工学

エンジニア+コンサルが日経を読む

今話題のテクノロジーとマネジメントの融合「技術経営(MOT)」。当メルマガ発行人は中小企業診断士でもある現役エンジニア。まさにMOTの視点で日経新聞を読み解きます。経営力をつけたいエンジニア必読!!

全て表示する >

【E+C:05/03/23】テープ不要のビデオカメラ10万円前後に

2005/03/23

◆────────────────────────────
 Engineer   Engineer   Engineer   Engineer
◆────────────────────────────
◆      エンジニア+コンサルが日経を読む
◆          【E+C:05/03/23】
◆────────────────────────────
 Consultant  Consultant  Consultant  Consultant
◆────────────────────────────

みなさん、こんにちは。stkです。

「【E+C】エンジニア+コンサルが日経を読む」をご購読頂き、
ありがとうございます。


■【今日の注目記事】

テープ不要のビデオカメラ10万円前後に
DVD・HDD採用
(35面<消費>)


■【記事概要】

 テープ要らずのデジタルビデオカメラが売れてきた。テープ代
わりにDVD(デジタル多用途ディスク)やHDD(ハードディ
スク駆動装置)を使うもので、量販店の店頭では10万円前後に
価格が下がった。


◆────────────────────────────
 Engineer   Engineer   Engineer   Engineer
◆────────────────────────────
■【エンジニアの視点】

 ちょっと久々に消費面から。

 最近、ほんとに買いものをしてないなぁと思う。特にこの手の
ハイテク家電ものは全然買ってない。なーんか「買いたい」と思
わないんですよねぇ。なぜでしょう。

 デジタルビデオカメラも一応持っています。最初の子供が生ま
れたときに買いましたよ、結構張り切って、当時はまだ出始めだっ
たデジタルタイプを。もう7、8年も前。

 いやー、当時はまだ高かった。20万円近くしたんじゃなかっ
たかなぁ。でも根がめんどくさがり屋の私はあんまり撮影に熱心
ではなくて、いつも嫁さんに怒られております。(^^;)

 そろそろ壊れるんじゃなかろうかとちょっと心配しておりまし
て、そうかDVDやHDDタイプが次の候補ということになりそ
うだなぁと今日の記事を読みました。

 でもちょっと待てよ、熱心ではなかったとはいえ7、8年も経
てばそれなりに撮影済みテープがたまってきているぞ。テープ不
要型に買い換えちゃったら、あれはどうなるんだ? 見る手段が
なくなっちゃうなぁ。

 メディアの切り替えは難しいですね。


◆────────────────────────────
 Consultant  Consultant  Consultant  Consultant
◆────────────────────────────
■【経営コンサルタントの視点】

 記事ではDVD・HDDタイプの優位性を下記のように分析し
ています。

・テープのような重ね撮りの失敗がない。見たいシーンをすぐ探
  せる。(ディスクタイプに共通の特徴ですね。カセットテープ
  とCDの差とほとんど同じ。)

・コンパクト性。テープカメラの主要機種より100g以上軽い
  HDD機もある。

 ビデオカメラの普及の歴史は小型・軽量化と使い勝手の良さが
決め手だった、という過去の経験から言って、ディスク型は伸び
ると見ているようです。

 課題はDVD機の場合はメディアが高価という点とのこと。
HDD機は内臓HDDの容量に限度があるので、外部記憶装置に
データを移す必要がある点。

 まぁ妥当な分析ですね。私のようなものぐさな人も世の中には
多いでしょうから(と信じたい^^;)、そのままパソコンや
DVDプレーヤーで再生可能なDVD機の方が良いかな。

 パソコンを介在させる形で映像をデータとして取り扱えるよう
になれば、エンジニアの視点で述べた「メディア変換」の問題も
減ってくるかも知れません。

 それにしても記事中には何のコメントもないですが、見出し横
に載せられている「国内のビデオカメラとDVDカメラの需要」
というグラフが気になります。

 03年には165万台以上あった需要が04年は160万台以
下に落ちて、その後も160万台で頭打ちと予想されています。
これは一体どういう意味なのでしょう?


─────────────────────────────
●●●メルマガ発行者の方へ:相互紹介しませんか?●●●
お気軽にmail_to_stk@yahoo.co.jpまで!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご購読、ありがとうございました。


─────────────────────────────
意見・感想・質問等は mail_to_stk@yahoo.co.jp
 または私のblogへ http://stk.cocolog-nifty.com/motlabo/
購読登録・解除は上記blogから。
─────────────────────────────
電子メールマガジン
  エンジニア+コンサルが日経を読む【E+C】
発行責任者:stk
  mail_to_stk@yahoo.co.jp
─────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、全文を改変せずに転送・回覧ください。
Copyright (c) 2005  stk All rights reserved.

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-04-17  
最終発行日:  
発行周期:平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。