工学

エンジニア+コンサルが日経を読む

今話題のテクノロジーとマネジメントの融合「技術経営(MOT)」。当メルマガ発行人は中小企業診断士でもある現役エンジニア。まさにMOTの視点で日経新聞を読み解きます。経営力をつけたいエンジニア必読!!

全て表示する >

【E+C:05/01/20】鋼材値上げ 対応に格差

2005/01/20

◆────────────────────────────
 Engineer   Engineer   Engineer   Engineer
◆────────────────────────────
◆      エンジニア+コンサルが日経を読む
◆          【E+C:05/01/20】
◆────────────────────────────
 Consultant  Consultant  Consultant  Consultant
◆────────────────────────────

みなさん、こんにちは。stkです。

「【E+C】エンジニア+コンサルが日経を読む」をご購読頂き、
ありがとうございます。

昨日(1/19)は予告なしでの休刊となってしまい申し訳ございま
せんでした。
(日帰りの予定の出張から帰って来れませんでした^^;)


■【今日の注目記事】

鋼材値上げ 対応に格差
コスト増1兆円 負担巡り攻防
(11面<企業総合>、1面)


■【記事概要】

 鉄鋼業界が鋼材値上げを表明したことで、今後は原料調達コス
ト増加分1兆円を鉄鋼メーカーと自動車、建設など大口需要家が
どう負担するかが焦点となる。自動車は合理化などで値上げを吸
収できる見込みだが、造船は製品への転嫁が困難で収益悪化が避
けられないなど対応力で業界格差が鮮明となりそうだ。


◆────────────────────────────
 Engineer   Engineer   Engineer   Engineer
◆────────────────────────────
■【エンジニアの視点】

 1面掲載の「鋼材3年連続値上げへ」と11面掲載のその関連
記事に。へぇっと思うような数字が並んでいる記事です。

・「1兆円」というのは2005年度の原料調達コストが鉄鋼業
  界全体で来年度(2005年度)に増える額。新日本製鉄によ
  る試算。

・鉄鉱石や原料炭の価格上昇だけではなく、スクラップや船賃な
  どの上昇も含めて計算したもの。

・一番影響が大きいのが原料炭で4500億円のコスト増。

・コスト増分を吸収するには1トンあたりの価格で1万円前後、
  10−20%程度の値上げとなる。

・1兆円は高炉メーカー4社(鉄鋼大手と考えればよいでしょう)
  の経常利益を合計したものに相当する。

 私がいま会社の仕事で一番悩んでいるんがコストダウン。原料
が上がったのでお客へ転嫁します、と言える鉄鋼会社はいいなぁ、
なんて思うわけです。

 11面の記事は鉄鋼会社のお客である自動車や造船業界の各社
が、この鉄鋼会社の「わがまま(^^;)」にどう対応しようとして
いるのかがまとめられている記事です。


◆────────────────────────────
 Consultant  Consultant  Consultant  Consultant
◆────────────────────────────
■【経営コンサルタントの視点】

 各業界の対応は下記のとおり。その背景などを含めてまとめて
みました。

○自動車:合理化進め吸収

 鋼材価格増幅は、自動車1台あたり約1万円。鉄鋼側は1トン
あたり1万円増させるといっていることを考えると、自動車1台
あたりの鋼材使用量は1トンということなります。まぁそれらし
い数字ですね。

 製品価格への転嫁(要はそのまんま自分のお客に負担させる)
ことはできないとして、生産現場の原価低減の積み上げで吸収す
るとの考え。

 一番お客に優しい対応をしている業界に見えますが、鉄鋼価格
が自動車全体のコストに占める割合が低いので、それほど痛くは
ない、というのが本当のところと考えればよいと思います。

○建設:価格転嫁視野に

 自動車業界とは対照的に、お客に転嫁することを考えているの
が建設業界。

 鉄骨作りの場合、建築費に鋼材費が占める割合は4−5%程度。
建築工事の粗利率は6−7%しかないので鋼材費が10%あがる
と影響が大きいのだという。

 分かりにくいので具体的な数字を入れてみましょう。建築費が
100万円の仕事があったとしましょう。この建築費のうち5%
=5万円が鋼材費です。粗利率が6−7%だというのですから、
この建物を建設会社はざっと106万円程度で売っていることに
なります。

 この仕事の建設会社の粗利額は6万円。鋼材費が10%上がる
ということは5万円で済んでいたのが5万5千円になる、という
こと。6万円あった利益が5千円減ります。

 入れた数字が悪かったかなあ・・・(^^)、一瞬、たいしたこと
ないじゃんと思ってしまいますが、割合で言えば、利益がざっと
10%減るということですから、結構大きいです。給料がいきな
り1割減ると思えば、その厳しさは分かるかも。


─────────────────────────────
●●●メルマガ発行者の方へ:相互紹介しませんか?●●●
お気軽にmail_to_stk@yahoo.co.jpまで!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご購読、ありがとうございました。


─────────────────────────────
意見・感想・質問等は mail_to_stk@yahoo.co.jp
 または私のblogへ http://stk.cocolog-nifty.com/motlabo/
購読登録・解除は上記blogから。
─────────────────────────────
電子メールマガジン
  エンジニア+コンサルが日経を読む【E+C】
発行責任者:stk
  mail_to_stk@yahoo.co.jp
─────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、全文を改変せずに転送・回覧ください。
Copyright (c) 2005  stk All rights reserved.

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-04-17  
最終発行日:  
発行周期:平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。