エクセル・ワード

厳選 Microsoft Office Tips 講座

Microsoft Office製品群、主にEXCEL WORD ACCESS POWERPOINT OUTLOOK の役立つテクニックを幅広く紹介します。
Office2000 と OfficeXP に対応!それぞれのテクニックを週1回配信し、皆様のスキルアップをお手伝いします。

全て表示する >

Microsoft Officeテクニック No 8

2000/06/25

Word2000の自動バックアップ機能の活用

本日、午後一時の会議の資料をA子さんは一所懸命Word2000で作成して
いました。
ところが、突然、パソコンが反応しなくなってしまいました。彼女はこの資料を
朝からずっと2時間近く作成しつづけて、その間に一度も保存をしていなかった
のです。
再度起動したとき、Wordの自動修復機能が作動すれば、作成していた文書が
表示されます。が、しかし、表示されなかった場合も、まだあきらめるのは早い
です。A子さんは下記の方法で、危機を脱出しました。


・ Word2000の既定では、文書の自動バックアップ ファイルは
 「Windows\Application Data\Microsoft\Word」のフォルダに保存されます。
・ 拡張子がasdと言う名前で保存される。たとえば、「会議の資料」という
  ワードの文章だったら、「自動バックアップ 〜 会議の資料.asd」という名前
  で保存されている可能性があります。
・「自動バックアップ 〜 会議の資料.asd」の拡張子を「.doc」に変更し、
 「My Documents」などのフォルダーのコピーし、これをワードで開いて見て
  ください。
注意 自動バックアップの設定がしてあれば、自動修復機能が働かな
   かったときでも、上記の方法で修復可能な場合があります。

自動バックアップの設定方法

(1) [ツール]メニューの[オプション]をクリックし、[保存]タブをクリックします。
(2) 既定では「自動バックアップ」チェックボックスにチェックが入っています。
  (チェックがされてない場合はチェックを入れておきましょう)
(3) 既定では、自動バックアップを10分ごとに行うになっているはずです。
  (10分が妥当な時間でしょう)
(4) [OK]ボタンをクリックして設定終了です。


自動バックアップ ファイルの保存場所を指定する方法

(1) [ツール] メニューの [オプション] をクリックし、[既定のフォルダ] タブを
    クリックします。
(2) [ファイルの種類] ボックスの [自動バックアップ ファイル] をクリックします。
(3) [変更] をクリックします。
(4) バックアップ場所のフォルダを変更します。(自動バックアップ ファイルを別の
  フォルダに保存する場合は、目的のフォルダを検索して開きます。) 
(5) 「OK」ボタンをクリックします。

重要な注意
Windows 95 または Windows 98 で Word を使用する場合、
自動バックアップ ファイルは、特に指定しない限り 
Windows\Application Data\Microsoft\Word に保存されます。
Windows NT 4.0 以降を使用している場合、またはアクティブ
なユーザー プロファイルが複数ある場合、自動バックアップ
ファイルは、
Windows\Profiles\username\Application Data\Microsoft\Word
に保存されます。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-05-20  
最終発行日:  
発行周期:金曜日  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。