トップ > 健康 > 医学・薬学 > お医者さんも語らない・薬効と副作用の全貌・薬選びに失敗しない法則

お医者さんも語らない・薬効と副作用の全貌・薬選びに失敗しない法則

RSS

お医者さんも語らない!薬局だから知っている「薬効と副作用の全貌」、薬選びに損しないための「薬選びに失敗しない法則」、風邪をひかない方法・すぐ治す裏技、読者の方の質問などに本音でお答えいたします



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガは最新記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
2004-10-03
発行部数:
54
総発行部数:
108
創刊日:
2004-02-15
発行周期:
隔週
Score!:
-点

薬効と副作用の全貌・薬選びに失敗しない法則

発行日: 10/03

こんにちは やまいち薬品の石沢です。

▼メルマガ相互紹介です。
*******************************************************************
■■■■■・・メルマガ・・「親力で決まる子供の将来」・・■■■■■■■■■

      『 家庭教育で我が子を伸ばしたい方 』へ

教育界における屈指のメルマガ!!・・・読者数はナント9400人!!
購読の登録も解除も一切無料 http://www.mag2.com/m/0000119482.htm 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 
考えてみれば、うちは野放し状態だった(石沢)
*******************************************************************
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
■■
■■  お医者さんも語らない・薬局だから知っている
■■       『薬効と副作用の全貌・薬選びに失敗しない法則』
■■
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2004/ 10/3  7号 ━■■
======================================================================
■■今日のテーマ■■《口内炎できやすくないですか?》
======================================================================
■『ナイアシン』とは?
-----------------------------------------------------------------------
『ナイアシン』とは「ニコチン酸(旧名:ビタミンB3)」と、その誘導体である
「ニコチン酸アミド(旧名:ビタミンB4)」の総称で、

食品中ではこれらの形で存在していますが、
アミノ酸の「トリプトファン」からも体内で合成されます。

なお、化学名である「ニコチン酸」は
タバコに含まれる「ニコチン」とは全く関係ありません。


最近では、子供にも多く見られる口内炎や舌炎などは
「ナイアシン」の欠乏に原因があるとも言われています。


また、ナイアシンの欠乏により引き起こされるものに
「ペラグラ」という病気があります。

初期症状は皮膚炎で、特に太陽に当たった部分に起こります。
口内炎や舌炎など、粘膜にも炎症が起こりやすくなります。

また、神経機能が障害を受けるため、
倦怠感や痴呆症を引き起こすこともあります。

さらに、消化器系が障害された場合は、食欲不振や下痢などが起こります。

通常の食生活をしていれば
ナイアシンが不足することはめったにありませんが、
タンパク質の摂取量が少ない場合や、アルコールの過剰摂取の場合
ナイアシン欠乏症からペラグラを発症することもあります。


口内炎について、詳しくははこちらです。
http://www.hamq.jp/stdB.cfm?i=SIMITOHADAARE&pn=7
---------------------------------------------------------------------------
■『ナイアシン』の働き
---------------------------------------------------------------------------
☆ 糖質・脂質の代謝を助ける。
☆ 脳神経の働きを助ける。
☆ 皮膚や粘膜を正常に保つ。
☆ 性ホルモンやインスリンの合成に関与。
☆ アルコールを解毒する。
☆ コレステロールと中性脂肪を減らす。
☆ 血管を拡張する。


【多く含まれる食品】
カツオ、マグロ(赤身)、ピーナッツ、鶏肉などに
ナイアシンが多く含まれています。
これらの食品には、ナイアシンを合成するトリプトファンも豊富に含まれています。


【1日の所要量】
男性16〜17mgNE/女性13〜14mgNE
ナイアシンはトリプトファンから合成されるので、これもあわせて
ナイアシンに換算したナイアシン当量(mgNE)という単位を用います。

1mgNEとは、1mgのニコチン酸、1mgのニコチン酸アミドあるいは
60mgのトリプトファンです。


【効果的な摂り方】
ビタミンB群は互いに協力し合って働くので、
ナイアシンを医薬品やサプリメントで摂取する場合は
他のビタミンB群と一緒に摂取したり、食後に摂取するといいでしょう。

《代表的な医薬品》
チョコラBB、ハイシーBメイト

また、お酒を飲むほど、ナイアシンが消費されます。
その場合は、ピーナッツなどのおつまみを一緒に摂ることで
二日酔いを防いでくれる効果もあります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■《編集後記》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
薬局・薬店で今現在、一番注目され、良く売れているものといえば
『コエンザイムQ10』ではないでしょうか。
http://www.hamq.jp/stdB.cfm?i=SIMITOHADAARE&pn=8
くわしくはこちらです。


一言で言えば
「体を元気にする、若返りのサプリメント」。

いろんなメーカーから発売されていますが
今の時点では、ほぼすべて品切れ状態だそうです。

何せ、原料(供給)メーカーが日本に4社しかないということだから
品不足になってしまうのも仕方がないところです。


このブームの火付け役が
どうも、資生堂薬品らしいといわれています。
(テレビ局に5000万出して、放送してもらい利益は数億になったとか)


サプリメントなどが大きな話題になるのは、
裏ではほぼこういう感じなんですが、
これほど、大ヒットになるとは、誰が予想したことでしょうか。


しかし、雑誌などでもよく取り上げられ、
とてもよいものであるという認知度は、1〜2年前からけっこうありましたが。



どこの薬局・薬店でも、メーカーでも
この一ヶ月で、一年分以上が売れたという感じではないでしょうか。

そのため、現在はほとんどのお店で、商品が全然ない状態なのに、
うちにはたくさんあり、お客さんに喜ばれました。


今現在もたくさん在庫はあるのですが、 なぜか?といえば

取り扱う商品を決める場合に
知名度よりも内容を重視して決めたのがよかったのかな、と思います。


うちで扱っている「コエンザイムQ10」は
http://www.hamq.jp/stdB.cfm?i=OTOKUOTOKU&pn=12
こちらの「パラサイクル10」というものなのですが
普通のよりも値段は高いのですが、吸収はいいんです。

でも仕入れるにあたって、リスクもあります。
それは、
1.最低10個まとめて仕入れなければならないこと
2.返品不可であること
3.知名度が全くないメーカーのものであること

だから扱っているお店も少ないわけです。


でも
私自身飲みたかったし、
その場合、やはり、値段は高くても質がよく、より効果的なもののほうがいいと思ったし

万が一売れ残った場合、返品できなくても、自分で飲めばいいかな
と、思ったので仕入れました。


「甲陽ケミカル株式会社」というメーカーのもので
このような会社は、私自身最初は知らなかったのですが、
何と、日本に4社しかない原料メーカーの1社だったのです。

なるほど
それで内容も良いし、他のメーカーが品不足になっても、
原料メーカーだから、自社商品はいくらでも作ることができる
というわけです。
---------------------------------------------------------------------------
※このメルマガ記載の内容により生じた損害等についての責任は、負いかねます。
判断・行動などは自己責任でお願いいたします。

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
 ■《提携メルマガ》
───────────────────────────────────
■あなたは一国一城の主!小さな会社を成功させる方法
http://www.1192.ecnet.jp/mailmag.htm

小笠原昭治/著『売りこむな!期待をくすぐれ!!
みんなが使えるプラスマーケティングの7法則』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4495564315/
(大好評発売中)
------------------------------------------------------------------------
■売れたマーケティング、バカ売れの法則(売れたま!)
http://www.mpara.com/mag.htm

売れたま!本 大好評発売中!
『“マーケティング脳”を鍛える バカ売れトレーニング』
佐藤義典(米国MBAの中小企業診断士)著
http://www.mpara.com/uretamabon.htm
なんと【無料電子メールコンサルティング付き】
------------------------------------------------------------------------
■売らずに売れるビジネス最強の法則
http://www.mag2.com/m/0000139167.htm
《発行》成功報酬型コンサルティング協議会
お問い合わせはhttp://blog.livedoor.jp/saikyo/
───────────────────────────────────

=======================================================================
<提携サイト>
癒し系メルマガランキング
http://www.newage.ne.jp/mranking/ranklink.cgi?id=yamaiti
心と身体を癒すメルマガが、すべてここにあります。
========================================================================



■やまいち薬品■
http://www.hamq.jp/i.cfm?i=YAMAKENN
登録・解除はこちらからできます。

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. 癌めーる

    最終発行日:
    2014/02/12
    読者数:
    3118人

    医師・医療従事者・医療ジャーナリストなどの専門家の協力のもと、西洋医学・東洋医学などの垣根を作らず癌に関する情報を公正に配信し、一般人が癌に関する正しい知識を持てる場を提供しています。

  2. 医療21

    最終発行日:
    2011/04/18
    読者数:
    1180人

    21世紀は生命科学が急速に進展し、それに伴ない医療も大きく変わろうとしています。「医療21」は医療・健康・薬学に関する情報を提供するメルマガです。遺伝子治療、ガン、糖尿病、心臓病、組織工学、健康食他。

  3. e-doctor ドクタースマートの医学なんでも相談室

    最終発行日:
    2016/12/05
    読者数:
    3291人

    読者の質問に内科医であるドクタースマートがお答えするメルマガです。病気に関するどんなことでも、なんでも質問してください。すべての質問に、ドクタースマートが本気・本音でお答えいたします。

  4. 速読!今週の医療界

    最終発行日:
    2011/07/20
    読者数:
    1278人

    医療界のニュースを1週間分まとめてダイジェスト。医療・福祉関係者の“生”の声を取り上げる「今週の一言」のほか、セミナーや書籍情報など医療・福祉経営に役立つ情報が満載です。

  5. 毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

    最終発行日:
    2016/11/29
    読者数:
    370人

    "白い巨塔"のごとく隠される医療ミスや情報の改ざん。病院、薬、獣医、ペット、バイテク、野生生物等"生"に直結する情報を鋭利なコラム、現役医療関係者のリポート、クチコミ+αで伝達。無料レポート配布中!

発行者プロフィール

あかさ

あかさ

http://www.hamq.jp/i.cfm?i=YAMAKENN

隠居塾生の「あかさ」と申します。