映画

ブラット親爺のつっこみ映画評

ここ10数年映画館に行ったことがないブラット親爺が、DVDで観た泣ける映画、笑える映画、よーできた映画、しょーもない映画を関西訛りのつっこみを入れながら論じる格調高い(?)映画批評メルマガです。

全て表示する >

ブラット親爺のつっこみ映画評:ギター弾きの恋

2005/05/24

                                  05/24/2005発行
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

         ◇◇ブラット親爺のつっこみ映画評◇◇  

  ギター弾きの恋 Sweet and Lowdown (1999) アメリカ  
  監督:ウディ・アレン 
  出演:ショーン・ペン、サマンサ・モートン、ユマ・サーマン  

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ネタバレになりそうな話の前には、◆◆ネタバレ注意◆◆がついてます。ま┃
┃だ、その映画を観てない人は、そこから先はすっ飛ばして◆解除◆の後から┃
┃読みませう。ただし、読める部分が残ってない場合があります。(^_^)┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

まず最初に、この映画は邦題がめっちゃおかしい。『ギター弾きの恋』ゆーたら、
セロ弾きのゴーシュみたいな村の純朴な青年と村娘との淡い初恋話かと勘違いす
るやないか。。。ところが、どっこい、 この映画の主人公は、見栄っ張りで、女
好き、酒好き、ビリヤード好き、浪費家、貨物列車見物マニアとゆー趣味の持ち
主にして、どぶねずみをピストルで撃って快感を得るゆー妙な性癖まである。あ
ろうことか、かつて女衒やったこともあるゆーろくでなしの小悪党なんやが、唯
一の取り柄が天才的ギタリストゆーことや。

この男の弾くギターに音色が甘く切ないなんちゅーもんやない、嫋々たる調べゆ
ーんか、ギターで泣き倒しよる。ヨーヨーマもびっくりや。最近テレビのワイド
ショーとかニュースショーを賑わしてる例のピアノマンも、『白鳥の湖』のほか
にビートルズナンバーを弾いたらしいが、やっぱり『イエスタデー』とか『ヘイ
ジュード』とかやろな。間違うても『バック・イン・ザ・U.S.S.R』なんかや
ないやろ。。。

だいたい、最初の出会いからしてナンパしたんで、しかも、二人連れの一人が物
言わんゆーことが分かったら、もうひとりに乗り換えよーとしよる。それでも、
同棲まで漕ぎつけたんやから、お互いキライやなかったんやろ。ただ、どーして
もこの物言わん子ォは地味ィな子ォやから、このにいちゃんには合わんわな。と
うとうある日、トンズラかましよった。 

◆◆ネタバレ注意◆◆その後の、作家志望のおねーちゃんとの衝動的結婚〜よろ
めき〜不倫発見〜破局話は、ケッコー端折った〜る感じやった。まぁ、もう30
分長かったら、後半のエピソードもーちょい丁寧に撮ってたかもしれん。ウディ・
アレンの映画は1時間半くらいの長さ(ここは尺ゆーのんが業界用語みたいやけ
ど、おっちゃん、映画関係者でもないのに、この業界用語使うの気恥ずかしいか
ら、長さと書いとこと思たけど、上映時間としたら問題なかったな)のものが多
いよーに思うんやが、あれって、2本立て公開映画に丁度エエ上映時間ちゃうや
ろか?ウディ・アレンは2本立て公開映画にこだわってんのとちゃうか。。。2
本立てゆーことは、つまり、小品ゆーことや。この前の『ターミナル』みたいに
話は小品やのに舞台設定だけは超大作ゆーのんはアンバランスやけど、この映画
の舞台設定なら、小品に丁度エエ。

いずれにしても、悲恋ものでも、純愛ものでもないことだけは確かや。もの言わ
ん子ォも、二人きりになったらエライ積極的やったし、捨てられた後もしっかり
生きとった。アメリカ人は、いろんな意味でタフなんやろ。多少は鈍感なんかも
しれん。。。◆解除◆

ショーン・ペンは、この映画でも見事な怪演ぶりやった。高田純二と見まごうば
かりのC調男かと思うと、小心翼々の臆病もん男になったり、芸術至上主義の傲
慢男、ミーハーなミュージシャンと、複雑な彼を好演してた。確かに、元々ウディ・
アレンは自分が主人公の役をやるつもりで脚本書いてるから、他のウディ・アレ
ン映画の影みたいなもんを感じるシーンが時々あった。しかし、さすがとゆーべ
きか、この映画はまごうことなくショーン・ペンのもんやった。ウディ・アレン
のギタリストでは、イカにもタコにも、ちょっと神経質なジャズ芸人の域を出ん
かったやろ。その点、ショーン・ペンは天才アーティストになりきっとった。 

もの言わん小娘役のサマンサ・モートンもなかなかよかったけど、おっちゃん、
ユマ・サーマンが気に入った。この女優、あのゲーリー・オールドマントと離婚
した後『ガタカ』に出てたときに知り合うたイーサン・ホークと結婚してるんか
いな。最近では、なんとゆーても『キルビル』やな。ゴージャスなんやけど、ア
ホなインテリ女の感じがよー出てた。

原題の『Sweet and Lowdown』は、なんと訳したらピッタリくるんやろ?Sweet
は、甘い、甘美な、甘口(あまくち)の、ゆー以外にも、優しい、思いやりのあ
る、親切な、ゆー意味もあるらしい。もちろん、名詞やったら「甘いもん」やけ
ど、この場合は複数形のsweetsになるのが一般的みたいやから、ここでは形容
詞なんやろ。sweet and sour (bitter) of life は「人生の苦楽」や。

もうひとつのLowdownは、名詞では、内幕とか真相とかの意味になるらしいが、
形容詞では、文字通り、「非常に低い、身分が低い」が第一義で、そこから派生
して、下劣なとか、卑劣なとか、不誠実なの意味に使われるらしい。ちゅーこと
は、この原題は、『甘く不誠実な』ゆー感じやろか?こっちの方が、魂をとろけ
さすような甘美な演奏をしよるけど、人間的にはだらしない天才ギタリストゆー
主人公のひととなりを言い当ててるよーにも思う。

自伝風ドキュメンタリー映画仕立てにしたったが、あの仕立てを思いついたとき
にウディ・アレンは「これや」と思たんかもしれんが、あんまり成功してなかっ
たんちゃうやろか? 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 ◆ブラット親爺のつっこみ映画評』◆ 第145号 発行人:BRAT PITT
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
まぐまぐ   http://www.mag2.com/ (マガジンID:0000119612)
melma! http://www.melma.com/ (マガジンID:m00108615) 
マッキー   http://macky.nifty.com/
めろんぱん  http://www.melonpan.net/mag.php?005524 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ▲▼▲▼ブラット親爺のつっこみ映画評サイト▲▼▲▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バックナンバーを読みたい方は、こっちにお越しくだしゃんせ。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/ffcat/brat/

関西訛りはどうも好かんとおっしゃる方には、こんなんも用意したーります。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/ffcat/brat/osumasi/

誰もそんなことせんやろけど、このメルマガの記事は無断で転載せんといてね。 
Copyright(C)2005 BRAT PITT All Rights Reserved.       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-23  
最終発行日:  
発行周期:週1回〜不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。