工学

エンジニア+コンサルが日経を読む

今話題のテクノロジーとマネジメントの融合「技術経営(MOT)」。当メルマガ発行人は中小企業診断士でもある現役エンジニア。まさにMOTの視点で日経新聞を読み解きます。経営力をつけたいエンジニア必読!!

全て表示する >

【E+C:05/02/21】昼寝ビジネス オフィス街に休息所

2005/02/21

◆────────────────────────────
 Engineer   Engineer   Engineer   Engineer
◆────────────────────────────
◆      エンジニア+コンサルが日経を読む
◆          【E+C:05/02/21】
◆────────────────────────────
 Consultant  Consultant  Consultant  Consultant
◆────────────────────────────

みなさん、こんにちは。stkです。

「【E+C】エンジニア+コンサルが日経を読む」をご購読頂き、
ありがとうございます。


■【今日の注目記事】

昼寝ビジネス オフィス街に休息所
専用のベッドも登場
(15面<ビジネスレッスン>)


■【記事概要】

 ビジネス街に短時間の休息を取る「昼寝」用のスペースや設備
が相次ぎ登場し始めた。短時間の睡眠は仕事の効率を上げるとい
われる。ビジネス現場に定着していくかもしれない。


◆────────────────────────────
 Engineer   Engineer   Engineer   Engineer
◆────────────────────────────
■【エンジニアの視点】

 実は私、昼寝っていうか、居眠りを完全に生活サイクルの中に
取り込んでしまっています。

 朝はだいたい5時前(目標は4時半なのですが、寒い時期はな
かなかつらい・・・)に起床。夜間の睡眠時間は6時間を切る。
へたすると5時間を切ることも。

 普通なら睡眠不足です。それを補充するのが居眠り。まず会社
に向かう電車の中で30分弱、そして昼休み、昼食後に30分ほ
ど。これで夜の睡眠の不足を補充する、こんな生活を1年以上続
けています。

 おかげで、休みの日でも電車の中の30分に相当する朝食の後
と、昼食後が眠くて、眠くて(^^)。

 最初は昼休みを居眠りで過ごすことに抵抗を感じたのですが、
この居眠りが効くんですよね。夜の睡眠が5時間を切ると、やっ
ぱりしんどくなってきますので、この居眠りがないと体が持ちま
せん。

 ナポレオンは3時間しか寝なかった、とよく言いますが、その
代わりにいろいろなタイミングで居眠りをしていた、と聞いたこ
とがあります。それのまねをしていると本人は思っています。


◆────────────────────────────
 Consultant  Consultant  Consultant  Consultant
◆────────────────────────────
■【経営コンサルタントの視点】

 そんなわけで、昼寝の効果は重々わかっているつもりですが、
それをビジネスにしようとはあまり考えたことがなかったですね。

http://www.hiruneya.com/

 上記は記事に紹介されている「昼寝屋一休」のホームページへ
のリンク。この事業を始めたのは農産物検査が本業の三幸バイオ
研究所。同社長のサラリーマン経験から発想したのだとか。

 自分の経験を商売につなげようという発想はいいですね。そう
いえば私の周辺でも「昼寝」(昼寝屋一休のホームページによれ
ば「パワー・ナップ」と呼ぶのだそうです)を習慣としている人
が何人かいます。商売につながる程度の需要は期待できそう、と
いうことなのでしょう。

 医療用ベッドメーカーのパラマウントの「昼寝用」ベッドなん
てのも紹介されています。もともと健康志向の強い中高年層が自
宅で使うことを念頭に開発したが、社員の共有スペースに設置し
たい、という引き合いがあるのだとか。

 「昼寝ビジネス」、結構面白そうですね。そうだ、今日から、
「昼寝コンサルタント」を名乗ってみようかしら(^^;)。


─────────────────────────────
●●●メルマガ発行者の方へ:相互紹介しませんか?●●●
お気軽にmail_to_stk@yahoo.co.jpまで!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご購読、ありがとうございました。


─────────────────────────────
意見・感想・質問等は mail_to_stk@yahoo.co.jp
 または私のblogへ http://stk.cocolog-nifty.com/motlabo/
購読登録・解除は上記blogから。
─────────────────────────────
電子メールマガジン
  エンジニア+コンサルが日経を読む【E+C】
発行責任者:stk
  mail_to_stk@yahoo.co.jp
─────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、全文を改変せずに転送・回覧ください。
Copyright (c) 2005  stk All rights reserved.

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-04-17  
最終発行日:  
発行周期:平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。