資格

ビジネス英語なんて恐くない!

毎日英文契約書を読んでTOEIC940点取ることができました。TOEICの得点アップを図りたい方、国際法務担当者、ロースクール受験生は必見です!

メルマガ情報

創刊日:2004-02-24  
最終発行日:2005-05-13  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

ビジネス英単語を一日一語vol91

2005/05/13

************************************************************
************************************************************
         ビジネス英語なんて恐くない!
    〜一日一単語ずつ契約書の英語を覚えるメルマガ〜

                  発行者:行政書士 吉川 淳一郎
                発行日:2005.5.13【vol91】
                読者登録数:947名(5/12時点)
************************************************************
************************************************************
          今日の英単語
         【evaluation:評価】


●契約交渉をしていて相手と何度かやり取りをしていると、プロジェクト
に対する考え方が全く異なっていることに気付くことがあります。
例えば技術供与のライセンスに関して、こちらは当該技術の検討・評価
目的であるのに、相手は完全にビジネスライクな考え方をしている場合
です。私が常駐している団体は先端技術の標準化推進を業務目的として
いるため、ライセンスの相手方とプロジェクトに対する理解の齟齬が
発生することが度々あります。海外の企業相手ですと尚更です。


プロジェクトの位置付けが異なれば、契約で規定すべき権利義務の内容に
食い違いが出ることは当然です。こちらが当然と思っている文言が、
相手からは的外れな議論に見えてしまうこともあるでしょう。その場合、
もはや法務同士の話し合いでは問題は解決しません。このような事態に
陥ることを防ぐためには、社内・社外を問わず関係者の理解の擦り合わせ
を初めの段階で行っておくべきです。そして、そのような理解を促すこと
はプロジェクト担当者の役割です。面倒でもこまめな打合せは大切だと
思います。


●検討・評価目的のライセンスでは対価の取り扱いも通常のライセンス
とは異なるでしょう。以下のような文言が記載されることがあります。


No royalty will be paid on copies of the Work furnished gratis for review, advertising, promotion, bonus, evaluation or like purposes, 
or on copies returned to the Publisher unsold.


「レビュー、広告、拡販、贈答、評価、もしくは同様な目的により無料で
配られたコピー、または、売れずに出版社へ返却されたコピーに対しては
ロイヤルティーは支払われないものとする。」


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

本メルマガの著作権は、他の著作物の引用転載部分を除き、下記事務所
に帰属します。本文の引用転載は、当事務所の許可を得て行ってください。


※ご注意願います
当事務所は本メルマガに記載された内容の適合性、正確性に一切責任を
負いません。契約書は、案件により記載すべき文言が異なります。
本メルマガに記載されている文言をそのまま使用された結果、いかなる
損害が発生したとしても、当方は責任を負うものではありません。実際
の案件に即した契約書が欲しい方は、下記メールアドレスまたはホーム
ページにお問い合わせ下さい。


       吉川法務コンサルティング事務所
          E-mail:  rugoh@mcc.sst.ne.jp
   HP address:  http://www.h5.dion.ne.jp/~yoshijun/

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

最新のコメント

  • コメントはありません。