工学

エンジニア+コンサルが日経を読む

今話題のテクノロジーとマネジメントの融合「技術経営(MOT)」。当メルマガ発行人は中小企業診断士でもある現役エンジニア。まさにMOTの視点で日経新聞を読み解きます。経営力をつけたいエンジニア必読!!

全て表示する >

【E+C:05/04/01】大機小機 新入社員を迎えて

2005/04/01

◆────────────────────────────
 Engineer   Engineer   Engineer   Engineer
◆────────────────────────────
◆      エンジニア+コンサルが日経を読む
◆          【E+C:05/04/01】
◆────────────────────────────
 Consultant  Consultant  Consultant  Consultant
◆────────────────────────────

みなさん、こんにちは。stkです。

「【E+C】エンジニア+コンサルが日経を読む」をご購読頂き、
ありがとうございます。

当メルマガは平日刊ですので、土曜・日曜はお休みを頂きます。
次は4月4日、月曜日にお届けする予定です。


■【今日の注目記事】

大機小機 新入社員を迎えて
(19面<マーケット総合>)


■【記事概要】

 本日から新年度である。各企業では、一斉に新入社員を迎える
華やかな日である。かつては、就職とは就社であり、個人にとっ
て会社と仕事とは不可分の一体的な価値観が支配的であった。


◆────────────────────────────
 Engineer   Engineer   Engineer   Engineer
◆────────────────────────────
■【エンジニアの視点】

 今日から平成17年度が始まる。私が新入社員だったのは13
年前。いつの間にやら13年もたったのだなぁと改めて思う。

 【記事概要】に書いたのは今日の注目記事の冒頭部分。この記
事(いや、エッセイと呼ぶべきかも)は、こう続く。

 「当然、1つの会社において勤めあげることが常識であり、会
社即人生であった。」

 私は今年38歳になります。「会社員」であった期間は13年。
人生のうち「会社員」であった期間が3分の1を超えたところと
いうわけ。

 まだ、「会社即人生」と呼ぶには少し抵抗を感じますが、この
まま会社に勤めつづけると、私の人生の中での「会社員」の期間
の割合は少しずつ増えていく。

 仮に60歳まで会社員であったとすると、その時点での私の人
生の「会社員割合(?)」は60%かぁ。ものごごろがつくまで
の期間を差し引くと、かなりの割合になるなぁ・・・。


◆────────────────────────────
 Consultant  Consultant  Consultant  Consultant
◆────────────────────────────
■【経営コンサルタントの視点】

 それにしても、こんなことの%を計算してみちゃうところが、
我ながら、根っからの理系人間というか、エンジニアっぽいとい
うか・・・^^;)。

 それはさておき、今日の記事の主題は、「若者の就職観の変化
に、日本企業は的確に対応できているのだろうか」ということ。

 「今の若者は、仕事と会社は別物と考えている。」「まず、仕
事の選択があった上で、会社は仕事を通して自己実現する場になっ
てきている」

 ここまではよく言われていること。さらに筆者の「六本木族」
氏はこう書いています。「一方で、仕事と私生活はむしろ一体化
してきており、自己実現のために彼らは寝食を忘れて働く用意は
あるのだ」

 この一文はちょっと新鮮な感じを私は受けました。そうなんだ
ろうか、というちょっとした疑問もないでもないですが。

 変化しているということを認識するのは大切だと思う。でも最
近の日本社会はある状態から別の状態に、単純に変化しているの
ではなく、均一な状態から1つの言葉ではくくれない「多様」な
状態に変わっていると私は思っています。

 なんでもあり、といってしまうのは無責任かもしれませんが、
いろいろな会社があって、いろいろな働き方がある、というのが
これからの時代なのだろうなぁと改めて感じました。


─────────────────────────────
●●●メルマガ発行者の方へ:相互紹介しませんか?●●●
お気軽にmail_to_stk@yahoo.co.jpまで!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご購読、ありがとうございました。


─────────────────────────────
意見・感想・質問等は mail_to_stk@yahoo.co.jp
 または私のblogへ http://stk.cocolog-nifty.com/motlabo/
購読登録・解除は上記blogから。
─────────────────────────────
電子メールマガジン
  エンジニア+コンサルが日経を読む【E+C】
発行責任者:stk
  mail_to_stk@yahoo.co.jp
─────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、全文を改変せずに転送・回覧ください。
Copyright (c) 2005  stk All rights reserved.

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-04-17  
最終発行日:  
発行周期:平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。