住宅・不動産

夢のログハウスに暮らそう

カントリースタイルが大好きな方、健康住宅について考えておられる方必見。2000年春完成したばかりの自宅用ログハウス検証と実体を報告していきます。

全て表示する >

夢のログハウスに暮らそう Vol.034

2005/01/08

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
□          夢のログハウスに暮らそう           □
■          Vol.034/2005年01月08日配信分          ■
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆PR◆━
    /\     □    □□   □□
   /〓〓\    □   □  □ □  
  /〓┌┐〓\   □   □  □ □ □□ FINLAND
 /〓〓├┤〓〓\  □□□  □□   □□  HOUSES
/〓●〓└┘〓●〓\ 木を知る人、木を知る国、フィンランド。
〓〓●〓〓〓〓●〓〓 コンティオのログハウス。日本ではホーム神戸から。
 〓●┌┬┬┐●〓  「ログ」が違います。コンティオなら、
 〓●└┴┴┘●〓  樹齢120年は当然。
〓〓●〓〓〓〓●〓〓 http://www.kontio.jp
━◆PR◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ログハウスと暮らす私たち
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 またまたご無沙汰しております。丸太の嫁です。
とうとう本格的な冬到来。寒いのは嫌い〜!だけれどまたまた楽しんでいる我
の生活を紹介します!

 前回マル太が我が家の久しぶりのキャンプの話題を書いていましたが、、、
あれからはまった我が家の楽しみ。それは石焼き窯で作るパン。とピザ作り。
ここに住んでから石焼き窯の作成、そして義兄からの新築祝いだったダッチオ
−ブンとツールだけはしっかり揃えてきた我が家でしたが、いかんせん、なん
やかんやと作業に追われ、ゆったりと楽しむということができなかったのです
が、去年一回目の三年後再塗装も無事?(マル太の嫁が無理なところ、つまり、
丸太の仕事になっている部分は未だ仕上がっていない!!(とうちゃん、いつ
になったらしてくれるの?!!))だいたい終わって、ようやくゆっくりした
い気分になったのと、ツールをもっと活用せねば!という嫁の勇気で始まった
と思われます。

 ログハウスに住んで、そして、ローカルな生活を楽しむぞ!と思いながら、
いかんせん現代人の私達。便利なものはやっぱり便利。普段の生活に重〜い
ダッチオーブンを使いまわす勇気がなく、、、(悲しいですね。)やっぱり
悪まで理想?などと葛藤もあり?日々の忙しさに手つかずになっていたもの
でもありました。ここは一発勇気しかない!
はじめたのはそんな感じでしたか?

 マル太の嫁もカイロプラクティックの仕事がいそがしくなって、普段の家事
をこなすのがやっとという状態の時でしたが、いつまでもそのまんまがいやな
私なのですね。キャンプで焼いてうまくいったパンを出かけることのない休日
に毎回、焼くことから始まりました!

 強力粉を量って、イースト、塩、砂糖、そしてバターと人肌のお湯を入れ
力一杯こねる。こねてこねてこねて、生地が手にくっつかなくなったら
たたいてはのばし、たたいてはのばし、を繰り返す。レシピによると10
分くらい。ま、プロの早さはないので、もう少し時間をかけて、、。
早々とでているこたつで、一次発酵。ふ〜。その間軽い朝食をいただく。
それから生地をこたつから取り出すとぽわんと膨らんでいる!やった!
それから形を形成。二次発酵へ、、、。そして、野外かまどに火をいれ
薪をボンボン燃やす。ちょうどいい火加減になったころ、二次発酵が終わり、
ダッチオーブンにいれたパン生地をかまどへ。

火加減をこんなもんやろ〜と思いながら調節(といっても、ほとんど調節に
なってるんだか、、、、。しばらくしてちょっと中身チェック。ん〜。
もう少し。またしばらくしてチェック。うん。できた!
さっそく子供達を呼ぶ。
あつあつのパンをその場で家族全員でむさぼる。おいしい〜!
もう最高!お母さん、またしてな!の子供達の声に母大満足!!
手間暇かけた甲斐は十分にあった!

さて、ここからはもう留まることを知らず!今度はピザじゃ〜!
実は以前、ピザつくりに挑戦したことがあった。もちろん、石焼き窯つき
バーベキューコンロが完成して間もない頃。
しかし、その時は火加減がうまく調整できなくて、生焼けになってしまった
ことがあったのです。
もう、こんな失敗はなしです。

※マル太の補足説明、、、。
 市販のものでも石窯キットを使ったホムペで掲載されてますが、
 石窯の場合、約1時間程は窯の温度を一定にするために、焚き続けます。
 窯の前に手をかざしてすぐにひっこめたくなるのが、およそ300度以上です。
 こうなれば少しの薪を入れるだけで火はゴンゴンと強くなり、
 最高では450度くらいにもなるほどです。
 でも高いばかりではすぐに焦げるのと半焼けのものができてしまうので、
 300〜350度くらいが適温でしょう。。。

久しぶりに遊びにきた友人に手伝ってもらって、準備する。
ピザはおおよそ3〜5分くらいで焼けるので、早さと人手が必要です。
焼けたピザをあつあつで食べる班。次のピザをトッピングする班、かまどの
火の番。次々焼けて切って食べて。準備して、焼いて、もう目の回る
忙しさ!しかし、これが最高にうまい!!!
イタリアンレストランも真っ青のおいしいピザにみんなして感動でした。
それからというもの、パン、ピザ、パン、ピザとゲストが来る度振る舞い。
というか、それが目的のパン&ピザパーティ。を何回もやった。
近所の皆様にも配ったり!こんなおいしいものをたべれるんならすこしくら
い苦労しますぜ。
ピザは最初ダッチオーブンで焼いてたのですが、そのうち父ちゃんがでかい
チリ取りみたいなのを手作りした。そうそう、ちょうどお好み焼きの小手の
でかいやつ!これで焼けたらピザの下につっこんで取り出す!
本格的ピザ職人になれそう。
やっぱ、こうでなくっちゃ!
野外コンロは活躍をやっとするようになりました。
家庭電化製品のようにスイッチひとつってなわけじゃないけど、、、。
やきいも、やきじゃが、やきりんご。なんでも焼いて、心も体もほっくほく。
自分でつくると少々形が崩れても、『味よ!味。』てな気分になる。
ゆるゆらと燃える火を見ていると、なんだか心もゆったり。
ああいい!やっぱり、いいなあ!
火は最高の遊び道具です。
野外もいいけど、早く室内にも、薪ストーブ入れられないかな〜。
ね〜とうちゃん。がんばって!稼ご!


マル太の嫁

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ログハウスの豆知識のコーナー 〜用語集〜
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★★★アリ継ぎ★★★
アリ型のホゾ加工を施した継ぎ手。土台や梁に用いることが多い。アリとは
継ぎ手や仕工の加工で、台形をしたものの総称。ホゾが短いので、あわせる材
の太さを選ばない。

★★★アンカーボルト★★★
構造材や設備機器を固定するために、あらかじめコンクリートに埋め込んでおく
ボルトのこと。ログハウスでは基礎に埋め込み、土台やシルログを固定するのに
使われている。この場合、丸太組構法技術基準に、ボルト径は13ミリ以上基礎
内に埋め込む長さはその径の25倍以上であること、土台両端部と継ぎ手部分と
2メートル以上の土台には2メートル以下の感覚で配置することが定められて
いる。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ログハウスQ&A
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
私も素人なのでわかる範囲でお答えいたします。
メールにて御質問ください。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
発 行 者:マル太 mailto:log_life@yahoo.co.jp
----------------------------------------------------------------------
「夢のログハウスに暮らそう」
関連サイト:<http://www.geocities.jp/log_life/mailmagazine/index.html
----------------------------------------------------------------------
広告募集中!:詳しくはmailto:log_life@yahoo.co.jpまで
----------------------------------------------------------------------
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-05-12  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。