映画

ブラット親爺のつっこみ映画評

ここ10数年映画館に行ったことがないブラット親爺が、DVDで観た泣ける映画、笑える映画、よーできた映画、しょーもない映画を関西訛りのつっこみを入れながら論じる格調高い(?)映画批評メルマガです。

全て表示する >

ブラット親爺のつっこみ映画評:父の祈りを

2005/03/28

                                  03/28/2005発行
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

         ◇◇ブラット親爺のつっこみ映画評◇◇  

  父の祈りを In The Name of The Father (1993) イギリス、アメリカ  
  監督:ジム・シェリダン 
  出演:ダニエル・デイ・ルイス、ピート・ポスルスウェイト、
     エマ・トンプソン

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ネタバレになりそうな話の前には、◆◆ネタバレ注意◆◆がついてます。ま┃
┃だ、その映画を観てない人は、そこから先はすっ飛ばして◆解除◆の後から┃
┃読みませう。ただし、読める部分が残ってない場合があります。(^_^)┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

冤罪を扱った映画とは露知らずに観始めたもんやから、最初はてっきりバカっぽ
い若造の無鉄砲話かと思た。それにしては、舞台がアイルランドで、IRAのテ
ロがどーとかゆーとる。こら、硬派の映画みたいやでと思てると、主人公は「お
ら、ロンドンさ行くだ」ゆーて船に乗って、船上で幼なじみのもうひとりの若い
衆と一緒になって、ロンドンのヒッピーのたまり場みたいなとこに転がり込みよっ
た。

やっぱり、無鉄砲フリーセックスもんかと思い直したら、今度は金盗んで、ど派
手なカッコして故郷に錦を飾りよるやないか。この映画どこ行くねんと思とった
ら、ロンドンの爆弾テロ犯の濡れ衣着せられて逮捕や。しかも、脅迫やら暴力や
らの汚い手ェ使われて、自白強要されて、さらに、息子の逮捕を心配したお父ちゃ
んやら叔母さんやらその息子さんらが集まって善後策考えてるとこを警察に踏み
込まれて、爆弾製造の後方部隊にされてしもた。ヒッピー仲間やった男女2名も、
北アイルランド出身やゆーだけで、仲間にされてしもた。

なんちゅー話や。無茶苦茶やないか。犯人のでっち上げは、イギリスのテロリス
ト防止法の暴走ゆーか、爆弾テロの犠牲者の遺族への免罪符として、スケープゴ
ートが必要やったからや。イギリスに正義はないのんか?ホンマひどい話や。そ
れにしても自白調書だけで、有罪にできるんやろか?

◆◆ネタバレ注意◆◆お話変わって、イギリスの刑務所は、凶悪犯と一般犯がごっ
ちゃに収容されてるみたいで、かなり自由に行き来できるみたいや。このにーちゃ
んの場合も、ムショのなかでタバコ吸うとるし、あろうことかLSDでラリッとっ
た。いくら親子やゆーても、お父ちゃんと息子が同じ房に収監されるゆーのも驚
きやった。 

アメリカの刑務所ほど人種間のいざこざは起きんよーやが、ここにホンマもんの
IRAのテロリストが捕まって収監されてきた頃から、雲行きが怪しなってきた。
こいつは自分が真犯人やと供述しとったのに、当局はそれを握りつぶしよる。すっ
たもんだの末(ちょっとはしょりすぎかも)に、敏腕女性弁護士の機転もあって、
冤罪を晴らし、無罪を勝ちとるんやけど、逮捕から15年も経っとった。◆解除◆

主人公のアホな若者役のダニエル・デイ・ルイスは、8年後『ギャング・オブ・
ニューヨーク』では、アイルランド系移民グループに対立するオランダ系移民グ
ループのブッチャー(肉屋)役で無茶しとった。

このバカ息子のお父ちゃん役をやってたビート・ポスルスウェイトは、なかなか
渋〜い名演技やった。こんなおっちゃん、日本にもおりそーや。敬虔なクリスチャ
ンかどーかは別にして。。。

北アイルランド問題は、プロテスタントとカトリックの宗教問題と、イギリスと
アイルランドの政治問題と、ケルト系とアングロサクソン系の民族問題が三つど
もえ、がんじがらめ、まんじ固めになっとるらしい。

ネットに「北アイルランド問題入門」 http://hanran.tripod.com/irish/irish01.html 
ゆーサイト があったんで、ちょっと覗いてみると、 

北アイルランドの住民はスコットランド系,ケルト系で,カトリック教徒が約3
分の1。17世紀以降、スコットランド人の植民が行なわれ,人種的・宗教的に独
自の地域を形成した。一方、南部の住民はケルト系で、90%がカトリック教徒。
大ざっぱに言えば、北はプロテスタントが多く、南はカトリックが多い。どちら
もキリスト教だが、別宗教といえるくらいに対立の根は深いのである。
(中略) 
1916年英国支配に抗してダブリンで武装蜂起があり,19年農民の武装闘争が始
まった。北アイルランドは、1920年のアイルランド法,22年のアイルランド自
由国法によって,南アイルランドから分離した。南部は22年にアイルランド自由
国となった。その後、37年新憲法を制定,国号をエールとした。第二次大戦では
中立を維持。49年憲法を改正,国号をアイルランド共和国に改め,英連邦から離
脱して完全な独立国となった。
 
ゆーことやった。

つまり、アイルランドにおいては、北部は英国にとどまり続けるべきやとゆーて
るユニオニスト(合同主義者)=ロイヤリスト(王室主義者)VS 北部と南部を
合わせた32州の独立を主張してるナショナリスト(国家主義者)=リパブリカン
(とにかく王政に反対の共和主義者)という構造になるらしい。両陣営がお互い
にテロ攻撃を仕掛けたから、復讐が復讐を生み、泥沼化してしもた。さらに、
IRAの過激派がロンドンで爆弾テロ攻撃を始めたのがこの映画の頃やった。

原題の『IN THE NAME OF THE FATHER』の和訳は、常識的には『父の名の下
に』やろ。『父の祈りを』ゆー邦題にしたら、なんか宗教もんみたいやないか?
この映画は裁判もんちゃうのんか? 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 ◆ブラット親爺のつっこみ映画評』◆ 第136号 発行人:BRAT PITT
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
まぐまぐ   http://www.mag2.com/ (マガジンID:0000119612)
melma! http://www.melma.com/ (マガジンID:m00108615) 
マッキー   http://macky.nifty.com/
めろんぱん  http://www.melonpan.net/mag.php?005524 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ▲▼▲▼ブラット親爺のつっこみ映画評サイト▲▼▲▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バックナンバーを読みたい方は、こっちにお越しくだしゃんせ。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/ffcat/brat/

関西訛りはどうも好かんとおっしゃる方には、こんなんも用意した〜ります。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/ffcat/brat/osumasi/

誰もそんなことせんやろけど、このメルマガの記事は無断で転載せんといてね。 
Copyright(C)2005 BRAT PITT All Rights Reserved.       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-23  
最終発行日:  
発行周期:週1回〜不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。