルークリークの2日目とあわせて、お伝えしますのでお楽しみに。

    パラシュートホッパー;body,タンカラーダビング
                        leg,フェザントテイル
                        wing,ターキークイル
                        hackle,グリズリー
                        post,カーフテイル
        
    ビートル;body,ピーコック、ブラックフォーム、レインボウシート
             leg,ピーコック

    グレードレイク;body,コックデレオンハックルストーク
                   tail,コックデレオン
                   wing,CDC(ナチュラル)
                   hackle,グリズリー

    CDCダン;body,ターキーorグースバイオット(グリーン、ぺールイエロー)
                    ソラックスはボディーにあわせた色のダビング
               wing,CDC(ナチュラル)
               tail,ハックルファイバー(ナチュラルダン)

    パラドレイク;body,エルクヘア(グリーン)
                 tail,    ”
                 hackle,グリズリー
                 post,カーフテイル、ジーロンetc.



 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-04-17  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。