トップ > マネー・政治・経済 > 投資 > 専業トレーダー Atsuyaの命の銘柄!

専業トレーダー Atsuyaの命の銘柄!

RSS

広島在住のAtsuyaが専業取引をやっております
命の銘柄を発信しております。
初心者、株を始めて間もない方が対象となります。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガは最新記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
2006-06-30
発行部数:
160
総発行部数:
140933
創刊日:
2004-02-16
発行周期:
平日刊
Score!:
-点

専業トレーダー Atsuyaの命の銘柄!休刊のお知らせ

発行日: 06/30

専業トレーダー Atsuya の命の銘柄! 6/30  版

※初心者、初級者限定※

2年4ヶ月余りという、私もよく続いたものだと思いますが、
この度新規事業の方が大変多忙になりこちらのメルマガは
一旦休止させて頂くことになりました。連載当初から数多くの
方々に励まされ、続けることができて本当に有難うございました。


マーケット概況

・日経平均      15505.18(+384.03)・東1部売買高  16.51(億株)
・同先物        15510   (+380)   ・同売買代金   25,071(億円)
・TOPIX         1586.96 (+39.21) ・同時価総額   505 (兆円)
・東証2部       4385.87 (+27.59) ・値上がり     1443
・日経JQ        2342    (+13.02) ・値下がり     187

 30日の東京市場は大幅続伸。日経平均は400円弱上昇し、約1ヵ
月ぶりに15500円台回復した。業種別では全業種が値上がりし、
その中でも、鉱業、不動産、輸送用機器、非鉄金属、石油石炭など
が値上り率上位。一方、パルプ・紙、空運、水産・農林、その他製
品、倉庫運輸などが比較的軟調に推移した。売買代金上位は、みずほ
、三菱UFJ、ソフトバンク、三井住友、トヨタ、日産自など。


<NY市場は、FOMC後の声明で利上げプラス景気減速にも言及ビッグサプライズで大幅高> 


NYDOW  11190.80  +217.24
NASDAQ  2174.38  +62.54
CME   15480  +350(大証比)
NY円  115.05  -1.40

外資系売買動向
売り2850万株
買い 3360万株
差引  +510万株


市場では、「FOMCを通過し、声明文をプラス評価したが、バラ色に変わった
訳ではない。世界的に利上げ、インフレ抑制、緩やかな経済成長の流れにあり、去
年のような金融相場から業績相場への端境期と判断している。業績上ブレ期待の個
別銘柄への踏み込みは強まろうが、平均株価の上値トライは業績動向を確認した後
だろう」(丸三証券)

さて、この数日上げたり下げたりの幅が大きく、売りと思ったら買いだったりすることが
多くて、なかなか困難な相場が続いていた。本日、ここまでのNYの上げを見せられたら 


買うしかないが、先物でいきなり+390円の大幅窓上げでは、実態がなさすぎる。

とにかく出来高が少ない。昨日の先物はなんと56550の取引しかないのにあれだけ
上がっている。

新興市場も1188ポイントと言う記録的安値をマザーズは6月2日につけている。
そこから1973 → 1188 そして4割戻しの1491まで、

連日のIPOもドリコム、アドウエイズ、NICなど絶好の買い場を提供して急上昇を続けてきた。

日経平均17563円 → 14042円 の 半値戻し基準となる15804円近辺まできた。

この6月は12ヶ月中最大の23営業日もあり、あまり記憶にないかもしれないが、
6月1日は、15,603円で実はスタートして なんと今日最終日、月足ではかなり長い下ひげを
示している。

後半に入る7月からは日銀のゼロ金利解除を考えての、6月と同じ神経質な上げ下げが 


ある相場になる可能性がある。あせらずゆったりと自分の姿勢を決めて、相場に神経を 


あまり入れず、機械的にやることを癖付ける心理習慣をつけたらどうだろうか。


株式投資における最大の敵は、まさしく己であり、己の感情だと私は思います。
この感情、自分の心理をコントロールすることさえできれば、株式投資では生き残っていくことが
できると考えます。

即ち、資産増加ばかりに目をとらわれず、必ずリスクを管理すること。減らさない努力をすることに
1番の力点を置いても良いと考えます。

個人ができる唯一のものは損切りのみです。
日々のトレードで失敗することは至極当たり前で当然のことです。


皆様有難うございました。


【値上がり率上位】

 コード  社名    前場終値 前日比 前比率 
1 4003 コープケミ  203   +19   +10.33% 
2 7744 ノーリツ鋼  2,570  +230   +9.83% 
3 2331 綜合警備   2,210  +175   +8.60% 
4 7999 武藤工業   242   +19   +8.52% 
5 8309 三井TH   1,365  +100   +7.91% 
6 8326 福岡銀    848   +61   +7.75% 
7 7756 電産コパル  1,544  +109   +7.60% 
8 1515 日鉄鉱業   811   +57   +7.56% 
9 8050 セイコー   1,066  +74   +7.46% 
10 6349 小森コーポ  2,380  +155   +6.97%

【値下がり率上位】

 コード  社名    前場終値 前日比 前比率 
1 8980 LCP投資  413,000 -33,000 -7.40% 
2 6136 OSG    1,910  -135   -6.60% 
3 7962 キングジム  1,187  -46   -3.73% 
4 3349 コスモス薬  2,825  -95   -3.25% 
5 7296 FCC    2,240  -75   -3.24% 
6 6423 アビリット  1,131  -29   -2.50% 
7 3436 SUMCO  6,410  -160   -2.44% 
8 8564 武富士    6,690  -160   -2.34% 
9 8572 アコム    6,110  -140   -2.24% 
10 8567 クレディア  1,187  -27   -2.22%

○大型鉄鋼株が堅調
新日鉄<5401>(前場終値431円+6円)、住金<5405>(前場終値468円+10円)、
神戸鋼<5406>(前場終値365円+9円)JFEHD<5411>(前場終値4,820円+
100円)など。引き続きオランダのミタル・スチールによるアルセロール買収を
受けての世界的な業界再編の思惑が手掛かりとなっている模様。

○三井トラスト<8309>(前場終値1,365円+100円)
GSが「強い買い推奨」のリストに採用し、目標株価1,877円に設定した模様。

○自動車株が堅調
日産自<7201>(前場終値1,256円+66円)、トヨタ<7203>(前場終値5,880円+
130円)、三菱自動車<7211>(前場終値210円+2円)、ホンダ<7267>(前場終
値3,590円+50円)、スズキ<7269>(前場終値2,460円+55円)など。FOMC
の重要イベントが通過したことで、買い安心感がこうしたところにも出ている
模様。

○LTTバイオ<4566>(前場161,000円買い気配)
一部報道で同社などが関節リウマチなどの治療のため、抗炎症薬を注射で患部
だけに送り込む技術を開発したと報じられたことが手掛かり。

○セイコー<8050>(前場終値1,066円+74円)
今3月期の業績見通しを上方修正。最終利益が従来予想150億円から205億円(
前期比2.2倍)に増額。固定資産売却益が発生するため。目先回転狙いの資金が
流入しているとも。

○綜合警備<2331>(前場終値2,210円+175円)
防犯関連のほか、GSが「買い推奨」としていることや信用倍率0.15倍という
好取組を指摘する声が聞かれた。

○OSG<6136>(前場終値1,910円−135円)
5月中間連結決算を発表。経常利益は79億5,000万円(前年同期比24%増)と増
益となったものの、従来予想の85億円を下回ったことが嫌気されている。

○ゼンショー<7550>(前場終値2,995円−5円)
前日に500万株・151億7,000万円規模の公募増資を行うと発表しており、これに
よる需給悪化や希薄化が懸念されている。このほかに40万株を上限とするオー
バーアロットメントによる売り出しなども同時に発表。1対2株の株式分割も
発表したが、こちらはあまり注目されていない。

○コニカミノルタ<4902>(前場終値1,451円+77円)
来年度にも有機ELを照明向けに商品化すると報じられたことを好感。10年度
に200億円を目指すとも。



 昨日の日経平均株価は大幅反発となった。6月28日の高値14998円を上回り、15000
円という心理的な節目を突破。さらに6月27日安値15095円からのマドも埋めた。こ
れにより、28日は急落したものの、目先では同日の安値14824円が底値となった。そ
のため、28日の下落は6月21日安値14482円からの短期の上昇トレンドに対する修正
とはなったものの、年初来安値14045円(6月14日)からの上昇トレンドに変化はな
い。さらに、25日移動平均線15099円を27日に次いで終値で突破したことで、中期的
な上昇基調が強まっている。そして、このまま昨日の高値15137円を上回れば、目先
では14824円を底値とする新たな上昇トレンドも確認できる。その場合の上値の節目
は戻り高値の15216円(6月26日)。これを上回れば、15216円〜14824円までの下落
幅の倍返しとなる15600円水準が目標値となる。ただし、その間には17375円(5月8
日高値)〜14045円までの下落幅の38.2%戻しとなる15320円や、200日移動平均線
15396円などの節目がある。一方、下値は15000円が最初のサポート・ライン。さら
に、昨日の安値14975円を割り込むと、15216円からの下落トレンドが確認される。

株式分布状況調査

1=個人株主数…全国上場10年、JQ11年連続増
05年3月 → 06年3月 比率
全国上場 3539.2 3807.9 +268.7万人(+7.6%)
 JQ 219.2 286.4 +67.2万人(+30.7%)
合計 3758.4 4094.3 +335.9万人(+8.9%)

2=個人及び外国人持株比率(金額ベース%)

個人05/3 → 06/3 比較 外国人05/3 → 06/3 比較
・全国上場 20.3 19.1 ▲ 1.2 23.7 26.7 +3.0
・J Q 51.3 47.2 ▲ 4.1 9.7 13.8 +4.1

強気材料
・米国株式は大幅高、利上げ継続の可能性後退
・米金利敏感株堅調、長短金利低下を好感
・カナダの携帯メール端末RIMが時間外で一段高、市場予想上回る決算
・シカゴ225先物は大幅高、大証比350円高
・NY債券は反発、10年債利回り5.20%に低下
・NYダウ、25日線を一気に突破
・米1−3月期GDP、5.6%に上方修正
・フランクフルト株式、DAXは大幅反発
・ロンドン株式、FTSE百種は大幅続伸
・中小企業も資金需要拡大、銀行貸出残高3ヶ月連続増
・5月の自動車生産、7ヶ月連続プラス
・5月の半導体製造装置受注額、9ヶ月連続プラス
・5月の建設機械出荷額、44ヶ月連続プラス
・工作機械受注DI、7月見通しもプラス
・5月の都市ガス販売量、29ヶ月連続プラス
・信託銀、5週連続買い越し
・新興市場の中小型株の出直り基調目立つ

弱気材料
・NY原油相場は7営業日続伸
・米アップルが時間外で冴えない、ストックオプションで不正行為
・NY円相場は反発、115円15-21銭
・外国人投資家、4−6月期に4年ぶり売り越しへ
・小売株軟調、3−5月期業績の苦戦目立つ
・個人投資家の買い余力回復鈍い
・イージス艦「きりしま」帰国へ、北朝鮮ミサイル問題
・イラン核開発問題
・日経平均、13週、26週線とのデッドクロス

[サポート&レジスタンス]
終値            15121
5日移動平均        15091
先行スパンB        16536
先行スパンA        16273
100日移動平均      16181
標準偏差+2σ       15732
200日移動平均      15397
レジスタンス(2)     15240
レジスタンス(1)     15181
25日移動平均       15100
基準線           15079
ピボット          15078
サポート(1)       15019
サポート(2)       14916
転換線           14850
標準偏差−2σ       14146




****************************************************************************


■発行者    Atsuya

■ホームページ http://plaza.rakuten.co.jp/trader/ (毎日更新楽天日記♪)
        
                       ★ご意見・ご感想も、こちらまで     

■解除用URL マガジンID 110358

  http://melma.com/contents/taikai/



****************************************************************************

※※※ご注意※※※※※※※※※※※※ご注意※※※※※※※※※※※※
このメルマガが提供するこれらの情報は、株式投資の参考となる情報の提供のみ
を目的としたもので、投資の勧誘をするものではありませんし、銘柄選択や投資の
決定は、ご自身での判断・責任でなさるようお願い致します。
基本的には、私Atsuyaの備忘録の為ですので、ご了承くださいませ。
また、掲載された情報は、その情報の確実性を保証したもの
ではありませんのでご注意ください。
これらの情報によって生じたいかなる損害についても、
当方および情報提供者は一切の責任を負いません。
記事内容に関するお問い合わせに
関しましては、一切お答え致しかねますのであらかじめご了承ください。
※※※ご注意※※※※※※※※※※※※ご注意※※※※※※※※※※※

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. 【はっしゃん】のスロートレード

    最終発行日:
    2016/12/06
    読者数:
    649人

    科学的根拠に基づいて株式投資の不確実性を極力排除したストレスのかからない「スロートレード」を追求・実践します。

  2. ◆株式投資/デイトレで億万長者になろう!◆ お助けバンクNews

    最終発行日:
    2010/04/19
    読者数:
    1317人

    ◆株式投資/デイトレで億万長者になろう!◆ 金儲けの達人(デイトレ・短期)たちが、 日々リアルタイムで儲かる「銘柄情報」を、「買い時」「売り時」を単純明快に発信! 億万長者を目指す投資家/デイトレーダーのための情報基地。 通称◆TOKYO金儲けPARTY◆

  3. ♪株でお小遣いを稼ごう♪

    最終発行日:
    2013/08/30
    読者数:
    2207人

    カブステではトップ。まぐまぐでも既に殿堂入り。儲けたい投資家さん、株に興味がある初心者の方、まず登録を。知識・経験・情報・分析力はお墨付き。情報も満載。メディアにも続々掲載中。

  4. 金では買えない「金融裏情報」

    最終発行日:
    2016/01/14
    読者数:
    20449人

    世の中にはびこる金融商品や投資話の80%以上は投資家を欺きはめ込むためのものです。当研究会では、そんな金融業界に一石を投じます。

  5. ■>>〔デイトレ王〕株の秘訣!!『デイ・短期』明日の戦略は!?>>■

    最終発行日:
    2010/04/18
    読者数:
    16401人

    ■連日ストップ高的中!■【勝率95%をキープ!】儲かる銘柄をズバリ!タイムリーにお届け!!デイトレ〜短期、長期にも対応★★★【デイトレ王】の話題沸騰の奇跡のメールマガジン!

発行者プロフィール