工学

エンジニア+コンサルが日経を読む

今話題のテクノロジーとマネジメントの融合「技術経営(MOT)」。当メルマガ発行人は中小企業診断士でもある現役エンジニア。まさにMOTの視点で日経新聞を読み解きます。経営力をつけたいエンジニア必読!!

全て表示する >

【E+C:05/03/11】揺れる「愉快な工場」

2005/03/11

◆────────────────────────────
 Engineer   Engineer   Engineer   Engineer
◆────────────────────────────
◆      エンジニア+コンサルが日経を読む
◆          【E+C:05/03/11】
◆────────────────────────────
 Consultant  Consultant  Consultant  Consultant
◆────────────────────────────

みなさん、こんにちは。stkです。

「【E+C】エンジニア+コンサルが日経を読む」をご購読頂き、
ありがとうございます。

当メルマガは平日刊ですので、土曜・日曜はお休みを頂きます。
次は3月14日、月曜日にお届けします。

今日は「おすすめメルマガ」コーナーを掲載しています。是非ご
覧下さい。


■【今日の注目記事】

揺れる「愉快な工場」
(11面<企業総合>)


■【記事概要】

 経営陣刷新のうわさがたち始めていた2月3日、ソニーは都内
で「モノ造りフォーラム」を開いた。400人以上の技術者らを
前に壇上に立ったのは副社長の中鉢良治。「商品の種類や組織を
超えてグループで結集しよう」とゲキを飛ばした。


◆────────────────────────────
 Engineer   Engineer   Engineer   Engineer
◆────────────────────────────
■【エンジニアの視点】

 3月9日より掲載されている「ソニー VS SONY」と題す
る短期(上中下3回)の連載記事に注目。

 業績の低迷するソニーの経営陣刷新が発表されたのはつい先日、
3月7日のことでした。当メルマガでも取り上げさせていただき
ました。下記がそのバックナンバーへのリンク。

【05/03/08】ソニー、苦肉の新体制
http://stk.cocolog-nifty.com/motlabo/2005/03/050307_1.html

 この号で私は「それにしても技術系社長の中鉢氏の印象が、記
事全体を通じて薄い」と書きました。その中鉢氏が主役とも言え
るのが今日の記事・・・なのですが、やっぱりちょっと印象が薄
いかなぁ(^^;)。

 「日経ものづくり」というタイトルの雑誌があります。下記は
その雑誌の宣伝ページへのリンク。別にお金をもらっているわけ
ではないですが、どんな雑誌か説明するには手っ取り早いのでリ
ンクを貼っておきます。

http://store.nikkeibp.co.jp/kw4/nmc.html

 その3月号の記事の一つが「ソニー業績不振の理由とものづく
りの力の検証」というタイトルのもの。サブタイトルは「弱い
『本社』、強い『工場』」。

 今日の記事にも書かれている「今やキヤノンの十八番とされる
『セル生産』もじつはソニーがお手本」といったことは、この「
日経ものづくり」の記事そのまんま。

 ソニーのものづくりの効率は本当に良いのかもしれません。中
鉢氏の言う「今も製造技術で他社に負けていない」のは本当かも
しれません。

 でも、やっぱりもうかって何ぼの話なんですよね。


──────────────────────────────
■おすすめメルマガ

 今日ご紹介するメルマガのタイトルは「デイトレードで生計を
立てるぞ!」。そのまんまずばりのタイトルです。

 実は、最近少しばかりのお金(書くのも恥ずかしいほど少額で
す)を株式投資にまわしてみました。そんなわけで、いろいろ情
報を集めているうちに出会ったのがこのメルマガです。

 デイトレーダーと呼ばれる人はどんなことを考えながら株を売
り買いしているのかが、びっくりするぐらいストレートに書かれ
ています。

 株式投資入門者にはちと刺激が強い・・・・・ような気もしま
すが(^^;)、おすすめします。

--------------------------------------------------------------
【デイトレードで生計を立てるぞ!】
1日中株式を売買しているデイトレーダーが日本でも増えてきています。
自由に生活できることを夢見て、私も2年前からデイトレードに挑戦し、
いつわりなく株式投資の記録を公開していますので、読んでください。
http://www.mag2.com/m/0000144484.htm
--------------------------------------------------------------


◆────────────────────────────
 Consultant  Consultant  Consultant  Consultant
◆────────────────────────────
■【経営コンサルタントの視点】

 今日の注目記事の主旨と、先ほど書いた「日経ものづくり」に
掲載された記事の主旨はとてもよく似ています。どっちも日経が
書いている記事だから当然ともいえますが。

 「日経ものづくり」ではソニーの状況を「弱い『本社』、強い
『工場』」と表現しました。つまり、ものづくりの現場は決して
他社に見劣りするようなことはなく、効率的にものをつくること
ができる。

 問題は「弱い『本社』」。かじ取りに問題があるのだという。
そのかじ取りのまずさを一言でいえば「経営資源の絞り込みが遅
れた」ということ。

 今日の記事ではその一例として、「iPod」に対抗するソニー
商品を挙げています。ソニーのデジタル携帯オーディオは、パソ
コンブランドの「バイオ」からと、携帯オーディオブランドの
「ウォークマン」の2つの部隊から発売されました。

 これが「消費者や小売店を迷わせてしまった」といいます。そ
ういえば当メルマガでも「ソニーのブランド戦略の「混迷」ぶり
を象徴している」とこの話題を取り上げたことがあります。

【04/07/02】「ウォークマン」で追撃 デジタル携帯音楽プレーヤー
http://stk.cocolog-nifty.com/motlabo/2004/07/0702.html

 今日の記事のタイトルにある「愉快な工場」とは、創業者の井
深大氏が設立趣意書に記した「自由闊達ニシテ愉快ナル理想工場」
という言葉から取ったもののようです。

 「『自由闊達さ』が必ずしも『会社としての力強さ』に結びつ
かないことは創業来59年間の歴史が示している。」

 上記は記事からの抜粋。ソニーの業績のぶれの大きさがそれを
証明しているという。だから井深氏の言葉のとおりではダメなの
か? そんなことはないんじゃないかなぁと思う。

 井深氏の言葉、いい言葉だなぁと思います。なんかわくわくし
ます。技術者もついていこうと思うでしょう。業績はぶれるかも
しれませんが、ビジョンにぶれがないことが大切なように思いま
す。


─────────────────────────────
●●●メルマガ発行者の方へ:相互紹介しませんか?●●●
お気軽にmail_to_stk@yahoo.co.jpまで!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご購読、ありがとうございました。


─────────────────────────────
意見・感想・質問等は mail_to_stk@yahoo.co.jp
 または私のblogへ http://stk.cocolog-nifty.com/motlabo/
購読登録・解除は上記blogから。
─────────────────────────────
電子メールマガジン
  エンジニア+コンサルが日経を読む【E+C】
発行責任者:stk
  mail_to_stk@yahoo.co.jp
─────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、全文を改変せずに転送・回覧ください。
Copyright (c) 2005  stk All rights reserved.

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-04-17  
最終発行日:  
発行周期:平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。