ビジネス一般

■アルファ通信■

設立16年目のISOコンサルティング会社が、顧客限定で発行していた「アルファ通信」を皆様に!

全て表示する >

アルファ通信

2009/03/23

┏━━━━━━━━━━━━━━━━α━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ■■■アルファ通信(ほぼ毎週月曜日発)── 2009/03/23 VOL-241
 ■□■ALPHA 
 ■■■SI      
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
ちょっとご無沙汰してしまいました。
ご心配をおかけして?スミマセン。
今週からまた“ほぼ毎週”発行していきます。
引き続きご愛読のほど、よろしくお願い申し上げます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

長い間会社に存在するISOを見直してみませんか?

10年間、ISO取得のお手伝いをしていて感じること…
それは、
『ISOを自社のものとして大切にする企業』と、
『古くなった機械のように会社の隅に眠らせている企業』
がある、ということです。

私が大切にしている企業を訪問し、
再度ISOに触れていただいている中で
一番のメリットとして感じているのは、

「いままで曖昧になっていた部分を、
だれでも判るように共有しようとする行動」
が組織に生まれてくることです。

ISOを進めてゆく中で、一人一人の業務を見直し、

「その業務のインプットが、効率よくアウトプットされているのか」、
「その業務を遂行してゆく中で、必要な能力や資源は何なのか」、
「業務を遂行してゆく中で、どんな制約があるのか」等を明確にして

社員全員で徹底的に見直すと、
今まで気付かなかった改善案が生まれるのです。

もし御社が、いつもより時間ができているのならば
この時間を再構築に使っててみてはどうでしょう。




==[index]======================================================

【1】 前向きな話…「タネをまいたら、いつかは芽が出る」
 
【2】 社員教育・com

【3】 広島の食い道楽『満腹ミツル』のごちそうコラム

【4】「ISO9001:2000の審査はどうなるの? その1」sudamu




■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□ 
憂鬱な月曜日に一読を !
【1】 【未来志向でタネをまく】
                         …「平成進化論」1989号より
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

■常にわたしが意識していることがあります。
 それは
【 過去に囚われず、未来に向ってタネをまく 】こと。

■よく「過去と他人は変えられない」といわれますが、
 これはまさにその通りで、

 過去にさかのぼろうと思っても、
 時間の経過は不可逆的なもの。

 ですから、その願いが叶えられることは
 金輪際ありません。

 また他人の心に介入して、自分の思い通りに
 動いてもらおうという考えも、思い上がりに過ぎません。
 

■以上のように、

 「過去と他人は変えられない」
 わけですが、しかしながら、これは裏返せば、

 「未来と自分は変えられる」
 ということにもつながります。

■自分の人生を形づくるためには、

 「未来に向って」
 「自分を変革させるために」 タネをまき続ける、ことしかないのです。

 コントロールできない過去や他人のことを考えて
 思いわずらうのは精神衛生上もよくありません。

■心身ともに穏やかに、毎日楽しく、明るく元気に、
 生きていこうとおもったならば、

 「未来に向って」
 「自分を変革させるために」タネをまきつづけること。

 そのタネはやがて芽が出て、木となり、森となる。

■しかしながら、まいたタネがいつ芽が出るかは
 誰にもわかりません。
 
 果たして1分後に出るのか、1時間後に出るのか、
 1日後に出るのか、1ヶ月後に出るのか、
 1年後に出るのか、10年後に出るのか、
 はたまた数十年後にようやく姿かたちを現してくれるのか。

■いずれにしても、タネをまいたら、いつかは芽が出る。

 過去を振り返らず、他人を恨まず、
 未来と自分に焦点をあわせて前を向いて生きることが
 大事といえるのではないでしょうか




■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

【2】社員教育・COM ● 「セミナーのご案内」 

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

◆◇◆◇◆「内部監査員養成セミナー」2日間コース ◆◇◆◇◆
日時:平成21年4月23・24日、9:30〜17:00
場所:広島商工会議所 

●ISO9001(品質マネジメントシステム)の運用状況をチェックする、
 内部監査員を2日間で養成いたします。
 初心者の方のために、規格の説明に時間をかけます。

●規格の理解を深めた上で、
 内部監査の方法をケーススタディやロールプレイを通して
 体験していただける実用的なプログラムです。

●特典
 当社のセミナー修了証をお持ちであれば、
 理解ができるまで同じセミナーを何回でも受講ができます。
 「後になって、疑問に思ったコト」や
 「実際、その通りにやってみて新たな疑問がわいた」という方は、
 是非、何度でもセミナーにお越し下さい。

※毎回2席ご用意いたします。お気軽にご参加ください

●内容   
 
 1日目 9:30〜17:00
 オリエンテーション 
 規格要求事項の説明と内部監査の目的、監査ポイントなどの説明 
 不適合の特定 
 内部監査の準備、及びチェックリストの作り方の説明 

 2日目 9:30〜17:00
 チェックリストの作成 
 不適合報告書の書き方と説明 
 不適合報告書の作成 
 是正処置・予防処置の説明 
 Q&A 他 
 
●内容は進度などにより変更する場合がございます。ご了承下さい。
 2日間受講されますと修了証を発行致します。
 
●受講料
  40,000円 昼食代(1,050円)・テキスト代含む
 請求書を発行いたしますので、指定口座への振込みをお願いします。
 
●定員
  20名(最少催行人数10名)
 
 



■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

【3】【広島の食い道楽『満腹ミツル』のごちそうコラム】

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

ラーメン特集第3弾の今回は、広島市中心部にある『上海総本店』
(広島市中区八丁堀)。
「あそこのラーメンが無性に食べたくなって、わざわざクルマを飛
ばして行ったことが何度もあるんですよ」
と同僚が言うほど、この店の根強いファンは多く、以前から興味が
あったのだが、先日ようやく訪れる機会に恵まれた。

街中のビルの1階にあるテナント店舗で、外からの見た目はお世辞
にもキレイとは言い難い。
しかも店に近づくと、スープの出汁を作るときに出る独特の獣臭が
鼻を突く。
聞けば、周辺では日常的にこの臭いが漂っているのだとか。

店に入ったのは昼の12時10分だったが、すでに満席状態。
概観と同様に店内も薄汚く、壁も床も長年にわたる油汚れがついた
ままのような趣?がある。
全部で数十席あるカウンター席と粗末なテーブル席は丸パイプ椅子
で、座っている人はサラリーマンや作業服を着た男性ばかり。
しかも、食事をしながらビールを飲んでいる1人客が何人もいるで
はないか。

しばらく入り口で待っていたら、ようやく席が空いた。
昼時のラーメン店だけに、客の回転はかなり速い。
我が輩が注文したのは、中華そば(600円)と小焼き飯(250円)。
大半の客はこのセットを注文しているようだ。

まずやって来たのは小ぶりな皿に盛られた焼き飯。
色味は少し黒っぽくて旨そうだが、よく考えてみると焼き飯を作る
時に聞こえる“カン、カン”という独特の中華鍋を振る音が聞こえ
なかったぞ?!
確かに出来たてのパラパラ感がなく、口当たりはベチャとしている。
どうやら作り置きを保温ジャーか何かに入れておいて、注文毎に出
しているらしい。

肝心の中華そばの方もやや透明感のある黒っぽいスープ。
トンコツ醤油がベースなのだろうが、醤油の味がかなり強く、後味
は脂っこい。
叉焼も脂身が多いのだが、とってもジューシーだ。
自家製麺だという麺は、太めでかなりのボリューム感がある。
おそらく普通の胃袋の持ち主なら、この中華そば1杯で満腹になる
のではなかろうか。

一般的に広島のラーメンは、もう少しトンコツ風味が強く、スープ
の色も茶濁色なのだが、この店は全く違う味が楽しめる。
全体的に脂っこさが気になるが、それが逆に「また食べたくなる」
クセの強さにつながっているのだろう。
とにかくスタミナを付けたい、手っ取り早く腹一杯になりたい、と
いう時にはオススメの1店かも。




■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

【4】「ISO9001:2000の審査はどうなるの? その2」    sudamu
   
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
2000年版を基準とした審査において、
もし審査員がISO9001:2008の追補改訂部分に関して、
その通りに実施されて無い、或いは文書化されて無いなと思ったら、
果たしてそれは“不適合”になるのでしょうか?

これが、前回の話題でした。
果たして、皆さんはどう考えましたか?

実は、この課題に関して、私の所属するメーリングリストにおいて、
福岡の製造業の方から質問が寄せられ、色々な意見が交わされました。
今回は、そのポイントについて私の意見を交えて説明させていただきます。

「それはあきらかに不適合」と言う意見
 前回も述べたように、ISO9001:2008の追補改訂部分は
元々2000年版の要求事項の範囲内だから、
それがシステムに組み込まれて無ければ、当然不適合。

「2008年版移行時には不適合になりますよ」と言う意見
 審査と言うものは、基準になる規格が明確で無ければなりません。
 もし、ISO9001:2000が審査基準であれば、
当然2008年版の追歩改定部分は基準外となり、
それを根拠に不適合と言うのはおかしい。

意見は真っ二つに別れ、
皆さんのとこに審査に来る審査員、
或いは認証機関がどのような見解を持っているかは分かりません。
ここで2008年版の解説をした宇野さんが、
この件に関して興味をひく発言をしていました。
  建前は、要求事項は追加されていないことになっていますが
追加に近い部分があります。
その周囲では、このような問題が起こります。
 例えば
7.5.4 顧客の所有物 の注記で「個人情報」が、
顧客の所有物であると明記されました。
これは、2000年版では、入れても入れなくても良かったものが、
2008年版で、明確に指定されました。
ですから、個人情報の保護が重要な業種(例えば、通販、発送代行、
介護医療、金融など)で、その管理のルールが明確になっていなければ、
2008年版では、指摘されるでしょう。
でも、2000年版では、指摘しにくいですね。
私は、この意見が一番しっくり来ました。
一概に追補改訂部分と言うけれど、
実は明らかに追加されたように見える部分と、
そうでない部分があります。
その内容によっては、不適合か改善の機会等で指摘され得ます。

本当は審査で指摘される、されないは些細な事です。
いずれ移行しなければ行けないのですから、
皆さんは今のうちに2008年版を勉強し、
ひそかにシステムに取り込み、
マニュアルを改定しておけば良いのでは無いでしょうか。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-03  
最終発行日:  
発行周期:隔週刊  
Score!: 85 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2009/03/23

    【4】「ISO9001:2000の審査はどうなるの? その2などは非常に興味を持って、拝見しました。  Iso爺