ビジネス一般

■アルファ通信■

設立16年目のISOコンサルティング会社が、顧客限定で発行していた「アルファ通信」を皆様に!

全て表示する >

アルファ通信

2017/03/01

おはようございます ! 
アルファエスアイ角本です。
わーい、3月ですよ〜♪
春ですよ〜♪
いつもセミナーなどご愛顧頂きましてありがとうございます。

父の形見写真を最近よく眺めています。
山に行き、海を眺め、空を仰いで、
写した写真に、心が熱くなります。
カメラを抱えてシャッターチャンスを待っている姿を
想うのです。

彼はフィルムの会社で働いていたので
フィルムで写真をとっていました。
昔のカメラは
フィルムは24枚とか36枚とかで
すべてを撮影しないと
なかなか現像に出せなかった。
多分、短気な彼は、旅行先で撮った写真を
早く見たいがために、フィルム最後になれば
近所の街並みや家の中を写して使い切っていたのでしょう。

今になって貴重なのは、
きれいに整えたアングルの良い風景写真より
やはりそういった
彼の生活圏内の日常風景の方だ。
自分の足先のタコ(笑)を撮っていたり
洗濯モノを撮っていたり
友人やギターや書きかけの絵
そこから見えるのは、
毎朝歩いて健康管理をしていた日常
まっすぐ洗濯物を干す几帳面な性格
彼の本当の日常を垣間見ることができます。

何が必要なのか、何が後から生きるのか。
そんな風に感慨深く考えながら、
今、お客様の品質マニュアルを読んでいます。
難しい言葉の羅列の中で、
ひな型に差し込んだのであろう、口語体のルールを
見つけるとき、
その会社の現実を見る時と同じように
妙に心が暖まる。

ISOと向き合いたくない時もあるし
審査のためだけに、存在していることもある。
けれど、いつかきっと、と信じてこの仕事を
続けていきたいと、思った春。
御社にあるISOが父親のように、
大切な日常を語りだしたときに、
どうか当社へお声がけくださいね。

アルファと一緒に、ISOに向き合いましょう♪゜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【INDEX】
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

【1】【新入社員用 ISOとは】池上さんがISOを説明しています !
 
【2】内部監査員養成セミナーの御案内
 
【3】アルファの玉手箱 その3
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】【新入社員用 ISOとは】池上さんがISOを説明しています !
――――――――――――――――――――――――――――――――――

そろそろ新入社員の教育計画などをかんがえていらっしゃいませんか。
先輩として、びしっ と
ISOについて語りたいものです。
それでも、社会経験のない若者にISOを説明するのは
難儀なことでもありますよね。
『知っていることを話す』ことと
『相手にわかるように話す』ということは
随分距離があります。
それが日本で一番得意な人 ! !

それは池上彰さんですね。

ということで、池上彰さんがISOを説明している動画を
ご紹介します。新入社員にこのように説明できれば「完璧」です♪

そうだったのか「池上彰の学べるニュース」
ニュース用語を池上解説(※ 動画です 音がでます)
https://www.youtube.com/watch?v=exIy_r-wi40

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】 内部監査員養成セミナーの御案内
―――――――――――――――――――――――――――――――――― 

今月もセミナー担当の畑岡がご案内をさせていただきます。
毎年4.5.6月のセミナーは、多くの方にご参加いただいております。
4.5.6月に受講をお考えの企業様、どうぞ早めのお申込みを !

現在3月のセミナーも開催を決定しています。
混み合わない時期の受講は3月がお勧めです♪

◆3月セミナースケジュール
日程:3月16日(木)、17日(金)
場所:広島商工会議所
http://www.asti-g.com/alpha_old/seminar/iso9001/index.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◎4月から6月までのスケジュールが決定しました。
スケジュールご入用の方は、ご連絡くださいませ。
info@asti-g.com
◎セミナーについてのお問い合わせは、気軽にお電話を !
082-511-0263 (10:00~16:00)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】 アルファの玉手箱 その5  7.1.6組織の知識
――――――――――――――――――――――――――――――――――

2015年版の追加項目に「組織の知識」というものがあります。

規格の内容は次の通りです。
「組織は,プロセスの運用に必要な知識,
並びに製品及びサービスの適合を達成するために
必要な知識を明確にしなければならない。
この知識を維持し,必要な範囲で利用できる状態にしなければならない。」
ここ本当に大切ですよね。
中小企業は何かと、属人的な仕事の運び方をしています。
よくあるのが、優秀な職人が辞めたら、技術ごと消えたというケース。

特定の個人が知識や固有技術を保有して管理していたような事例は、
組織には、多々あると思います。
それを「組織の知識や技術として管理してください」ということなのです。

そのためには、誰がどんな技術を持っているのかを明確にしたいですよね。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《編集後記》

風邪をひいてしまいました。
一日寝れば、なんとか直してきた私ですが、
年齢なりの治癒力しかないことに気づいてしまう。
けれど、そこでナイスな医者の友達が(美人の女医?)が一言。
『風邪をひいて、よかったね』と。
風邪は病気でなくて、体の不調を9割治してくれる貴重なもの。
だから無理して治しちゃいけない。
自然に経過させるものらしい。

風邪は治療行為なのだそうです。
※彼女の個人的見解かもしれません。(笑)
(カドモト)
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-03  
最終発行日:  
発行周期:隔週刊  
Score!: 84 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。