トップ > 学校・教育 > 語学 > 英語 > アメリカ人と雑談できる英語力を身につけよう!

アメリカ人と雑談できる英語力を身につけよう!

RSS

アメリカ人と雑談するには、単に単語や文法を覚えるだけでなく、言葉の背景となるアメリカ文化への理解も必要です。アメリカで約20年英語を教えているYokoと一緒に、楽しく英語力をアップしましょう。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガは最新記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
2008-03-27
発行部数:
152
総発行部数:
26943
創刊日:
2004-04-05
発行周期:
週刊
Score!:
-点

アメリカ人と雑談できる英語力を身につけよう!Vol.215

発行日: 03/27

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★       《アメリカ人と雑談できる英語力を身につけよう!》       ★★
★★    2008/03/27                        前号総読者数12,139名    ★★
★★    Vol.215                       http://www.bybgroup.com/  ★★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【簡単!6秒英会話】あなたも365日で英語を話そう

あの「英語で言いたかったこと」を1日たったの6秒で
ドンドン言えるようになってみませんか?

あなたは「もっと早く気づけばよかった!」と
地団駄踏むかもしれません。でも、まだ間に合います。

※2秒で手続完了!無料です。今すぐお申込ください
※今、受講される方「全員に」通常5,000円相当の
特別レポートをいっしょにプレゼントしています。
レポートの画像はコチラです。
今すぐクリック⇒ http://www.1mgkk.com/m/401031/beq.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――
■英語のことならYokoのBYB!⇒ http://www.bybgroup.com/
――――――――――――――――――――――――――――――――――


Hello! Yokoです。

3月最後の週ですね。
今週も一緒に楽しく学んで、雑談英語力を身につけましょうね。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★★
★★  今回の雑談フレーズ I missed that.



●今回のフレーズの"I missed that."は、
雑談中に相手が言ったり、話したりしていることを、
聞き漏らしたときに用います。
意味は「聞き漏らしました」「聞き取れませんでした」です。



《会話例》


★Can you take a week off next month?
  I've found really a cool place for us to visit.

☆......

★Hello? Are you with me?

☆Sorry, I missed that.

★What's wrong with you? I was asking you if you could have
 a week off next week.

☆Of course I can. Why not?

★You definitely need a vacation, sweetie.



《会話例の日本語訳》


★来月1週間休暇取れる? すごくいい場所を見つけたんだよ。

☆……

★ちょっと。聞いているの?

☆ごめんね。聞き漏らしちゃった。

★どうしたんだよ? 来月1週間休暇が取れるかどうかって聞いたんだよ。

☆もちろんよ。取れるわよ。

★君は絶対に休暇が必要だよ。



《解説》


●雑談を楽しむために必要なことの一つに
わかったふりをしないことがあります。
この会話例のように、ボーッとしていて内容が聞き取れなかったり、
聞かれたことの意味がわからないのにいい加減な返事をしたり、
"Yes"や"No"などと答えたりしないようにしましょう。


●"cool place"は「いい場所」"nice place"のことですね。
似たような言い方で"hot place"というのがありますが、
これは「穴場」という意味になります。


●"Hello?"は、この会話例のような使い方の場合は
「ちょっとどうしたの? 聞いているの?」というニュアンスですね。
イントネーションは"llo"をやや上げ調子に言ってみましょう。


●"Are you with me?"は
「言っていることはわかってる?」という意味です。
雑談中に相手の反応が遅かったり、
自分の言いたいことが伝わっていないと感じたりした場合に
用いるといいですね。



《類似フレーズとその例文》


●雑談中に相手の言っていることがわからなかったり、
聞き漏らしてしまったりした場合に、
雑談が進んでいく前に、
すぐに雑談相手にそのことを伝えるフレーズです。

★Again please?

★I'm sorry I didn't get it.

★I'm not with you.

★What did you say?

★Can you say that again?

★Huh?

会話例です。

★Are you going Judy's birthday party? She is having it in Hawaii.
  Can you believe? 
「ジュディのバースデーに行くの? ハワイでやるんだってよ。
 信じられる?」

☆What? What did you say?
「え? なんて言ったの?」

こんな感じですね。英語がわからなくて
相手の言っていることがわからない場合と
他のことに気をとられたりして
相手の言っていることを聞き漏らしたりした場合に
とても役に立つフレーズです。

このように言うと、相手は"I said〜"と言って
もう一度言ってくれますよ。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★★
★★  陽子のカルチャークラブ



今週のカルチャークラブは
「アメリカの高校生たち」について書いてみたいと思います。

次女が通っている高校の姉妹校は、千葉県にある柏高校です。
毎年この時期になると、
柏高校からたくさんの高校生が1週間やってきます。

ホームステイをしながらアメリカの高校生活も体験できることもあり、
彼らにとっても貴重な経験になります。

彼らが日本からロスにやってきて、
実際にアメリカの高校生たちを見ると
"Why do American High school students look more matured?"
「アメリカの高校生はどうして大人ぽっく見えるのですか?」 と
聞かれるそうです。

確かに日本の高校生と比べると
彼らの方がかなり大人っぽい印象を与えるかもしれないですね。

アメリカのほとんどの高校は、
"9th Grade"(14歳)から"12th Grade"(18歳)までです。

高校には必ず必須科目があり、
その他のクラスは自分の好きな科目が選べます。

高校を卒業するまでに220単位を取らなければなりませんが
3年の間にこの単位を取れば1年早く卒業することも可能です。

また、220単位を習得しても、
必修科目を取っていなければ卒業はできません。

そのために9月に高校が始まる2週間前ぐらいから、
学年ごとに分かれて"registration"(手続き)をします。
これは毎年行なわれます。

その生徒によっては、
卒業してからすぐに仕事に役に立つようなクラス、
例えば"Auto shop"、"Wood shop"、"Printing shop"、
"Tech shop"などを取ることもできるようになっています。

あるいは大学に進学したい生徒は
そのために有利なクラスを取らなくてはなりません。

このような生徒たちは、本人が行きたいと思う
大学からの要求レベルに達するために定められた成績を
4年間通して保っていくことが条件とされています。

また彼らは勉強以外に"SOCIAL CLUB"と呼ばれるクラブに
参加することが義務づけられています。

"SOCIAL CLUB"では、
生徒たちが学校行事や地域のための奉仕活動などを、
学校が始まる前、あるいは放課後に行ないます。

このクラブに参加することは、
大学に進学する生徒たちにとってはとても大切なことです。

アメリカの高校では、
スポーツそのものがとても大きな比重を占めています。

勉強だけではなく、本来の教育とは、
スポーツやソーシャルクラブなどを通して学んでいくことが
根本にあるのかもしれません。

バスケットボールやフットボールなどの試合があるときは、
生徒たちとPTAが一体となって運営をしています。

アメリカのほとんどの親たちは
子供たちが高校生になると独立心を持たせるようにします。

親は、子供が選択した教科やスポーツなどに対しての
ガイドをしていく姿勢をもって接しているようです。

アメリカの高校生は15歳になった時点で、
車の免許を取るために28時間の講習と
6時間の実地練習を受けます。

その後、筆記試験を受け、それに受かれば
16歳になるまでは25歳以上で免許を持っている人が同乗すれば
一緒に運転することができます。

16歳で運転免許を受けるまでに、
親と一緒に50時間以上運転をしなくてはいけません。

16歳で免許取得後の1年間は
21歳以上の人だけしか車に同乗することはできません。

また、アメリカには
"CURFEW"(夜間外出禁止時間)というものが設けられていて、
最初の1年間は午前10時以降は運転することができません。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■「ナンバーワン翻訳」は、アメリカ・ロサンゼルスを拠点に、
リーズナブルな値段でクオリティの高い翻訳サービスを提供します。 
⇒ http://www.1honyaku.com/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



 実は、中学一年程度で十分なんです。
 単語力なんて、必要ないんです。
 ただ、使い方を知らなかっただけなんです。
 独学で弱冠27歳にして英語の同時通訳になった人物が
明かす、「単語を知らなくても英語を話せます」
 本職で海外出張が多く、「次回」がいつになるのか、
そもそも「次回」があるのかどうかわかりません。
 3月28日、先着10名様まで、特別割引つき!
 前代未聞の120%返金保証つき!
  http://www.o-skyhigh.com/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★★
★★  質問&おたよりコーナー



■Iさんから以下の質問をいただきました。

---------------------------------------------------------------------
いつも楽しく勉強させていただいています。
質問ですが、

Why?という意味でHow come?という表現がありますが、
アメリカ人がそれと同じ意味でHow's come?という表現を
使うのを時々耳にします。sは何の略でしょう?
正しい英語ですか?
---------------------------------------------------------------------


●ご質問ありがとうございます。
"Why〜?"や"How come〜?"と同じように使われる表現で
"How's come?"という表現は聞いたことがありません。

これはもしかしたら"How's that?"の聞き間違いではないですか。
"How's that?"なら「どうして?」という意味合いで使います。



■これからも英語に関する質問を送っていただければ、
できるだけお答えしたいと思います。
このメルマガの内容に対する意見や感想のおたよりも
ぜひ送ってくださいね。

送り先は、contact@amezatsu.com です。
このメルマガに返信するだけでも、送っていただくことができます。

いただいたメールの内容は、
匿名でメルマガ上で紹介させていただく場合があります。
もし掲載不可の場合は、その旨を明記してください。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
いつでも!どこでも!手軽に学べる加速英会話
⇒ http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1XG+EGYB3M+3OI+TTLOZ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



●子どもたちが『英語』と出会うキッカケをつくっていきたい。
 ・雑誌広告でもたくさんのお客様にご請求いただいている商品です。
 ・「使ってよかった!」という喜びの声もたくさん!
 ・幼児英語教材をお考えの方、「そろそろ家の子にも・・・」と
   お考えの方にピッタリ。

子どものいろんな『したい』・『やりたい』・『やってみたい』を
叶えるべく当社は立ち上がりました!

ただいま親子で楽しめる素敵な無料サンプルビデオ(DVD)プレゼント中!
⇒ http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=U4RW5+5FVMSY+ICU+614CZ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★編集後記★★


●Yokoです。

今年で23周年を迎えましたBYB English Center.
今年のBYBのテーマは「つながり」。
そんなわけで、今年のBYBのパーティーは3月23日に行われました。

ちょうど"Easter Sunday"でしたので
パーテイを行なうための公園の場所取りの困難が予想され、
午後1時からスタートしましたパーティーのために、
夫のビルは午前7時からパークに行って準備をしてくれていました。

真夏のような暑さの23日でしたが、
ビルのBBQ、そして多くの生徒さんや友人たちが
ポットラック式にたくさんの食べ物や飲み物を用意してくれ
とても楽しい午後を過ごすことができました。

ビルは60パウンドのチキンに40パウンドの牛肉を
BBQ用に用意しました。

当日は子供たちのためのアメリカのゲーム、
親子対抗ソフトボール大会、大人のための"Fitness class"、
そして子供たちのためのマジックショーも用意しました。

広い公園でたくさんの家族が子供たちと一緒に
走り回っている姿を見ているだけで、
うれしい気持ちになりました。

自分でも23年間よくがんばってきたと思います。
一口に23年と言っても、
振り返ってみると本当にいろいろありました。(当然ですが)

でもこうして23年たっても、多くの生徒さんたち
そして先生方に支えられてきたおかげで、
今日のBYBがあるのだと思います。

大好きな仕事をこの23年間続けることができるって
本当に幸せだと思います。
25周年も目の前です。これからも前進のみです。



●編集担当の高橋のおすすめのメルマガを紹介します。

■「バリューのタネ〜女性視点で読む日経」
⇒ http://www.mag2.com/m/0000163625.html

バリュー・アドバイザーの前田めぐるさんが
「女性の視点+顧客の視点+プランナーの視点」で
ビジネスのヒントを教えてくれます。


■「売れる成功事例集!『販促アイデア大全集』」
⇒ http://www.mag2.com/m/0000111477.html

世の中には、売れて売れて、生産が追いつかないくらい
売れている商品もありますです!
そういった“売れる”賞品の販促成功事例が
満載されているメルマガです。


●このメルマガの内容が気に入ったら、
お友達にすすめていただけるとうれしいです。転送は自由です。



ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
それでは、またお会いしましょう。

See you soon!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆発行人    :Yoko Senesac(yoko@bybgroup.com)
☆編集人    :Makoto Takahashi (contact@amezatsu.com)
☆発行周期   :週刊(木曜日発行)
☆発行システム :
 まぐまぐ    http://www.mag2.com/m/0000126335.htm
 メルマ!    http://www.melma.com/backnumber_113563/
 カプライト   http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/9213.html
 めろんぱん   http://www.melonpan.net/mag.php?006472
 メルマガ天国  http://melten.com/m/17875.html
 E-Magazine   http://www.emaga.com/info/byb.html
 Yahoo!メルマガ http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/413/
☆「BYB English Center」ホームページ:
 http://www.byb-english-center.com/
☆このメルマガをよりよいものにするために、
ぜひあなたのご意見、ご感想、ご質問をお寄せください。
送り先は contact@amezatsu.com まで。
このメルマガに返信するだけでも、メールを送っていただけます。
☆Copyright (c) 2008 Yoko Senesac All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. ネイティブがよく使う危険な英語

    最終発行日:
    2014/08/24
    読者数:
    778人

    ネイティブがよく使う危険な英語を毎週1語づつご紹介。ネイティブ同士の英語を理解したい人100%必見!

  2. eigoTown おすすめ1分間デイリーイディオム

    最終発行日:
    2010/03/31
    読者数:
    1117人

    英語タウンの人気コーナー「今日のイディオム」が日刊メールマガジンになりました。ネイディブ・スピーカーが、英会話でよく使うおすすめイディオムを毎日(土日を除く)1つずつご紹介。1分間程度で無理なく学習でき、日本語訳、解説、実用例つき。

  3. MBA Breaking News Words (重要英単語&最新ニュース)

    最終発行日:
    2010/01/26
    読者数:
    2259人

    米国MBA取得者が毎日の最新ニュースから重要英単語をタイムリーにお届け。1日1英単語さらに実際のニュースでチェック、使える英語を目指す! TOEICやTOEFLにも!!

  4. ニュースでマスター!英語フレーズ

    最終発行日:
    2015/03/31
    読者数:
    2191人

    英語のニュースで基本英単語・英熟語のフレーズを1つずつ紹介します.英会話,TOEICや英検のイディオム・語法,ビジネス英語・時事英語に強くなりますよ.「ビジネス英会話の公式75」(明日香出版社)の著者がお届けします.

  5. 前置詞を正しく理解し、ネイティブ並の英語を習得する

    最終発行日:
    2016/10/17
    読者数:
    444人

    「on」「in」「at」「with」「by」「of」「through」など英語の前置詞を基礎から徹底して見て行きます。前置詞の本当の意味をしっかりと見ていきます。

発行者プロフィール