超常現象

マスターたちの「希望実現の法則」

マスターたちの究極的な『人生の成功法則』を、スピリチュアルな角度から、わかりやすく解説。ヒーラー、リーディング、チャネリング、スピリチュアルなことに興味のある方すべてに極上のメルマガです(^0^)!1

全て表示する >

マスターたちの「希望実現の法則」NO.95〜『偉大なる人生の法則』編

2006/01/27

マスターたちの『希望実現の法則』NO.95  2005年  1月 27日   
 
                     エド&メイジーSpiritual World
                     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□  
   意識+エネルギー=次の現実       ☆『偉大なる人生の法則』☆
   意識+エネルギー=意図                  シリーズ
                     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 
   意図したことはやがて現実化してる。   
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□  



こんにちは、tomokiです。


今年はさまざまな法則を綴ってみたいと思います。



『好きの法則 その1』です。


『好き♪』という思いにはいろいろあると思います。

人やもの、そして環境。そして何よりも自分自身を好きになることで『好き♪』という気持ちは湧き上がってきます。

自分を好きなるというのはどういうことなのでしょう?


自分が好きな方にとってはこんなこと、『あたり前のこと』なのですが、自分を好きでない方にとってはよくわからないことですし、そもそも何を好きなっていいのかさえもわかりません。

自分の何を好きになるのか?


そこからはじめることが大切なのではないでしょうか?

自分を好きなることそれはおそらくこういったことのなかに含まれているのではないでしょうか。


自分の性格が好き♪

自分の身体が好き♪

自分のしていることが好き♪

自分をとりまく環境が好き♪


要するに、ココロと身体と行為と環境ですね。


ではこのよっつをさらに掘り下げて、詳しく調べてみるとどうでしょう?





自分の性格が好き♪

どこが好き?

明るいところ、めげないところ、楽観的なところ。


それは自分の性格全体、どのように影響してる?

小さなことでも明るくとらえることで、いつも明るい性格でいられる。

めげないから、よいところを自然と見つけられて性格も明るいままでいられる。

楽観的だから、つらいことでも楽しくとらえて性格も楽しいままでいられる。


だから自分の性格が大好き♪♪♪







自分の身体が好き♪


どこが好き?


手が好き。


その手は身体全体にどのように影響してる?

この綺麗な手を見ているだけで気分を心地よくしてくれるので、ココロが軽くなり、身体全体が喜んでいる感じ。手も身体も全部大事にしたいと思える。


だから自分の手が大好き♪♪







自分のしていることが好き♪


どこが好き?


自分の仕事を通して、喜んでくれる人がいることが好き。


そのしていることは、行為全体にどのように影響している?

自分を高めてくれているし、励みにもなる。喜びが広がって自分の人生が喜びの実りでいっぱいになって行く感じ。

だから自分のしていることが好き♪♪







自分をとりまく環境が好き♪

どこが好き?

ひとつひとつの環境の中にある、ちいさなことが好き。


そのひとつひとつは環境全体にどのように影響してる?


自分がこうして生活しているのも、身近にいる人や家や会社や電車にバス、歩いている道や草花のおかげ。

あたりまえの中にあたりまえの心地よさがあることが好き♪


だから自分の環境が大好き♪♪♪♪♪




自分の何を好きになるのか?


ちょっと掘り下げるだけで、好きな理由がたくさん見つかるものですね。


自分のどこが好き?

さらにそれのどこが好き?

それは全体にどのように影響してる?



あなたの好き♪はなんですか。(^_-)v


次回は、『意識が好き♪』です。



====================================

エド&メイジー『憩いの広場』はこちらです。
http://plaza.rakuten.co.jp/spiritual479/


ご意見ご感想はこちらのメールへどうぞ。。
E-mail: baelm400@jttk.zaq.ne.jp


下記は僕の本の案内です。
====================================

HPからの持ってきた、tomokiの電子出版本のご案内。


具体的な内容は、スピリチュアル・ファンタジー。

エドという少年が人魚のニーナを救うために、世界の秘密を探しに行くという内容
です。スピリチュアルなことを例えるには海で例えるとわかりやすいので、『鈴の
海』というのを舞台に主人公が冒険する話です。

最初の20ページくらいまでは、普通に楽しんで書いていたのですが、それ以降は
何かとんでもない世界からインスピレーション受けているかのように自分でも『こ
の後どうなるのだろう?』とワクワクしながら一気に書き上げました。
まったく後のことを考えずに『今ここに在る文章』(笑)だけを頼りに書いていっ
て出来た物語です。

しかし単なるファンタジーではありません。
東洋哲学やスピリチュアルなことをこれでもかこれでもかと盛り込んでいますの
で、スピリチュアルに詳しくない方からメチャクチャ詳しい方まで、けっこう楽し
んで読んで頂けるのではないかと思います。

この本を主人公のエドになったつもりで、『感情移入』して読んでいただけました
ら、幸いです。
そして、エドと同じようにその光景を見たり、感じたり・聴いたり・触ったり・匂
いをかいでみたり、歩いてみたりと、どっぷりと体感していただけましたら、ごく
自然と僕の言っている『流れに任せる』ということが、いったいどういうことなの
かということを『体験』出来るのではないかと思います。
『流れに任せる』とは安易に流されるみたいな意味合いのものではありません。時
にはとても辛い体験の中で、流れに身を任せてゆくことでもあるのです。

この本が世界中でたくさんの方に喜ばれ、たくさんの方の人生の大きな支えとな
り、たくさんの方の助けになることを祈ります。


文芸社審査員からの書評

まさに哲学ファンタジー小説と呼ぶに相応しい作品である。物語としての「ファン
タジー」と、メッセージとしての「哲学」がうまく融合しており、大変美しく、し
かも
「永遠」を感じさせるイメージに溢れている。このタイプの作品としてすぐに思い
浮かぶのは、ヨースタイン・ゴルデルの「ソフィーの世界」であるが、しかし、
「ソフィーの世界」が一般的な意味での哲学を統括するものであったのに対し、本
作品では禅の思想などをもとにした、この作者独自の世界観が提示されており、そ
のあたりに独創性を窺うことができる。

また、「時間」がテーマのひとつとなっていることを考えれば、エンデの「モモ」
を連想させるものであろう。そうした哲学的ファンタジーの作品の系譜に連なる意
欲作なのである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『ある涙の選択』本文より 

   いいかいエド、世界は万華鏡のように展開していくんだ。
   一瞬として同じ場面はないんだよ。一瞬一瞬が君の新し
   い宝物。君の一瞬一瞬が生命の織りなす神秘の中で起き
   ているんだ。         〜国王さまの言葉より〜


電子出版サイトこちらです。↓ 絶賛発売中!
  
   文芸社 ブーン・ゲイト       
  http://www.boon-gate.com/    
        ↓
ブーン・ゲイト歩き方(使い方)のご案内
        ↓ 
こちらの『買う』と『読む』のご説明をお読みいただくと使い方がすぐわかります。
 http://www.bungeisha.com/guide03/index.html


(電子出版とは、インターネットで本の内容をダウンロードし、パソコンの画面上
もしくはそれを印刷コピーして読んでいただけるというものです。パソコンでしか
本を読めない方や本屋の閉まっている時間帯でしか本を買えない方、海外の日本人
の方など、わりと読者数は広いのです。)
=====================================

みなさんありがとうございました〜〜〜!!(^0^)!1

この本ははっきり言って、普通の人はもちろん(出版社の方のように)スピリチュ
アルな人が読むと『ウナリ』ますよ。(たぶん。。:笑)

スピリチュアル歴、短い人から長い人まで、なんにも知らない子供さんから大人さ
んまで、誰でも気軽にどうぞたっぷりご堪能くださいませ。

これからもどうぞエドとメイジーはじめ、スピリチュアルワールドのキャラクター
たちを応援してやってくださいませ!(^0^)//^^^

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

私のホームページはこちらです。。
http://www.jttk.zaq.ne.jp/baelm400/

過去のログはこちら。
http://www.melma.com/mag/75/m00110075/index_bn.html

このメルマガの登録解除も、同じくこのホームページの左のリンク
「登録と解除」からよろしくお願いいたします。。
http://www.jttk.zaq.ne.jp/baelm400/

ご意見ご感想はこちらのメールへどうぞ。。
E-mail: baelm400@jttk.zaq.ne.jp


今日も僕のメルマガを読んでくださってありがとうございました。(^0^)!1
感謝のtomokiでした。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-12  
最終発行日:  
発行周期:週間  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。