映画

ブラット親爺のつっこみ映画評

ここ10数年映画館に行ったことがないブラット親爺が、DVDで観た泣ける映画、笑える映画、よーできた映画、しょーもない映画を関西訛りのつっこみを入れながら論じる格調高い(?)映画批評メルマガです。

全て表示する >

ブラット親爺のつっこみ映画評:座頭市

2004/11/30

                                  11/30/2004発行
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

         ◇◇ブラット親爺のつっこみ映画評◇◇  

 座頭市 (2003)日本   
 監督:北野 武 
 出演:ビートたけし、浅野忠信、夏川結衣、大楠道代、橘大五郎、
    大家由祐子、ガダルカナル・タカ、岸部一徳、石倉三郎、柄本明 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ネタバレになりそうな話の前には、◆◆ネタバレ注意◆◆がついています。まだ、
その映画を観ていない人は、そこから先はすっ飛ばして◆解除◆の後から読みま
しょう。ただし、読める部分があまり残ってない場合があります。(^_^)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ▲▼▲▼読者のつっこみ映画評 大募集▲▼▲▼

ご覧になった映画のつっこみレビューを送ってください。このメールマガジンで
紹介させていただきます。もちろん、ブラット親爺の映画評に対するつっこみも
大歓迎!あんまりキツ〜イつっこみはやめてね。おっちゃんこう見えても、打た
れ弱いので。。。(@。@;) f_f_cat@yahoo.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
北野武監督の『座頭市』をやってたので、久しぶりにTVで映画を観た。やっぱ
りタダより高いもんはない。後半になるとコマーシャルで頻繁に寸断され、その
たんびに映画の凄い臨場感から凄い生活感に引き戻されるから、すっかり興ざめ
してしもた。

しかし、この映画、ある意味ではTV向きかも知れん。何しろぶちぶち切り刻ん
でも、シーンの順番入れ替えても、大勢に影響がないよーな大雑把なつくりや。
スリルなし、サスペンスなし、お涙なし、濡れ場なし、ロマンスなし、葛藤なし、
緊張感なし、お笑いさほどなし、スペクタクルなし、内容なし、端からそんなも
ん狙ってないと言われそーやが、感動まるでなし。

血糊べっとり、血しぶきどばっ、の殺陣だけ映画やった。これやったら、まだし
もワイヤーアクション&カンフーの中国映画の方が華麗な分だけマシやな。ちゃ
んばら映画の醍醐味は殺陣のリアリティやとゆーても、斬られ役のカラダから血
が噴き出すだけやったら、おぞましさは大したことあらへん。やっぱ耳がちょん
切れるとか、腕や脚が宙をぶっ飛ぶとか(首はこの時期ちょん切らん方がエエか
も)せな。 ま、ヤクザもん同士の殺し合いで、無辜の民が巻き添えになったりせ
んのはよかった。

特にこの映画は役者の演技が総じてスカやった。素人のように演技してくれと監
督が注文つけたんかも知れん(おっちゃんもエライ好意的やな)が、役になりきっ
とらん。浪人といえども武士は武士。侍の妻女は妻女、百姓女は百姓女に見えな
アカン。日本の俳優は、ヤクザと兵隊の役は誰でも出来るらしいから、ヤクザも
んはさすがにそれらしい。しかし、ヤクザの裏稼業とゆーのも変やが、夜陰に紛
れて蠢く夜盗一味ならではのアンダーグラウンドな存在感がまったくせんかった。
岸部一徳なんか相変わらずそこらのしがない陰気な中年サラリーマンみたいや。
世を憚って仮の姿に身をやつして生きてる日陰もんの感じがせん。座頭市もへら
へらしてるだけで、博打好きの渡世人のろくでなし感がない。ただ単に人をキル
のが趣味のとんでもない男とゆー感じやった。

親の仇を追い続けてるとゆー姉弟も、やさぐれた感じがせん。その辺歩いてるよ
ーなおねーちゃんとオカマのおにーちゃん出してきてどーすんねん。夜鷹暮らし
の垢ゆーのんがカラダに染み込んでなアカンやろ。大体あのふたりは、誰に三味
線や踊り習ろたんや?ガダルカナル・タカも、シスターボーイ(今どきこんな言
い方せんはな、これはニューハーフのことや)と一緒に風呂入ってるんやったら、
もうちょい好色そうな顔せなアカンやろ。

世間の評判も賛否両論、好悪相半ばするらしいが、こんな中途半端な映画で、第
60回ベネチア国際映画祭「監督賞」もろたゆーてもうれしないやろ。北野武が意
図的に中途半端な時代劇映画をつくったゆーのは、過大評価とゆーか贔屓の引き
倒しや。時代劇つくるんやったら、黒澤明を超えるもんつくらんかい。時代劇を
壊すつもりやったら、勧善懲悪も、義理人情も、武士のストイシズムも、ヤクザ
の極悪非道も、何もかも壊さんかい。

大ラスのタップダンスもやかましいだけで、いまいちやった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
◆ブラット親爺のつっこみ映画評』◆ 第99号 発行人:BRAT PITT 

まぐまぐ   http://www.mag2.com/ (マガジンID:0000119612)
melma! http://www.melma.com/ (マガジンID:m00108615) 
マッキー   http://macky.nifty.com/
めろんぱん  http://www.melonpan.net/mag.php?005524 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ブラット親爺に励ましのメールを送りたい方は、止めませんので、自由に送っ 
たってください。と他人事のように言うのも関西人のパターンやね。。。 
Contact me: f_f_cat@yahoo.co.jp 

誰もそんなことせんやろけど、このメルマガの記事は無断で転載せんといてね。 
Copyright(C)2004 BRAT PITT        
―――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
     

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-23  
最終発行日:  
発行周期:週1回〜不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。