釣り

Waters通信

モンタナ州の雄大な自然やフライフィッシング等の情報をお届けします。



全て表示する >

Waters通信

2004/07/14

   第4号  7月13日

 前号までは、とても読みにくい状態で失礼しました。 今回からは、ちょっとだけ読みや
すくなってると思います。  

 モンタナ州の南、ワイオミング州の北西部に位置するイエローストーン国立公園は、手付
かずの壮大な景色とそこにすむ野生動物の豊富さで、全米のみならず世界中の観光客に人
気のスポットです。 また、そこを流れる美しい川にすむ野生の魚たちが世界中のフライ
フィッシャーを魅了し続けていることは皆さんもご存知でしょう。

 実際この20年、私の心を捉えてはなさなかった写真はまさにこのイエローストーン国立
公園のものでした。 そしてこのあこがれの場所にはじめて立てたとき、釣りをするのも忘
れここにいられるだけで幸せだとおもいました。 今は目を血走らせて魚を追っかけていま
すが、ふとした時その景色の美しさに改めて感動し、ため息がでます。

 さて、今回はその公園の中のスルークリークです。

 私の住んでいる所からハイウェイ89を南へ走ること約40分、公園のノースエントランス
が見えてきます。 ゲートを抜けると急に上り坂となり開けた場所にでます。 ここがマン
モスホットスプリングスです。 ここは名前の通り、温泉が湧き出て段々畑のような棚を形
成している所で、一見の価値ありです。 マンモスホットスプリングスからタワージャンク
ション方面に向かって左に曲がり、さらに40分ほど走るとそこがスルークリークです。

 スルークリークは草原の中をゆったりと流れる川です。一番下流から、1stメドウ(草原
)、2ndメドウ、3rdメドウと呼ばれる3ヶ所に分けられます。 車は1stメドウまでしか行
けません。 1stメドウから2ndメドウまでは約2マイルほどですので、歩いて行って釣りを
することはできますが、2ndメドウから3rdメドウまでは9マイルほどあるので歩いて行くの
は無理です。 私もまだ行ったことはありませんし、 しかも熊に遭遇する確率も非常に高
いのでよっぽど詳しい人と一緒でないと行けないと思います。
 去年は、1st〜2ndの間も熊が頻繁に出没して立ち入り禁止になっていたくらいです。まさ
に、Wildlifeの真っ只中なのです。

 一般的によく紹介されているスルークリークは、メドウをゆったりと流れる部分だと思い
ますが、メドウとメドウの間の流れは日本の山岳渓流のような流れになります。 特に九州
の川のように大きな岩の間を流れる、どこか懐かしい景色です。 特に1stメドウから下流
のラマールリバーとの合流点までの間は、サイズこそ小さいのですが、元気な魚がフライ
めがけて飛び出してきます。 ピンスポットにフライをうっていくような釣りになります。
メドウでのシビアなサイトフィッシングに疲れたら、一度行ってみてください。きっと楽
しめますよ。

 ちょっと前置きが長くなってしまいましたので、釣行の様子は次回にします。
お楽しみに!

        WATERS;http://www.k-waters.com

        Hatchfinders Flyshop;http://www.hatchfinders.com
 
    ホームページのフォトアルバムもぜひご覧ください。       

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-04-17  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。