映画

ブラット親爺のつっこみ映画評

ここ10数年映画館に行ったことがないブラット親爺が、DVDで観た泣ける映画、笑える映画、よーできた映画、しょーもない映画を関西訛りのつっこみを入れながら論じる格調高い(?)映画批評メルマガです。

全て表示する >

ブラット親爺のつっこみ映画評:月の輝く夜に

2004/12/01

                                  12/01/2004発行
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

         ◇◇ブラット親爺のつっこみ映画評◇◇  

  月の輝く夜に
  MOONSTRUCK(1987) アメリカ  
  監督::ノーマン・ジュイソン 
  出演:ニコラス・ケイジ、シェール、ヴィンセント・ガーディニア、
     オリンピア・デュカキス、ダニー・アイエロ 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ネタバレになりそうな話の前には、◆◆ネタバレ注意◆◆がついています。まだ、
その映画を観ていない人は、そこから先はすっ飛ばして◆解除◆の後から読みま
しょう。ただし、読める部分があまり残ってない場合があります。(^_^)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ▲▼▲▼読者のつっこみ映画評 大募集▲▼▲▼

ご覧になった映画のつっこみレビューを送ってください。このメールマガジンで
紹介させていただきます。もちろん、ブラット親爺の映画評に対するつっこみも
大歓迎!あんまりキツ〜イつっこみはやめてね。おっちゃんこう見えても、打た
れ弱いので。。。(@。@;) f_f_cat@yahoo.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あのニコラス刑事若かりし頃の映画や。この役者、1964年の生まれやから、こ
の映画の製作時点で23歳か?めっちゃ若い。一方、シェールは1946年生まれや
から、おっちゃんらと同世代やね。この映画は彼女が41才頃の作品。エライ歳
の差やな。40過ぎの女が23の男とできたゆーのんも、逆はそこら中に転がっ
てるけど、かなりレアケースやないやろか。しかし、前読売の外国人選手の例も
あるから、本人同士が気に入っとったら、他人がとやかくゆーこっちゃあらへん。

それにしても、シェールゆーたら、おっちゃんにとっては「ソニー&シェール」
やな。1965年のヒットソング『アイ・ガット・ユー・ベイブ』は、ラジオの深
夜放送でよー流れとった。シェールは、あの頃からかなり奇抜なファッションセ
ンスで、おっちゃんなんかまだまだハナタレ小僧やったから、なんとなく現実離
れした虚構のおねーさんゆー感じやった。こっちはビートルズ一辺倒やったから、
ソニー&シェールもそんなんがおったな程度や。

1965年ゆーたら、ビートルズの主演映画『HELP!四人はアイドル』の撮影
が開始されたんが2月で、7月にイギリスで公開。日本で公開されたんはもうちょ
い後の冬休み頃やろ。多分ロードショウの初日に観に行った。それにしても、こ
の邦題『四人は・・・』の四が漢数字や。新聞の映画欄が縦組みやから漢数字に
したんやろか?ビートルズと漢数字の組み合わせゆーのんもシュールやが。。。
8月にアルバム『HELP!』をリリース。ニューヨークのシアースタジアムで
公演。あの『エド・サリバン・ショー』に出演。10月には、エリザベス女王か
ら勲章もろて、12月にはアルバム『RUBBER SOUL』をリリースと、めざまし
い活躍をしとった。そして、翌1996年6月末、武道館での公演のために来日
したんやった。そのときの聞くも涙、語るも涙のいきさつは、『アイ・アム・サ
ム』の映画評で書いた。

映画の話に戻ると、そのシェールが、40年近く経って眼前に現れたんやから
(ゆーてもこの映画の製作は1987年やから17年前の彼女や。まだまだ色香は
残ってる)、おっちゃんにとっては、昔知ってたおねーさんと久しぶりに再会し
たゆー感じやった。シェールは、一応37才やゆーことになってた。4つほど歳
サバ読んどるが、ま、負けといたろ。

それにしても、ニコラス刑事以外はじいさんとばあさんしか出てこん映画やっ
た。こんな年寄りばっかりでも映画は作れるゆー見本やね。さすがに若い娘が出
てこんから、画面に華やぎがなかった。シェールも初めのうちは、ちょっと田中
真紀子似の野暮ったい中年女やった。ところが、恋をすると女は変わるゆー典型
かい、オペラ見に行くシーンで大変身。髪染めて、肩出したドレス着さしたら、
さすが元大スターや、シューッとしたはるがな。おっちゃんもちょっと惚れてし
もた。しかし、アカデミー賞の主演女優賞をもらうほどの名演ではないやろ。ちょ
っとこの受賞は?やな。 

映画そのものは、たわいのないラブコメディで、満月が理性を失わせて、出来ちゃ
った結婚やら兄姉とえらい歳の離れた恥かきっ子誕生やらの原因をつくるとゆー
昔からある西洋の言い伝えを忠実に映画化したもんやった。キャスティングに文
句つける筋合いはないけど、ダニー・アイエロゆーニコラス刑事の兄さん役の俳
優、確か『レオン』でもマフィアの手先かなんかの小悪党の役やってたと思うけ
ど、最初に出てきたときから、こいつ結局はコケにされるんやとミエミエやった。 

この映画でシェールの母親役をやってたオリンピア・デュカキスは、映画の製作
当時で56才。役柄では60過ぎといったとこか。このおばちゃんも黄昏前の最
後の残光を求めてさまようとった。その気持ちはよー分かる。敬愛する藤沢周平
先生は、『三屋清左右衛門残日録』のなかで「日残りて昏るるに未だ遠し」と書
いてらっしゃるが、江戸時代に家督を息子に譲って隠居するのは40過ぎやった、
現在のおっちゃんの心境では、50代半ばは、西の空を真っ赤に染め上げ、地平
線の向こうに沈み行く夕陽のスペクタクル・ショーは、もうとっくに店仕舞いし
てて、夜の緞帳が降りてきてる。朝が来ない夜もあるかも知れんとゆー心細い時
間帯や。

昔は、男の厄年は42才やった。ところが平均寿命が伸びたから、最近では60
前が厄年になってきたらしい。確かに60前でコロッといきよる男が結構多い。
戦後の食糧事情の悪いときに赤ん坊や幼児期やったから、基礎体力が劣ってるの
かもしれん。基礎工事手抜きした安普請の建て売り住宅みたいなもんや。そら60
年もこき使たらガタも来る。

原題の『MOONSTRUCK』は、「気がふれた」とか「発狂した」とかの意味の形
容詞や。エライ強烈な題つけたもんやなぁと、おっちゃん感心してしもた。『月
の輝く夜に』とゆーロマンチックな邦題なら、女の子と一緒に映画館に行きやす
いやろけど、『気がふれた』では、二の足踏むで。
 
さて、この映画で『ブラット親爺のつっこみ映画評』もめでたく100号に到達!
もうちょい話題作とか問題作で記念すべき100本目を賑々しく飾りたかったん
やけど、たまたまこの映画を観てしもたからしょーがない。このペースで観続け
ると、1001本目は532週後、つまり10年と3ヶ月後とゆーことになるが、
多分もうちょいずれ込むやろ。はてさて、そこまで生きてるやろか?その前に、
年金もらえてるやろか?地球は大丈夫やろか?と、流れに浮かぶうたかたの如く、
よしなし事が脳裏を過ぎるんやった。 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
◆ブラット親爺のつっこみ映画評』◆ 祝!第100号 発行人:BRAT PITT

まぐまぐ   http://www.mag2.com/ (マガジンID:0000119612)
melma! http://www.melma.com/ (マガジンID:m00108615) 
マッキー   http://macky.nifty.com/
めろんぱん  http://www.melonpan.net/mag.php?005524 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ブラット親爺に励ましのメールを送りたい方は、止めませんので、自由に送っ 
たってください。と他人事のように言うのも関西人のパターンやね。。。 
Contact me: f_f_cat@yahoo.co.jp 

誰もそんなことせんやろけど、このメルマガの記事は無断で転載せんといてね。 
Copyright(C)2004 BRAT PITT        
―――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
     

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-23  
最終発行日:  
発行周期:週1回〜不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。