音楽

ボーカリスト通信

低価格でのオリジナル音源制作ならmusic factory Hi.Fi.Mixへ!発注からレコーディング、音源お渡しまで3週間!そのレコーディングの様子をお伝えしちゃいます!

全て表示する >

ボーカリスト通信vol.34

2004/10/26


★★★★★★★★★★music factory Hi.Fi.Mix presents★★★★★★★★★★

           [ ボーカリスト通信 ] vol.34

                   http://www2.ttcn.ne.jp/~h.f.mix/

---------------------------------------------------------------------------

♪HOT NEWS♪

●avex audition 2004 //////////////////////////////////////////////////

avex主催のオーディション。 志望ジャンルを明確に記入しdemo tapeにオリジナ
ル自信作2曲を郵送して下さい(録音はMD奨励)。

http://www.avexnet.or.jp/audition/demotape/ 

---------------------------------------------------------------------------


●マイクロフォンについて (5)

前回はマイク録音の際の様々な方法、工夫すべき点などを勉強しました。オンマ
イク、オフマイク、ポップガードの必要性、マイクと口の距離などボーカリスト
としては知っておくととても便利な内容です。読んでない方はバックナンバーで
お勉強!

さて今回はマイクロフォンの実践編パート2です。

●マイクの機種

マイクが主に使用される業界といえば音楽業界ですが、もうひとつ、放送業界に
は実に多くのマイクが使用されております。
よく政治家の記者会見に何本もマイクが用意されているのを見かけますが、必ず
といっていいほどその何本かの中に入っているのが「SHURE SM-57.SM-58」です。
これはダイナミックマイクの標準とされている機種です。このような標準マイク
を使用する最大の利点は「どこにでもおいてある」こと。つまりどんな現場でも
自分の熟知しているマイクの特性、ハウリングポイント、距離感のコツをスピー
ディーに応用できる。

●マイクプリアンプの勧め

マイクとマイクプリアンプの関係はギターとギターアンプのように2つで1セッ
トと考えられる。マイクの特性を最大限に引き出すためにはマイクプリアンプを
使用するとローカットできたり現場での素早いイコライジング設定など付加的な
要素も加えてお勧めです。

●声量ありのリッチなVoは斜め上から

ボーカルをスタジオなど十分な声が出せる環境で録音する場合、まず最初に斜め
上20cmから狙ってみて下さい。特に声量のあるリッチな声に効果的。アゴを狙う
感覚がベスト。
これがボーカル録りの定番パターンでもっとも美しくボーカルを再現できる位置
とされている。というのは人間の声は少し斜め上を向いて発声するのがベストポ
ジションだから。ボーカリストの方は納得されたかな?

●ササヤキ系Voは正面、弾き語りは下から

声量がないぶつぶつとササヤキ系のボーカルには真正面から狙ってみる。息の音
も録って臨場感を出したいケースなどに有効。
弾き語りの場合は、下向きになることが多いので、下から狙うのがベスト。ザラ
ツキ感が出てくるのでシャウトやハスキーなボイスにぴったりなセッティングに
なる。


5回にわたりマイクロフォンについてお話をしてきましたが、ここまでひっぱって
おいてなんですが、やはり基本は「生身の声がしっかりしている」ことが前提な
んです。どんな一流のシェフも鮮度の悪い材料から美味しい料理を作ることは不
可能です。何も上等の素材である必要はありません。鮮度(向上心、ひたむきな
練習など)さえあればフルコースでも可能です!機材やマイクはその手助けとな
るツールにすぎないのです。熱い気持ちを忘れずに!

■■

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<音楽用語事典>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
オーサリング
[authoring]
CD-ROM等を製作する際の編集作業
------------------------------------------------------------------------
オーディーオ・トラック
[audio track]
シーケンサーで、MIDI以外にデジタル・オーディオの録音機能があるトラック
------------------------------------------------------------------------
オーディオ・ボード
[audio board]
デジタル・オーディオの入出力が可能なPC基盤
------------------------------------------------------------------------
落とし
[track down][TD]
トラックダウン
マルチトラックで録音したデータをミキシングしながら2トラックのテープを作ること
------------------------------------------------------------------------
オーバー・サンプリング
[over sampling]
デジタル信号をオーディオで再生する際、音質向上のためにサンプリング周波数を通常の何倍
かに上げること
------------------------------------------------------------------------
オーバー・ダビング
[overdubbing]
MTRなどで多重録音する際に、既に録音済みの演奏に合わせて別のトラックに新たに録
音すること。通称オーバーダブ
------------------------------------------------------------------------
オーバーライト
[over write]
データを上書きすること
------------------------------------------------------------------------
オプティカル・ディスク
[optical disk]
光ディスク。CD、MO、DVDなどのレーザー光を使って読み書きするディスクの総称
------------------------------------------------------------------------
オプティマイズ
[optimize]
ディスクのフラグメンテーションを解消すること
------------------------------------------------------------------------
オペレーティング・システム
[operating system]
コンピューターの基本ソフト。システム・ソフトウエア。ファイルの管理、メモリの管理、入出力の管理、ユーザーイン
ターフェースの提供などを行なう基本ソフト。Windows 98、Windows NT、MacOS等
------------------------------------------------------------------------
オムニ・モード
[omni mode]
全ての意味。ONの時には全てのチャンネルに反応する。OFFの時には接続する機器のチャン
ネルが一致しないと認識しない
------------------------------------------------------------------------
音源モジュール
[ton generator module]
鍵盤のない音源部だけを独立した機器。シーケンサー等の音源として利用される
------------------------------------------------------------------------
オン・メモリー
[on memory]
RAM上にあるデータ 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-09  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。