健康・家庭の医学

痛快!サルもできるツボ療法

磁気治療器や千年灸等で一般家庭でもツボ療法をする機会が多くなってきましたが、正しい位置に正しい刺激でなければ効果がありません。素人でも分かりやすく家庭で簡単にできる特に良く効くツボを解説していきます。

全て表示する >

[痛快!サルもできるツボ療法] 2019/10/10 No632

2019/10/10


  
  “しゃっくり”は、横隔膜の痙攣(けいれん)によって起こるが、

  放っておいても多くは自然と治まるものだが、なかなか治まらない場合、

  手首内側より指幅3本分向かった『内関』のツボを強く圧すことで

  奏効することが多い。

 
  また一般的には、息を止める、コップに入れた水を反対側から飲む

  などの方法が知られているが、昨年、聖マリア病院呼吸器外科の

  大渕俊朗医師らの臨床試験の結果、動脈と静脈の二酸化炭素濃度が

  一致するとしゃっくりは治まるというメカニズムを解明し、

  英国と中国の医学誌に発表した。


  その方法として、袋などを使って、自分の吐いた息を吸わせる動作を

  繰り返し続けたところ、3分前後で症状が改善したというが、

  一般的だった“息を止める”方法も理にかなっていたことになる。


  「学問なき経験は、経験なき学問に勝る」というイギリスの諺があるが、

   経験に勝るものはない。


 

──【 起立性血圧障害 】──────────────────────


 人は立ち上がるとき、交感神経の働きが高まり、心拍数を上げ、

 下半身の血管を収縮させ、血圧を一定に維持するように働く。


 ところが、思春期などで自律神経の働きがアンバランスになると、

 この働きが崩れ、起立時に血圧が下がり、脳への血液量が減って、

 立ちくらみ、失神発作、動悸、息切れ、頭痛、倦怠感、食欲不振、

 集中力低下などの症状が現れる。


 これを“起立性血圧障害”といい、10〜16歳に好発し、

 精神的ストレスを貯めやすい傾向がある。


 ツボ療法として、『中渚』『照海』『天りょう』『竅陰』『腎兪』

 『三焦兪』『関元』などのツボを用いるとよい結果へと導く。 
 

   『中渚』→ http://www13.plala.or.jp/kousei/tubo19.htm

   『照海』→ http://www13.plala.or.jp/kousei/tubo33.htm

   『天りょう』→ http://www13.plala.or.jp/kousei/tubo208.htm

   『竅陰』→ http://www13.plala.or.jp/kousei/tubo116.htm

   『腎兪』→ http://www13.plala.or.jp/kousei/tubo85.htm

   『三焦兪』→ http://www13.plala.or.jp/kousei/tubo148.htm

   『関元』→ http://www13.plala.or.jp/kousei/tubo99.htm 



   
──【 今日の名言 】────────────────────────
∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴


 


          恐怖・不安は、無知から生じる。


                  − エマーソン −

                       
                                  
                          
∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



    【 ツボはどうして効くの? 】


  血液が全身を流れているように、見ることはできませんが、
  身体には、氣(生体エネルギー)が流れています。

  その気の流れている道筋を経絡(けいらく)といいますが、
  気が滞りなく全身を流れていることで、健康は保たれています。

  したがって病気とは、気の流れが滞ったりすることで起こります。

  ツボ療法は、経絡上の反応点(ツボ)を刺激することで、
  気の循行が良くなり、元気が甦ってくるのです。

    詳しくは → http://www13.plala.or.jp/kousei/sab3top.htm



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-03-23  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。