映画

ブラット親爺のつっこみ映画評

ここ10数年映画館に行ったことがないブラット親爺が、DVDで観た泣ける映画、笑える映画、よーできた映画、しょーもない映画を関西訛りのつっこみを入れながら論じる格調高い(?)映画批評メルマガです。

全て表示する >

ブラット親爺のつっこみ映画評:スリーピー・ホロウ

2004/12/19

                                  12/19/2004発行
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

         ◇◇ブラット親爺のつっこみ映画評◇◇  

   スリーピー・ホロウ
  Sleepy Hollo(1999) アメリカ  
  監督:ティム・バートン 
  出演:ジョニー・デップ、クリスティーナ・リッチ、
     ミランダ・リチャードソン、マイケル・ガンボン、
     キャスパー・ヴァン・ディーン、クリストファー・ウォーケン

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ネタバレになりそうな話の前には、◆◆ネタバレ注意◆◆がついています。まだ、
その映画を観ていない人は、そこから先はすっ飛ばして◆解除◆の後から読みま
しょう。ただし、読める部分があまり残ってない場合があります。(^_^)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ▲▼▲▼読者のつっこみ映画評 大募集▲▼▲▼

ご覧になった映画のつっこみレビューを送ってください。このメールマガジンで
紹介させていただきます。もちろん、ブラット親爺の映画評に対するつっこみも
大歓迎!あんまりキツ〜イつっこみはやめてね。おっちゃんこう見えても、打た
れ弱いので。。。(@。@;) f_f_cat@yahoo.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この前、『北野座頭市』の映画評で、この時期なんぼチャンバラ映画ゆーても、
首ちょん切るのはちょっとマズイやろなと書いたんやが、この映画では、ちょん
切りまくってたがな。ほとんどちょん切りシーンこそが映画そのものやった。ま、
1999年の制作やし、ちょん切り犯(?)も亡霊とゆーか首なしの騎士やった
けど。。。

ティム・バートン&ジョニー・デップ コンビの3作目や。今回はお話的にはたわ
いなかった。サスペンスとしての謎解きは最後まで分からんかったけど、分から
んよーに作ったったら、分からんのはしょーがない。ドラキュラやらフランケン
シュタインなんかの怪物も出てくるけど、気持ち悪いばっかりやのうて、ケッコ
ー様式美のあるホラー映画のことをゴシック・ホラーゆーらしいが、この映画も
そーか?おっちゃん、ホラ話は好きやけど、ホラーは苦手なんで、この方面はあ
んまり明るないんやけど。。。

ゆーても、ホラー映画で明るいのんは観たことない。この映画でも暗めの画面ばっ
かりやった。暗がりでドッキリゆーのんは、たいていは朝になったら何ビビッとっ
たんや?の類やろ。。。おどろおどろしい闇があるから怖いんで、お化けも怪物
くんも明るい日差しの元では、怖いことも、恐ろしことも、何もあらへん。現実
の事件の方がずっと怖い。底なし沼並みの恐怖や。

 それにしても、CG使いまくりやった。この手のファンタジー映画系の監督にとっ
ては、CGは伝家の宝刀みたいなもんで、CG使わんことには作品自体が成立せ
んやろから、なんぼ使こてもかまへん。映像的には凝りこりで、潤沢な制作費を
使いまくったったゆー感じや。史上最低の監督や言われとった、あのエド・ウッ
ドはんとはえらい違いやな。

CGだけやのうて、特殊メイクとゆーのんかリアルな生首やら、西の森のセット
(屋内に森を再現したーるらしい)やら、ぼろ風車や村のメインストリートのオ
ープンセットやら、映像的リアリティの再現努力は見事としか言いよーがない。
ただし、なにしろ全体にめちゃアンダーな映像やから、細かいとこはほとんどつ
ぶれてて、よー見えへん。

ボロ風車の中で、首なし騎士が階上へ逃げるジョニー・デップを追いかけて行き
よるシーンで、はしごを叩き壊しながら迫って来るんやが、自分が登るはしご先
に壊してしもたら、どーやって登る気やと、素朴に疑問に思たわ。

それと、馬車チェイスゆーんかいな馬車と馬に乗った首なし騎士との追っかけも、
不死身の首なし騎士やったら、そもそも必死で馬車にしがみついたりせんやろ。
ま、他にもつっこみ出したら、きりないから辞めとこ。

こーゆーホラー映画は、季節的に秋の終わりから冬でないと雰囲気出ーへんね。
これが夏場の話やったら、あんな鎧つけてたら汗だくになるやろし、アロハで短
パンの首なし騎士なんかが出て来た日には、怖がりながら笑てまうがな。

それから、相手役の女優は雰囲気が安達裕実に似とった。あとで調べたら、『ア
ダムスファミリー』の子役やった娘で、あの『バッファロー’66』にも出てた
クリスティーナ・リッチやった。

首なし騎士役のクリストファー・ウォーケンは、『バスキア』にも出てた名脇役
やけど、代表作は26年も前の『ディアハンター』や。しかし、首なしやから、
最初と最後しか顔は出てこんかった。何となくあんなに熱演してたのに、気の毒
な感じがせんでもない。しかし、アクションシーンは、スタントマンがやっとっ
たんやろ。

ティム・バートンはディズニーのアニメーター出身なだけあって、根っからファ
ンタジーが好きなんやろな。お次は『マーズアタック』にしよか?『ナイトメア
ー・ビフォア・クリスマス』にしよか?  『バットマン』もショーもないんやろ
思てたけど、観たってもエエな。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
◆ブラット親爺のつっこみ映画評』◆ 第104号 発行人:BRAT PITT 

まぐまぐ   http://www.mag2.com/ (マガジンID:0000119612)
melma! http://www.melma.com/ (マガジンID:m00108615) 
マッキー   http://macky.nifty.com/
めろんぱん  http://www.melonpan.net/mag.php?005524 

■ WEB版の『ブラット親爺のつっこみ映画評』にもぶらっと遊びにきてね。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/ffcat/brat/index.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ブラット親爺に励ましのメールを送りたい方は、止めませんので、自由に送っ 
たってください。と他人事のように言うのも関西人のパターンやね。。。 
Contact me: f_f_cat@yahoo.co.jp 

誰もそんなことせんやろけど、このメルマガの記事は無断で転載せんといてね。 
Copyright(C)2004 BRAT PITT        
―――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-23  
最終発行日:  
発行周期:週1回〜不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。