釣り

Waters通信

モンタナ州の雄大な自然やフライフィッシング等の情報をお届けします。



全て表示する >

Waters通信

2004/07/13

第3号

今日は、フロートトリップに備えて朝からフライを巻いてみました。カディスのハッチがすごいというのはすでに書きましたが、そろそろバッタも食われてるのでは?ということでパラシュートホッパーとフォームホッパーです。
 10時ごろにポールとモリーが迎えにきて、さっそく川へ! ハイウエイ89を南下すること40分で本日ボートをおろす、ポイントオブロックスという所です。ここから下流のエミグラントまで約6〜7時間かけて下ります。途中数ヶ所ボートをとめてウェーディングで狙ってみますが、さてどうなるでしょうか?
 ボートをおろしたのが11時30分で、もうすでに日は高かったのですが、今年のモンタナはこの夏の時期にあっていまだに風が冷たく、ボートの上から釣りをしていると少し寒いくらいです。実際朝夕は5〜6℃にまで下がります。去年は暑すぎて日中は釣りにならない日が多かったのですが、やっぱり異常気象なんでしょうか?
 川はまだ濁りがとれていなくて、状況はあまりよくなさそう。しかも風が強くて、ボートをこぐのは相当の体力と技術がいるでしょう。まあ、漕ぐのはポールとモリーなので安心してのっていられますけどね。彼らについてはハッチファインダーズフライショップのホームページに詳しく書いてありますのでご覧ください。私のホームページにリンクしてあります。
 さて、釣りです。しばらく釣り下ってみましたが、ホワイトフィッシュが1匹釣れただけで、結構タフな状況です。そこで、サイドチャネルと呼ばれる本流から別れた横の流れにボートをとめて昼食をとることになりました。このサイドチャネルは流れが緩く水面は穏やかだったのですが、しばらくボーっと水面を見ていると所々でライズが始まりました。
少し真剣になってみていると、日が陰るとパタパタっとライズして、日が出てくるとやめるという状況。空を見ると雲はまばら、チャンスをのがすわけにはいかないのでサンドイッチをたいらげてさっそく狙ってみることにしました。とりあえず、#20のスペントカディスを結んでキャスト。ライズの少し上流にうまいぐあいにフライが着水し、「よっしゃ!いつになくきまったやん」と思う間もなくあっけなくフライが吸い込まれました。すかさずあわせたのですが、一瞬魚の重みを感じただけでばれてしまいました。結構いい魚やったのに。結局この場所ではポールが16インチ位のきれいなカットスロートトラウトを2匹釣りました。
 本流に戻り、再びボートで釣り下ります。いくつかのフライを試した後、ポールがいいサイズのカットスロートを掛けました。「フライは?」、「オリーブヘアズイヤーパラシュートの#12」。このフライはイエローストーンリバーでは欠かせないフライで、特にグレーのヘアズイヤーパラシュートはアダムスパラシュートよりも反応が良いように思います。モンタナにくる予定の方はぜひ用意してください。私もヘアズイヤーパラシュート、ドロッパーにへアズイヤーニンフをつけてトライしたところ、ニンフでよいサイズのレインボウを釣ることができました。
 風も強く、濁りもとれていなかったのであまり良い状況ではなかったのですが、まずは魚を見れたということでよしとしましょう。
    
     ヘアズイヤーパラシュート:wing,ホワイトカーフテイル
                             body,へアズイヤー(オリーブorナチュラル)
                             rib,ファインシルバーワイヤー
                             hackle,グリズリー
                             tail,ムース
     
     へアズイヤーニンフ:head,ブラックパールビーズetc.(無しでも可)
                       wing case,ターキークイル、グースクイルetc
                       body,クリスタルダブ(グレー)
                       rib,コパーワイヤー
                       tail,フェザントテイルetc.

     スペントカディス:body,グースバイオット(ナチュラル)
     (スペントミッジ)wing,CDC(ナチュラル)

 次回は、イエローストーン国立公園を流れるスルークリークの様子をお伝えします。    

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-04-17  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。