工学

エンジニア+コンサルが日経を読む

今話題のテクノロジーとマネジメントの融合「技術経営(MOT)」。当メルマガ発行人は中小企業診断士でもある現役エンジニア。まさにMOTの視点で日経新聞を読み解きます。経営力をつけたいエンジニア必読!!

全て表示する >

【E+C:05/02/02】「一太郎」の製造・販売禁止

2005/02/02

◆────────────────────────────
 Engineer   Engineer   Engineer   Engineer
◆────────────────────────────
◆      エンジニア+コンサルが日経を読む
◆          【E+C:05/02/02】
◆────────────────────────────
 Consultant  Consultant  Consultant  Consultant
◆────────────────────────────

みなさん、こんにちは。stkです。

「【E+C】エンジニア+コンサルが日経を読む」をご購読頂き、
ありがとうございます。


■【今日の注目記事】

「一太郎」の製造・販売禁止
東京地裁「松下の特許を侵害」
(1面、3面<総合>)


■【記事概要】

 ジャストシステムのワープロソフト「一太郎」などに使用され
る技術が特許権を侵害していると、松下電器産業が製造差し止め
などを求めた訴訟で東京地裁は特許侵害を認めてソフトの製造・
販売の差し止めと在庫の破棄を命じた。


◆────────────────────────────
 Engineer   Engineer   Engineer   Engineer
◆────────────────────────────
■【エンジニアの視点】

 へぇ、そんな訴訟をやっていたんだぁ、というのが第一の感想。
松下が仮処分申請をしたのが2002年11月のことのようです
から、裁判の途中経過をパソコン雑誌などで見かけることがあっ
てもよさそうなものですが、記憶にないですねぇ。

 私も一太郎ユーザーでした。たしか、大学の卒論は一太郎で書
きました。バージョンは3だったか4だったか。

http://www.ichitaro.com/package/index.html

 上記は歴代の一太郎のパッケージの写真が掲載されているペー
ジへのリンク。バージョン4の発売は89年ですから、大学生の
ころに使ったのは多分このバージョンでしょう。

 今ではすっかり影の薄くなってしまった一太郎。時々「一太郎
はよかったー」と言う人にであうことがあります。でもそういう
発言を聞くのは大体の場合、飲み会でなにかのはずみで昔話になっ
て・・・というパターン。こういっちゃぁなんですが「過去のも
の」扱いですね。(^^;)

 問題となった特許の内容は「ヘルプモード」に関するもの。ヘ
ルプボタンを押して、ヘルプモードに入った後に、例えば印刷の
ボタンを押すと「文書を印刷します」などと説明文が表示される、
というもの。

 うーん、こんなような機能を持っているソフト、どっかで見た
ような気もします。まぁちゃんと松下からライセンスを受けて採
用しているならなんの問題もないのですけどね。

 今となってはそれほど特許性がある(新規性がある)アイデア
とも思われませんが、特許が登録された98年当時では斬新といっ
ても良かったのかな?


◆────────────────────────────
 Consultant  Consultant  Consultant  Consultant
◆────────────────────────────
■【経営コンサルタントの視点】

 3面の「消費者への影響限定的」という小見出しの記事に注目。

 今回の特許訴訟をここのところ目立っていた薄型ディスプレー
関連特許の訴訟と同じポジションのものとして扱っています。下
記は関連バックナンバーへのリンク。

【04/11/02】韓国LG電子のプラズマ販売 松下、差し止め申請
http://stk.cocolog-nifty.com/motlabo/2004/11/041102.html

 自社にとって非常に重要な事業であり、かつ、その事業を含む
市場が成長市場である場合に、日本企業が特許を事業防衛の手段
として積極的に使い出した、というのが薄型ディスプレー関連の
訴訟が目立ち始めた理由だと私は考えています。

 一太郎の場合は、これに当てはまるとは言いにくいような気は
します。特許訴訟の対象となったのは一太郎と花子(これまた懐
かしい気がしてしまうソフトですねぇ)、その合計売上高は
2004年で58億円。

 ジャストシステムの売上高全体の50%近いのだそうですから、
ジャスト側にとっては非常に重要な事業であることは間違いない
です。松下から見るとそれほど巨額な売上には見えないように思
います。そういう意味ではジャストは対応を誤ったのかも。

 特許で攻める側の戦略論は盛んなような気がしますが、攻めら
れてしまったときの対応戦略論もこれから結構重要になっていく
ように思います。


─────────────────────────────
●●●メルマガ発行者の方へ:相互紹介しませんか?●●●
お気軽にmail_to_stk@yahoo.co.jpまで!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご購読、ありがとうございました。


─────────────────────────────
意見・感想・質問等は mail_to_stk@yahoo.co.jp
 または私のblogへ http://stk.cocolog-nifty.com/motlabo/
購読登録・解除は上記blogから。
─────────────────────────────
電子メールマガジン
  エンジニア+コンサルが日経を読む【E+C】
発行責任者:stk
  mail_to_stk@yahoo.co.jp
─────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、全文を改変せずに転送・回覧ください。
Copyright (c) 2005  stk All rights reserved.

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-04-17  
最終発行日:  
発行周期:平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。