超常現象

マスターたちの「希望実現の法則」

マスターたちの究極的な『人生の成功法則』を、スピリチュアルな角度から、わかりやすく解説。ヒーラー、リーディング、チャネリング、スピリチュアルなことに興味のある方すべてに極上のメルマガです(^0^)!1

全て表示する >

マスターたちの「希望実現の法則」 特別編

2006/03/25

無料メルマガは、↑ 広告を載せられています \(^0^)/ ひょえ〜〜お代官さま〜〜!



マスターたちの『希望実現の法則』NO.00  2005年  3月 25日   
 
                     エド&メイジーSpiritual World
                     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□  
   意識+エネルギー=次の現実     『予告・自然の秩序をマスターする』
   意識+エネルギー=意図          〜超意識とは何か?〜 シリーズ
                     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 
   意図したことはやがて現実化してる。   
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□  



こんにちは、tomokiです。


すっかり凹んでおりました。tomokiさんでありますけれど、実は前回のメールの翌日より、奇跡的な展開が始まり、しかも長年抱いていた大きな疑問も解決し、あれよあれよと言う間に浮上してきました。(笑)



さかのぼること半年以上前、自分の中でココロの整理がつかず、自分の位置が定まらないままの生活をしておりましたが、その理由の一つとして、『光の海』(ワンネス)と『潮の流れ』(自然な展開)を知った人間として、この人として生きる上でとても大切な智慧をいったいどうやって人に伝えてゆけばよいのだろう?というのがありました。


あまりにも衝撃的でしたし、それは神さまからの贈り物。

ギフトとして、人に送り届けてゆきたいものでもありました。


でも一人ではなかなか伝えてゆけるものでもありませんし、生活してゆけれるものでもありませんでした。

疑問の一つとして、これで生活できるの? 仕事なんて出来るの?

というのがあって、これが本当に使命であるのなら、道が用意されているのだろうか?

なんだかんだいいながらも生活できるのだろうか?

などなどがありました。


でもさすがに生活の基盤を安定させていないと、僕とてさすがに不安がつのるもので、年末はボロボロのオンボロ。(^^;)

基礎が大事だな〜とつくづくと思い知らされました。


そうして、もうひとつの疑問は長年抱いていたもので、『光の海』でゆったりと平穏に過ごしていると最後どうなるの?

というものでした。


いったいどこまでがゆったり過ごせていていいのだろう?

穏やかさと行動のバランスはどこで取れているのだろう?


インドなどの東洋思想というのは、ほとんどのマスターと言われている人たちが、『真理は存在なのだから、何もしなくても良い。存在していること自体が悟りである』みたいなことをよく言っています。


ほんまかいなと思います。


どうもこれ信じられない。



確かに一理あるけど、なんかインドのインチキくさ〜〜い思想に思えてしまいます。


インドのようなフンドシ一枚ですごせるようなところで住んでるから、その程度で生きられるんでしょ。って感じで。。。


あまりこれを信奉している人たちで、『いい顔』している人見たことないし、顔や本の表紙見ても、ぼや〜〜と白いもやがかかったように見えてしましいます。


やはり、行動・意欲・湧き上がる欲望的な望みも大切だと思うし、自己啓発書などで言われていることも大切な面があると思います。


というわけで、行動(動)と穏やかさ(静)の接点を知りたかったのと、穏やかなままでいったいどこまで通用するの?

『光の海』はいったいどこまで凪いで行って、すばらしい場所まで連れて行ってくれるの?


ということを知りたかったのです。



で、結論。



コケました。ドテッ レー〇



もうどうにもならないので、ゼロから出直そうと思って、前回のメルマガを出すことになりました。





前回のメルマガはものすごく苦しい決断であったのですが、全部を捨てきることができました。


全部をリセットさせたかったのです。


全部を諦めることに致しました。



するとどうでしょう。



その翌日のこと。



はじめて立ち寄った、古本屋のとある棚に、2年近く前に出版されていた本が並んでいました。


気になったので、読んでみると、ワナワナ震えました。


そこにヒントが書いてあったのです。


この4年近く悩んでいた大きな疑問。



山川掲示板や、ホームページ、そしてメルマガを作るきっかけとなっていたもう一つの理由としてずっと引っかかっていた疑問の内容の答え。


そしてディーバック・チョプラの最新刊にも、そのヒントがありました。


そうか! 自然の秩序とは、超意識のことなんだ!

超越意識のことじゃないか!


そしてよく考えたら、去年の後半ぜんぜんこの意識を使いこなせていなかった。


だからあんな風にずれていったんだ!


と長年抱いていた大きな疑問に終止符を打つことができたのです。




まさに!



いったん諦めた時に訪れる、おおいなる奇跡!!!!



『いったん諦めるの法則』スバラシイーーー!!!!!


完全にエゴが外れたときに、流れははじまりますね。


今回もようやくエゴを外すことができたようです。


ありがとうございます。<(_ _)> <(_ _)> <(_ _)> 


この後はお金にまつわる奇跡がどんどん起きていって、メルマガに少し書いた後、楽天ブログの『恋するお金の話し』(その3から〜)に書きまくっていますが、本当にああいった奇跡が続いております。


読まれていない方(PC見れない方はインターネットカフェなどに行ってでも、ぜひ読んでみてください)は、とにかく今すぐご覧下さい。

とにかく今すぐ騙されたと思って、忘れないうちに即実行。

取りあえず感謝し、実践してみて下さい。


お金に対する接し方が、360度変わります。


『お金を好きになる』ということを書かれた本などたくさんあります。


あの内容が、肝であり、すごい奇跡を呼び込む秘訣であるようです。


このメルマガを読んでくださってきた、皆さまならスグにピンと来て、次々にあなたでも24時間以内に奇跡を起こしてゆけれる内容になっていると思います。



それほどすごい内容です。



読まれた方からのメールでの感謝のご感想が、幾つか届いているのですが、みなさん僕の初期症状の奇跡体験とおんなじ体験をされていますので、もうそろそろその体験を何度もされ始めて、ついには絶叫メールが来るのも、こりゃ〜時間の問題だな〜と思っています。(笑)



ま〜そんな日常ではありますが、tomokiさんすべてが一新し、来週には引越しをすることになりました。


2月のはじめくらいから、マネーエンジェルさん(諭吉さんたち:笑)との対話をしていましたので、マンションをこんなに安く購入できたのも、マネーエンジェルさんのおかげでもあったと思います。


それほど早く効くんですよ!(←この話し、ええ加減しつこい?:笑)



ま〜〜そんなそんなわけで、引越しをして、落ち着きましたら、またメルマガを再会してゆこうと思いますので、どうぞよろしくでございます。<(_ _)> 


さりげなく予告しておりますが、『自然の秩序をマスターする』〜超意識とは何か?〜

というのを書いてみたいと思っておりますのでどうぞお楽しみに!(^0^)/



====================================

エド&メイジー『憩いの広場』はこちらです。
http://plaza.rakuten.co.jp/spiritual479/


ご意見ご感想はこちらのメールへどうぞ。。
E-mail: baelm400@jttk.zaq.ne.jp


下記は僕の本の案内です。
====================================

HPからの持ってきた、tomokiの電子出版本のご案内。


具体的な内容は、スピリチュアル・ファンタジー。

エドという少年が人魚のニーナを救うために、世界の秘密を探しに行くという内容
です。スピリチュアルなことを例えるには海で例えるとわかりやすいので、『鈴の
海』というのを舞台に主人公が冒険する話です。

最初の20ページくらいまでは、普通に楽しんで書いていたのですが、それ以降は
何かとんでもない世界からインスピレーション受けているかのように自分でも『こ
の後どうなるのだろう?』とワクワクしながら一気に書き上げました。
まったく後のことを考えずに『今ここに在る文章』(笑)だけを頼りに書いていっ
て出来た物語です。

しかし単なるファンタジーではありません。
東洋哲学やスピリチュアルなことをこれでもかこれでもかと盛り込んでいますの
で、スピリチュアルに詳しくない方からメチャクチャ詳しい方まで、けっこう楽し
んで読んで頂けるのではないかと思います。

この本を主人公のエドになったつもりで、『感情移入』して読んでいただけました
ら、幸いです。
そして、エドと同じようにその光景を見たり、感じたり・聴いたり・触ったり・匂
いをかいでみたり、歩いてみたりと、どっぷりと体感していただけましたら、ごく
自然と僕の言っている『流れに任せる』ということが、いったいどういうことなの
かということを『体験』出来るのではないかと思います。
『流れに任せる』とは安易に流されるみたいな意味合いのものではありません。時
にはとても辛い体験の中で、流れに身を任せてゆくことでもあるのです。

この本が世界中でたくさんの方に喜ばれ、たくさんの方の人生の大きな支えとな
り、たくさんの方の助けになることを祈ります。


文芸社審査員からの書評

まさに哲学ファンタジー小説と呼ぶに相応しい作品である。物語としての「ファン
タジー」と、メッセージとしての「哲学」がうまく融合しており、大変美しく、し
かも
「永遠」を感じさせるイメージに溢れている。このタイプの作品としてすぐに思い
浮かぶのは、ヨースタイン・ゴルデルの「ソフィーの世界」であるが、しかし、
「ソフィーの世界」が一般的な意味での哲学を統括するものであったのに対し、本
作品では禅の思想などをもとにした、この作者独自の世界観が提示されており、そ
のあたりに独創性を窺うことができる。

また、「時間」がテーマのひとつとなっていることを考えれば、エンデの「モモ」
を連想させるものであろう。そうした哲学的ファンタジーの作品の系譜に連なる意
欲作なのである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『ある涙の選択』本文より 

   いいかいエド、世界は万華鏡のように展開していくんだ。
   一瞬として同じ場面はないんだよ。一瞬一瞬が君の新し
   い宝物。君の一瞬一瞬が生命の織りなす神秘の中で起き
   ているんだ。         〜国王さまの言葉より〜


電子出版サイトこちらです。↓ 絶賛発売中!
  
   文芸社 ブーン・ゲイト       
  http://www.boon-gate.com/    
        ↓
ブーン・ゲイト歩き方(使い方)のご案内
        ↓ 
こちらの『買う』と『読む』のご説明をお読みいただくと使い方がすぐわかります。
 http://www.bungeisha.com/guide03/index.html


(電子出版とは、インターネットで本の内容をダウンロードし、パソコンの画面上
もしくはそれを印刷コピーして読んでいただけるというものです。パソコンでしか
本を読めない方や本屋の閉まっている時間帯でしか本を買えない方、海外の日本人
の方など、わりと読者数は広いのです。)
=====================================

みなさんありがとうございました〜〜〜!!(^0^)!1

この本ははっきり言って、普通の人はもちろん(出版社の方のように)スピリチュ
アルな人が読むと『ウナリ』ますよ。(たぶん。。:笑)

スピリチュアル歴、短い人から長い人まで、なんにも知らない子供さんから大人さ
んまで、誰でも気軽にどうぞたっぷりご堪能くださいませ。

これからもどうぞエドとメイジーはじめ、スピリチュアルワールドのキャラクター
たちを応援してやってくださいませ!(^0^)//^^^

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

私のホームページはこちらです。。
http://www.jttk.zaq.ne.jp/baelm400/

過去のログはこちら。
http://www.melma.com/mag/75/m00110075/index_bn.html

このメルマガの登録解除も、同じくこのホームページの左のリンク
「登録と解除」からよろしくお願いいたします。。
http://www.jttk.zaq.ne.jp/baelm400/

ご意見ご感想はこちらのメールへどうぞ。。
E-mail: baelm400@jttk.zaq.ne.jp


今日も僕のメルマガを読んでくださってありがとうございました。(^0^)!1
感謝のtomokiでした。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-12  
最終発行日:  
発行周期:週間  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。