お酒・ワイン

楽酒楽食ニュース

本来、酒の席での主役はアルコールでも食事でもなく、友人などとの
会話などを、楽しむ事これに尽きると思います。
ここでは、本来脇役のアルコールや食事について、勉強していこうというコンセプト」です!
(広島県西条町の清酒を中心に、こそっと販売もネ!)

全て表示する >

灘、伏見、と並ぶ酒処「西条」の酒!

2004/07/24

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 楽、酒、楽、食、ニュース  vor.3


  皆様の、より高感度な感性で統一されたライフシーンを
 演出する、お手伝いが出来るような酒を紹介していきたい
  と考えています。
                        西岡酒舗

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
     夏本番!当店のお薦めの冷酒!西条鶴・吟醸生酒720ml

http://www.urban.ne.jp/home/a123456a/
                          西岡酒舗
======================================================================
     ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
  日本酒の日 記念 「日本酒のある風景」 投稿募集中!
     ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

西岡酒舗では、10月1日の「日本酒の日」記念として、
読者の皆様それぞれがお持ちの心に一番残った
「日本酒のある風景」を募集します。
例えば旅行先で、美味しかった酒、
その際のエピソード、お酒の名前など、お書きください。
送ってくださった方には心ばかりですが粗品を進呈いたします。
(投稿作品はweb上にて公開)
ご応募の〆切は、8月31日到着分までです。
  応募先
a123456a@urban.ne.jo

件名 「日本酒のある風景」応募   
   とお書きください。。


………………………………………………………………………………………………………


今回は、面白いコンセプトのお酒が入荷したのでご紹介いたします。

 すえながく 純米大吟醸 1800ml



このお酒は新潟県出身のアウトローの地酒職人 白澤芳秀氏(40歳)
が酒質設計から造り、販売までの一切の責任を負うという条件の下
(簡単にいいますと白澤氏は1本仕込む請負杜氏のようなものとご理解ください)、
福島県喜多方市にある銘醸蔵(資)大和川酒造店様の機械設備をお借りし、
純米吟醸とともに1本ずつ仕込んだ入魂の作がこの「すえながく純米大吟醸」です。
白澤氏
大和川さんは自動製麹(自動で機械が麹を作る)なのですが、
この「すえながく」だけは白澤氏がどうしても麹蓋(こうじぶた)
を使った手造りで麹を作りたいとの申し出を、佐藤工場長による特別
なはからいによってそれが実現されました。
面白いのは、杜氏と蔵元の関係にも変化が始まっていること。
通常は杜氏は蔵元に雇われる形で、仕込みのシーズンに働く形態なのですが、
この場合は酒造会社が手配をしているものの基本的には杜氏が営業、
受注を行いその契約量をつくるために蔵元の設備を借りて仕込みをおこなうという、
逆の流れが起きています。
これは、成熟した市場において、顧客へのマーケティングも含んだより
付加価値の高い製品を(比較的)少量生産するというモデルへの転換を示しています。


すえながく 純米大吟醸
蔵元:大和川酒造店(福島県喜多方市)
すえながく 純米大吟醸原料米:山田錦    精米率:50%
フリーの杜氏である白澤氏が、長年培った伝承技術で醸造した、
こだわりのお酒です。首都圏の日経新聞に掲載され、大好評を受けたそうです。
数量限定品。
純米大吟醸 1800ml  ¥3350

 今回は限定6本のみ入荷です。

   ↓  ↓   ↓

http://www.urban.ne.jp/home/a123456a/suegaku.htm


=======================================================


  日本酒の飲み方の変化

 夏はビールだろう!というのが今までの一般常識という感じでしたが、最近
 の若者は、ビールよりも焼酎(酎ハイ、カクテル)、リキュール類を多く
 好むようになりました。また、サラリーマンもビールから発泡酒に取って
 替わり、飲みたいものより財布と相談しながら飲むという時代背景となっ
 てきております。
 当然、外で飲むより家で飲むほうが多くなり、外で飲む時は、それなりの
 演出のあるところで(雰囲気も大切にして)飲むようになってきました。
 一昔前までは、女性がビアガーデンでビールジョッキを片手にグビグビ飲
 むなどというシーンは見られませんでしたが、男女雇用均等法に見られる
 ように、社会一般で男女差別がなくなり女性も外で飲む機会も増え、むし
 ろ高級なレストランでは、ワイン片手の女性の方が多く見られます。

 これからは、自分にあった(自分流)美味しい飲み方や健康的な飲み方を
 する傾向にあります。
 それには、それぞれのお酒の特徴や特質を知り、飲み方を自分流で研究す
 ると、お酒は単なる至酔飲料ではなくなり、生活シーンの演出の一部であ
 り、リッチな気分、ストレス解消、料理との相性で食事も楽しくなります。

 一口にお酒といっても、醸造酒(ビール、ワイン、日本酒など)蒸留酒
 (ウィスキー、ジン、ウォッカ、焼酎、テキーラ、ラムなど)、混成酒
 (薬草・香草系、果実系、種子系などからできている、いわゆるリキュ
  ール類など)がありますが、飲み方をおおざっぱに分類すれば、醸造
 酒は、料理と一緒に楽しみ、蒸留酒はアルコール度数が高く身体を冷や
 す効果が大きいので夏向き(ビールだけが夏の飲み物ではありません)、
 混成酒は、原料の特徴を活かしたカクテルなどでムードを楽しむといっ
 た感じで飲めばよいのではないでしょうか。
 これからの時代は、楽しい飲み方、美味しい飲み方を自分流に研究して
 食事にこだわるのと同じくらいこだわりをもって楽しんでもよいのでは
 ないかと思います。
 それには、良い酒販店を開拓して、惣菜を買えば、一人で
 も結構リッチな晩餐が送れますよ。
 グラスや食器などにこだわるともっと(安上がりで)リッチな気分が味
 わえます。
 もはやお酒は、到酔のためでなく、美味しく、楽しく飲むためのもの、
 自分流の生活シーンのための演出の一部になりつつあります。
 最後に、日本酒はその成分や特質からみて夏に冷して飲んでも、他の酒
 類に較べて身体に優しいお酒です。
 夏の川魚や枝豆、豆腐などと適量飲めば、食欲不振や夏バテにも役立ち
 ます。夏バテや食欲不振の時は、梅酒が最適です。やはり、アルコール
 度数の高いものは、薄めて飲んでください。何でも自分流で楽しくやっ
 てください。これが最近の飲み方です。




                    でわ♪(^-^)/~ マタネッ
                     担当 西岡秀峰


*〜〜*〜〜*〜〜*〜〜**〜〜*〜〜**〜〜*

  楽酒楽食 (にしおか)

  723-0016 
広島県三原市宮沖1-7-9
(TEL) 0848-62-2662
(FAX) 0848-64-1806
(URL) http://www.urban.ne.jp/home/a123456a/
Eメール a123456a@urban.ne.jp

*〜〜*〜〜*〜〜*〜〜**〜〜〜〜**〜〜*

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-19  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。