工学

エンジニア+コンサルが日経を読む

今話題のテクノロジーとマネジメントの融合「技術経営(MOT)」。当メルマガ発行人は中小企業診断士でもある現役エンジニア。まさにMOTの視点で日経新聞を読み解きます。経営力をつけたいエンジニア必読!!

全て表示する >

【E+C:05/03/04】再設計終えた日本企業

2005/03/04

◆────────────────────────────
 Engineer   Engineer   Engineer   Engineer
◆────────────────────────────
◆      エンジニア+コンサルが日経を読む
◆          【E+C:05/03/04】
◆────────────────────────────
 Consultant  Consultant  Consultant  Consultant
◆────────────────────────────

みなさん、こんにちは。stkです。

「【E+C】エンジニア+コンサルが日経を読む」をご購読頂き、
ありがとうございます。

当メルマガは平日刊ですので、土曜・日曜・祝日はお休みを頂き
ます。次は3月7日(月)にお届けする予定です。


■【今日の注目記事】

再設計終えた日本企業
成熟経済に対応
独自の文化・価値観は維持
(33面<経済教室>)


■【記事概要】

 日本企業にとって1990年代は「失われた10年」ではなく、
成長経済に対応していた経営システムを成熟経済に合わせて設計
し直した10年である。


◆────────────────────────────
 Engineer   Engineer   Engineer   Engineer
◆────────────────────────────
■【エンジニアの視点】

 記事ではなく論文なのでかなりのボリュームがあります。ポイ
ントを拾い上げて見ます。

・成長経済下では好調企業が新規事業参入するのは容易である。
  新分野への多角化をためらう理由はない。

・しかし企業経営の成功のカギは事業の絞込みにある(ひとつの
  分野を制覇した後に別の分野に乗り出すべき)。

・多くの日本企業が事業の絞込みに失敗した。行き過ぎた多角化
  の顕著な例が総合電機産業である。

・成熟経済への大変化に見舞われて日本が陥った危機は、業界内
  統合、企業の事業絞込みなどにより、おおむね克服された。

・これらを従業員の大量解雇や破産手続きなしで達成したのは、
  日本型経営の功績と言える。

 日本の企業経営に対して非常に前向きな評価がされています。

 最近この手の論調の論文をよく見かけるように思います。最近
というほど最近ではないですが、下記バックナンバーの時注目し
た記事も、よく似た論調ですね。

【04/06/09】日本型年功制を生かせ
http://stk.cocolog-nifty.com/motlabo/2004/06/0609.html


◆────────────────────────────
 Consultant  Consultant  Consultant  Consultant
◆────────────────────────────
■【経営コンサルタントの視点】

 著者のジェームス・アベグレン氏は下記の著書で有名。

日本の経営 〔新訳版〕
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532311896/stkmotlabo-22

 今日の記事(論文)中でも少し触れられていますが、アベグレ
ン氏は「終身雇用」という言葉を自著で初めて使ったとされてい
ます。上記がそれ。

 そんなアベグレン氏の新著が昨年末に刊行された。

新・日本の経営
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532311888/stkmotlabo-22

 今日の記事はその新著に対応するものでしょう。

 上記の本、出版元は日本経済新聞社。今回の「経済教室」は見
方を変えれば、この本の宣伝みたいなものなわけです。「経済教
室」にはこのパターンが結構ある・・・ような気がします。

 と、偉そうに書いてきましたが、私はどちらの本も未読。それ
どころかお恥ずかしいことにアベグレン氏の名前も知りませんで
した(^^;)。

 早速、購入することにします。


─────────────────────────────
●●●メルマガ発行者の方へ:相互紹介しませんか?●●●
お気軽にmail_to_stk@yahoo.co.jpまで!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご購読、ありがとうございました。


─────────────────────────────
意見・感想・質問等は mail_to_stk@yahoo.co.jp
 または私のblogへ http://stk.cocolog-nifty.com/motlabo/
購読登録・解除は上記blogから。
─────────────────────────────
電子メールマガジン
  エンジニア+コンサルが日経を読む【E+C】
発行責任者:stk
  mail_to_stk@yahoo.co.jp
─────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、全文を改変せずに転送・回覧ください。
Copyright (c) 2005  stk All rights reserved.

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-04-17  
最終発行日:  
発行周期:平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。