映画

ブラット親爺のつっこみ映画評

ここ10数年映画館に行ったことがないブラット親爺が、DVDで観た泣ける映画、笑える映画、よーできた映画、しょーもない映画を関西訛りのつっこみを入れながら論じる格調高い(?)映画批評メルマガです。

全て表示する >

ブラット親爺のつっこみ映画評:スモーク

2005/03/07

                                  03/07/2005発行
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

         ◇◇ブラット親爺のつっこみ映画評◇◇  

 スモーク SMOKE (1995) アメリカ 
 監督:ウェイン・ワン 
 出演:ハーヴェイ・カイテル、ウィリアム・ハート、ハロルド・ペリノー、
    ストッカード・チャニング、フォレスト・ウィッテカー

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ネタバレになりそうな話の前には、◆◆ネタバレ注意◆◆がついてます。ま┃
┃だ、その映画を観てない人は、そこから先はすっ飛ばして◆解除◆の後から┃
┃読みませう。ただし、読める部分が残ってない場合があります。(^_^)┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 いやはや、思いっきりタバコ吸いまくっとった。この映画でタバコ吸うてなかっ
たんは、17歳のアフリカ系アメリカ人のボウズだけちゃうか。。。ま、樽ビッ
シュ君の例もあるから、私生活では吸うとったかも知れんが。。。

しかし、かくゆーおっちゃんも、つい3年前までヘビー級スモーカーやった。1
日3〜4箱は吸うてたやろ。ほとんど蒸気機関車状態やった。それが、ある日、
自分の吐いたケムリがどーにも煙たなったんで、やめた。

今やタバコ吸う方がカッコ悪なってしもた感があるが、この映画が公開された
1990年頃は、まだまだタバコ吸うのがかっこよかった頃で、アメリカでも、
おおっぴらにタバコが吸えた時代や。映画の舞台になってるブルックリンの街角
にあるタバコ屋(ゆーても、おばちゃんがぽつねんと座ってるだけで、客にお愛
想ゆーわけでもなく、どっちかゆーと自動販売機に商売してもろてるよーな日本
のタバコ屋と違うて、コンビニみたいな感じの店や)このタバコ屋のオヤジと常
連客の作家とその作家の部屋で二宿二飯の恩義にあずかった17歳のにーちゃん
の3人にまつわるワケアリの人生模様が繰り広げられる、しみじみした映画やっ
た。
 
◆◆ネタバレ注意◆◆なんちゅーても印象深かったんは、タバコ屋のオヤジの、
昔ワケアリやったが、すったもんだの末に別れてしもた女(片目アイパッチのハ
ンディキャッパーやなんやが、イヤなもん見過ぎてこーなったゆーとった)とそ
の娘(あんたの娘かも知れへん言われても、18年も前のめくるめく一夜に責任
もてんわ)との初体面でのヤク中の娘からの一方的罵倒とゆーか、親の心子知ら
ず娘のエピソードやった。親子の繋がりのはかなさゆーか、お互い自分のまわり
の現実と向き合うて生きることしかでけへん人生のやるせなさみたいなもんがひ
しひしと感じられた。親に向かって、あんな罵詈雑言を並べ立てよる娘に同情の
余地あるんやろか?あの娘、親を追い帰した後で泣きかけとったみたいやけど。

もうひとつの、赤ん坊のときに蒸発してしもたオヤジ(片腕義手のハンディキャ
ッパーなんやけど、交通事故で神さんに左腕持っていかれたらしい)と17歳の
少年との再開のエピソードは、まわりのおっちゃんらがこの少年の身ィになって
いろいろ世話やいてくれたから、愁嘆場にはならんかった。17歳にしては、あ
のボウズ、エライしっかりしてたな。あのお父ちゃん役の俳優、『ゴーストドッ
グ』の日本びいき武士道大好きヒットマンやってたフォレスト・ウィッテカーや
ないか。◆解除◆

アメリカ人は、18歳での親離れ子離れが当たり前なんで、<引きこもり>にな
る若い衆がほとんどおらんゆー話をどっかで読んだ。その代わり、若年ホームレ
スがケッコーおるらしい。しかし、エエ歳して家の中に引き込もって親に面倒掛
け倒しよるガキ大人より、さっさと家から出ていって、どっかでのたれ死にされ
る方が、おっちゃん的にはマシやと思う。親が子供に過大な期待をするのもイカ
ンが、大きなった子供が親に期待するのんは、もっとイカンゆーこっちゃ。

マザコンもファザコンもファミコンもロクなもんやない。「子供より親が大事」
ゆーた太宰治の意見に1票入れとこ。

この映画、登場人物の誰かひとりに感情移入して観るゆーより、ほとんどのシー
ンのカメラのレンズ位置が1メートル70センチくらいの高さなんで、ちょうどそ
の場に自分も立ち会うて観てる感じやった。近所のおっちゃんのちょっとした揉
め事の場面にたまたま居合わせたゆー感じや。

◆◆ネタバレ注意◆◆ しかし、映画の背景はやっぱりブルックリンで、日本では
ああはいかん。ラストの、タバコ屋のオヤジのクリスマス・ストーリーのモノク
ロ再現フィルム部分は、絶対に混じり合わん世界が一瞬混じり合うたゆーイカに
もニューヨークが舞台のアメリカ映画らしいエエエピソードやった。 

この映画、おっちゃんご贔屓のトム・ウェイツの歌が、まためっちゃ決まってた。
特にラストのモノクロ再現フィルム部分はサイレントムービーなんで、トム・ウェ
イツの歌が延々流れるんやけど、ぐっと来てしもたな。 ◆解除◆ 

『blogランキング http://blog.with2.net/link.php/7183 』に参加してます。
これ読んで面白かったら、祝儀思てクリックしたってね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 ◆ブラット親爺のつっこみ映画評』◆ 第128号 発行人:BRAT PITT
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
まぐまぐ   http://www.mag2.com/ (マガジンID:0000119612)
melma! http://www.melma.com/ (マガジンID:m00108615) 
マッキー   http://macky.nifty.com/
めろんぱん  http://www.melonpan.net/mag.php?005524 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ▲▼▲▼ブラット親爺のつっこみ映画評サイト▲▼▲▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バックナンバーを読みたい方は、こっちにお越しくだしゃんせ。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/ffcat/brat/

関西訛りはどうも好かんとおっしゃる方には、こんなんも用意した〜ります。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/ffcat/brat/osumasi/

誰もそんなことせんやろけど、このメルマガの記事は無断で転載せんといてね。 
Copyright(C)2005 BRAT PITT All Rights Reserved.       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-23  
最終発行日:  
発行周期:週1回〜不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。