映画

ブラット親爺のつっこみ映画評

ここ10数年映画館に行ったことがないブラット親爺が、DVDで観た泣ける映画、笑える映画、よーできた映画、しょーもない映画を関西訛りのつっこみを入れながら論じる格調高い(?)映画批評メルマガです。

全て表示する >

ブラット親爺のつっこみ映画評:フェイク

2005/02/20

                                  02/20/2005発行
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

         ◇◇ブラット親爺のつっこみ映画評◇◇  

  フェイク DONNIE BRASCO (1997) アメリカ  
  監督:マイク・ニューウェル 
  出演:アル・パチーノ、ジョニー・デップ、マイケル・マドセン、
     ブルーノ・カービー 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ネタバレになりそうな話の前には、◆◆ネタバレ注意◆◆がついてます。ま┃
┃だ、その映画を観てない人は、そこから先はすっ飛ばして◆解除◆の後から┃
┃読みませう。ただし、読める部分が残ってない場合があります。(^_^)┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

アル・パチーノが、レフティゆーあだ名のしけた中年マフィアを見事に演じてた。
おっちゃん、人を見る目ェはあるつもりや。最初に出て来たときから、今回の役
はそーとーしょぼくれた男やろと感じたんや。なにしろ目ェが泳いどった。この
男、過去に26人も殺しとる。抗争相手やったり、裏切り者やったりと理由と相
手はいろいろなんやが、大ボスから殺れゆわれたら黙って殺り、地道にしのぎも
やってきて、それでも、ブルックリン地区を仕切る中ボスにはなれんかったんや。

マフィアのファミリー同士の抗争は、蛇蝎の争いゆーやっちゃ。一方が毒蛇で他
方が蠍なんやから、無辜の一般市民が巻き込まれん限り、お互いとことんやり合
うて同士討ちしてくれるのんが社会のためなんやが、FBIがそこにいっちょ咬
みして組織を壊滅させるために、囮捜査官として送りこまれたんがジョニーデッ
プ演じるドニーやった。

人に紹介されるときに、「my friend」ゆーて紹介されると、そいつは紹介した
男の舎弟でしかなく、「our friend」ゆーときは、ファミリーの一員として認め
られてる一人前の男やゆーことらしい。それと、「forget about it」ゆーのん
は、肯定にも否定にも罵倒にも使える。字幕では「クソ食らえ」と訳したったけ
ど、「forget about it」は、「そのことは忘れろ=ごちゃごちゃ言うな=それ
はもうエエ」ゆー意味とちゃうのんか?

それと、呼び出されたときは消されるときやゆーのんも、体育館の裏に呼び出さ
れたらボコボコにされるゆーのんといっしょやがな。ボコボコゆーたら、あの日
本食レストランの日系人マネージャーはなかなか気骨があったと思う。外国映画
に出てくる日本人は意味不明な薄笑いを浮かべとるだけで、信念もプライドも感
じられん奴がほとんどなんやけど、あのおっちゃんはマフィア相手によーゆーた。
しかし、その結果はかなり悲惨やったけど。。。

◆◆ネタバレ注意◆◆ ジョニー・デップが、あのシーンで「ここはアメリカンな
んやから、誰が靴ぬぐかぁ。靴脱げゆーのはパンツ脱げゆーのんといっしょや」
ゆーて靴脱ぐのを嫌がったんは、靴の中に盗聴用の小型テープレコーダー仕掛け
とったたからや。靴脱ぎたない理由をくどくど言い募るんやが、図らずもアメリ
カ人の本音をしゃべっとった。「戦争に勝ったんはアメリカなんやから、アメリ
カ人相手に商売したいんやったらアメリカ流でやらんかい。」ゆー理屈や。この
理屈は今や世界中で横行しとる。 

もひとつ。多くの人が感動したゆーてるラストの「おまえなら、許せる」ゆーレ
フティの台詞やけど、あのおっさんは、そんな意味のことゆーたんか?英語字幕
では「if it was ganna anyone,I'm glad it was him」となってる。日本語吹き
替えの方は「どうせこーなるなら、おまえでよかった」ゆーてる。これもちょい
ちゃう。「どいつが来よるにしても、彼(おまえ)やったらうれしい」ゆーのん
が英語のニュアンスに近いんちゃうか。。。これって、レフティーは自分を殺し
にくるヒットマンが、ドニーやろと思いこんでるゆーこととちゃうのん?それに
しても、日本語吹き替えのアル・パチーノの声は、あれはアカン。本人が聞いた
ら気ィ悪するで。 ◆解除◆

この映画のアル・パチーノが、渋いとか、哀愁があるとか、ジョニー・デップと
の男の友情にほろっとするとかゆー人がケッコー多いみたいやが、おっちゃんは、
アル・パチーノがへタレなヤクザもんを見事に演じ切ったことに感心した。

『カリートの道』のときは、まだカッコつけてるヤクザもんやったが、この映画
の中年ヤクザは、颯爽としたとこは微塵もない。家の中ではジャージ着とる。マ
イアミの親分の前では、揉み手してへりくだりよる。

堅気とヤクザはどこが違うかゆーと、欲望にストレートなとこや。究極の目的は
色と金で、その二つを手に入れるために、なりふり構わず無茶しよる。このヘタ
レ男の感じがよーでてることに関心したんや。

最後に、この映画のタイトル『フェイク』やけど、なんとこれは邦題なんや。原
題は『DONNIE BRASCO』やった。ややこしことすんなとだけゆーとこ。 

『blogランキング http://blog.with2.net/link.php/7183 』に参加してます。
これ読んで面白かったら、祝儀思てクリックしたってね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 ◆ブラット親爺のつっこみ映画評』◆ 第124号 発行人:BRAT PITT
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
まぐまぐ   http://www.mag2.com/ (マガジンID:0000119612)
melma! http://www.melma.com/ (マガジンID:m00108615) 
マッキー   http://macky.nifty.com/
めろんぱん  http://www.melonpan.net/mag.php?005524 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ▲▼▲▼ブラット親爺のつっこみ映画評サイト▲▼▲▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バックナンバーを読みたい方は、こっちにお越しくだしゃんせ。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/ffcat/brat/

関西訛りはどうも好かんとおっしゃる方には、こんなんも用意した〜ります。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/ffcat/brat/osumasi/

誰もそんなことせんやろけど、このメルマガの記事は無断で転載せんといてね。 
Copyright(C)2005 BRAT PITT All Rights Reserved.       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-23  
最終発行日:  
発行周期:週1回〜不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。