お酒・ワイン

楽酒楽食ニュース

本来、酒の席での主役はアルコールでも食事でもなく、友人などとの
会話などを、楽しむ事これに尽きると思います。
ここでは、本来脇役のアルコールや食事について、勉強していこうというコンセプト」です!
(広島県西条町の清酒を中心に、こそっと販売もネ!)

全て表示する >

灘、伏見、と並ぶ酒処「西条」の酒!

2004/07/01

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 楽、酒、楽、食、ニュース  vor.2


  皆様の、より高感度な感性で統一されたライフシーンを
 演出する、お手伝いが出来るような酒を紹介していきたい
  と考えています。
                        西岡酒舗

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
     夏本番!当店のお薦めの冷酒!西条鶴・吟醸生酒720ml

http://www.urban.ne.jp/home/a123456a/
                          西岡酒舗
======================================================================
いつもメールマガジンをお読み下さり有り難う御座います。
さて久々のメルマガですが(汗)自信をもって紹介できる清酒が入荷
したので(思い出したからでは、ありません・・笑)配信します。


前回、西条鶴の「吟醸生」をご紹介させて頂きましたが
予想を超える大反響でした。
今回は、雨後の月の特注品。
この時期限定の最高峰「全国新酒鑑評会金賞受賞酒」が目玉です。
また、今回現在、全国的品不足の芋焼酎を1種類だけですが、ご紹介
いたします。。
(しかし、芋焼酎のブーム?は全国的に凄いですね。
これが、ワインのようにブームのみに終わるのか、定着するのか、
皆さんはどう思われますか?)

是非ともこちらもお目を通し下さい。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 ★ メニュー ★ 〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◆ 雨後の月: 数量限定 金賞受賞酒 

◆ 金泉  : 数量限定 「白い稲妻」純米吟醸あらしぼり 

◆ 正春  : 売り切れ御免! 数量限定 芋 焼酎

………………………………………………………………………………………………………………………………

雨後の月・全国新酒鑑評会金賞受賞酒 720ml

今年度のお酒のコンテスト「全国新酒鑑評会」で金賞を受賞しました。なんとその受賞酒を市販いたします。
新しい広島産酒造好適米「千本錦(山田錦と中生新千本との交配によって開発された。)」を使用した大吟醸
です。雨後の月特有の芳香な香りと、千本錦独自のやわらかな旨味が絶妙のバランスでマッチしています。
原料米・・・千本錦   精米歩合・・40%  日本酒度・・・+5   アルコール・・15〜16
酸度・・・1.1   容量・・720ml

720ml・・・・¥5250(税込)  販売店・数量限定品

↓    ↓     ↓

http://www.urban.ne.jp/home/a123456a/ugo.htm#1


………………………………………………………………………………………………………………………………




金泉・「白い稲妻」純米吟醸あらしぼり 

『白い稲妻』・・・かなりハジケたネーミングです。このお酒は「にごり酒」ではありませんが、粗めの布で丁寧に手搾りしたため、「もろみ」が混入しております。まず、封を切った瞬間から漂うメロンやマスカット、ピーチのようなフルーティーな香り。まるでクリームソーダのような液体です。耳を近づけるとピチピチとガスが音を立てて微発砲しています。やさしい甘味がお酒に溶け込んでいて、まるでシャンパーニュや身近なところではクリームソーダのようです。  
(冷蔵庫で寝かすと、さらにまろやかになると思います。)

原料米・・雄町  精米歩合・・50% 日本酒度 ・・+3
酸度・・・1.2   アルコール度数15〜16

720ml・・2200円(税込)   販売店・数量限定品

 ↓     ↓     ↓

http://www.urban.ne.jp/home/a123456a/kinnsenn.htm#2


………………………………………………………………………………………………………………………………

こだわりである”手造り”の逸品です。

正春 まさはる 芋

この「正春」は、芋の風味の生きた正統派といえる味といえます、独自製法のいも原酒を熟成さ、芋焼酎「正春」の個性を更に磨き上げた個性派好みの芋焼酎です。古墳や古代遺跡が乱立する歴史のある街、宮崎県西都市の焼酎で、明治初期創業以来の昔ながらの伝統と技術を生かし、厳選した原料と熟練した伝統の技で醸した本格焼酎のです。豊かな味と香りがなんともいえない芋焼酎です。
原料は地元産を使用し、掘りたての新鮮な小金千貫(こがねせんがん)などを厳選、直ちに蒸し上げ、明治元年以来の弊社伝統製法麹と共に仕込まれます、山間の三納蔵で熟成させた後、風味を整え再度静かに安定させた特別誂え(あつらえ)の逸品です。

※飲んだコメント
香りも常圧蒸留特有のしっかりとした芋らしい香りです、シャープな口当たりですが、徐々に甘みが浮き出てくるタイプです。

*販売店限定
*アルコール度数25度
*原料:芋・米麹(白麹)
芳醇な旨みを感じる 湯割り・水割りが合います。

   ↓      ↓      ↓
http://www.urban.ne.jp/home/a123456a/masa.htm#3




………………………………………………………………………………………………………………………………
<モヤシの胡麻和え>

 【材料】
  1)モヤシ 1パック
  2)つまみ菜 一つかみ
  3)鶏のささ身 2本
  4)人参 5センチ
  5)調味料(A)
    酒 大さじ2、水 大さじ1、塩 少々
    調味料(B)
    胡麻ペースト 大さじ3、酢 大さじ2、砂糖 大さじ3、
    醤油 小さじ2

 【作り方】

  1)モヤシはヒゲを取る。つまみ菜は洗う。
  2)1)の野菜は、熱湯でサッと茹で、冷水に取り、水気を絞る。
  3)鶏のささ身は筋を取り、調味料(A)をふりかけ、蒸し煮にする。
    茹で上がったら細かく裂いておく。
  4)人参は側をむき、細切りにする。
  5)調味料(B)は混ぜ合わせ、2)の野菜と3)のささ身、4)の人参を
    加え、混ぜ合わせる。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

一人でお酒を楽しむには

 男女雇用均等法ももはや当たり前の世の中となり、女性も夜遅くまで仕事
 をして、長時間の仕事や人間関係に疲れてたまには(最低1週間に一度は)
 酒でも飲んでストレスを解消したくなる。
 女性が一人でバーや居酒屋にいくのもちょっと気が引ける。かといって無理
 に会社の同僚や友人と行くのも面倒だというときに。
 「お一人様向上委員会」なるがサイトあるのを小耳にはさんだ。
 そのサイトでは、「おひとりさま」の5つの定義というものがあるようです。

 1.「個」の確立ができている大人の女性
 2.「自他共存」していくための、ひとつの知恵
 3.仕事も恋もサクセスするために身につけるべき生き方の哲学
 4.individual
 5.通常は、一人客に対する呼称

 仕事に疲れ、人生に疲れを感じ始めたらこんなサイトを覗いて見るのも、
 息抜きになるかもしれません。
 当然、女性が一人で行くお店を目当てに行く男性もいるでしょう。
 いきなり一人で行くのも気が引ける方は、一度同僚と行って下調べをするの
 もよいかもしれません。

 お店に行くのも面倒な方は、自分の城に帰ってから楽しむ方法もあります。
 ハレの日の祝い酒ではないのですが、がんばっている自分のご褒美として、
 デパ地下で高級な惣菜とちょっと奮発して吟醸酒か純米吟醸酒の4合ビンな
 ど買い込んで、好きな音楽などをかけ、器や食器などちょっとリッチなもの
 を用意してイメージを膨らませてゆったりとした時を過ごすのも必要かと思
 います。ゆったりとした海のイメージビデオやDVDなどもよいかもしれません。

 自分のペースを取り戻す時間を見つけると意外とやる気が起こってきて、自
 分自身が元気になります。
 お酒は、ヤケ酒で飲むのではなく、あくまでもリッチな気分を演出してくだ
 さい。
 「おひとりさま」が気になる方は、「おひとりさま向上委員会」とキーワー
 ドを打って検索してみてください。


                       でわ♪(^-^)/~ マタネッ
                           担当 西岡秀峰


*〜〜*〜〜*〜〜*〜〜**〜〜*〜〜**〜〜*

  楽酒楽食 (にしおか)

  723-0016 
広島県三原市宮沖1-7-9
(TEL) 0848-62-2662
(FAX) 0848-64-1806
(URL) http://www.urban.ne.jp/home/a123456a/
Eメール a123456a@urban.ne.jp

*〜〜*〜〜*〜〜*〜〜**〜〜〜〜**〜〜*

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-19  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。