映画

ブラット親爺のつっこみ映画評

ここ10数年映画館に行ったことがないブラット親爺が、DVDで観た泣ける映画、笑える映画、よーできた映画、しょーもない映画を関西訛りのつっこみを入れながら論じる格調高い(?)映画批評メルマガです。

全て表示する >

ブラット親爺のつっこみ映画評:世界中がアイ・ラヴ・ユー

2004/10/31

                                  10/31/2004発行
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

         ◇◇ブラット親爺のつっこみ映画評◇◇  

   世界中がアイ・ラヴ・ユー 
 (1996)アメリカ Everyone Says I Love You 
  監督:ウディ・アレン 
  出演:ウディ・アレン、ルーカス・ハース、ティム・ロス、
     エドワード・ノートン、ジュリア・ロバーツ、ゴールディ・ホーン、  
     ドリュー・バリモア、ナタリー・ポートマン 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ネタバレになりそうな話の前には、◆◆ネタバレ注意◆◆がついています。まだ、
その映画を観ていない人は、そこから先はすっ飛ばして◆解除◆の後から読みま
しょう。ただし、読める部分があまり残ってない場合があります。(^_^)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ▲▼▲▼読者のつっこみ映画評 大募集▲▼▲▼

ご覧になった映画のつっこみレビューを送ってください。このメールマガジンで
紹介させていただきます。もちろん、ブラット親爺の映画評に対するつっこみも
大歓迎!あんまりキツ〜イつっこみはやめてね。おっちゃんこう見えても、打た
れ弱いので。。。(@。@;) f_f_cat@yahoo.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
思いっきり絵空事なミュージカルコメディー映画やった。なにしろ連れ子の娘が
ひとりおる女と同じく男女ひとりずつの連れ子がおる男が再婚して、ふたりの娘
をもうけ、さらに嫁はんの元の旦那と今の旦那は友だちで、連れ子の娘は前の父
親とも頻繁に行き来してるとゆーヤヤコしい家庭環境や。普通やったら複雑な継
母子関係に小さな心が傷ついて問題行動を起こす娘の話やったりしそーやけど、
題名見ても分かるよーに、そんな暗〜いお話ではない。ま、こーゆー映画はリア
リズムを追求してるワケやないから、ストーリーはかなりエエ加減やった。

『レオン』では、こまっしゃくれた美少女マチルダを、『コールドマウンテン』
では、薄幸の未亡人役をやってたナタりー・ポートマンがちょい役で出とった。
しかし、この映画はジュリア・ロバーツ、ゴールディ・ホーン、ドリュー・バリ
モア、ナターシャ・リオンの4人の女のイタ・セクスアリスをテキトーに描いた
映画やった。 

◆◆ネタバレ注意◆◆ 何とゆーても笑えるのはドリュー・バリモアや。なんとオ
セロの白い方の松嶋尚美にそっくりやった。しかも、この役は松嶋並みの天然娘
やった。婚約指輪は飲み込みよるし、ムショからでてきたばっかのロバート・デ
ニーロにちょい似のイタ公(?)のアンちゃんにスケコマシされて婚約者を袖に
しよるし、デートや思てたら銀行強盗につきあわされよるし。しかし、まあ題名
見ても分かるよーに悲惨な結末になるワケはない。それからゴールディ・ホーン
とウディ・アレンがワイヤー・アクションでダンスを踊るセーヌ河畔のシーンも
『マトリックス』なんかよりロマンチックでずっとよかった。3人目のジュリア・
ロバーツは、『プリティ・ウーマン』より『エリン・ブロコビッチ』の方がおっ
ちゃんはお気に入りなんやが、この映画ではなぜか旦那に愛想をつかしてる人妻
がウディ・アレンにナンパされて不倫する役なんやが、これも愁嘆場は出てこん
かった。しかし、まぁジュリア・ロバーツはゲスト出演ゆー感じやな。◆解除◆

ところで、この映画の原題「Everyone Says I Love You」は、ご贔屓のマルク
ス兄弟のまあまあ面白かった『御冗談でショ』の挿入歌なんやけど、この映画で
も、全員がグルーチョの扮装をしたクリスマスパーティーのシーンでこの歌を歌
い踊ってた。ただ、この歌の和訳は『」世界中がアイ・ラヴ・ユー』やないやろ。
強いてゆーたら、「どいつもこいつも(なにかとゆーと、すぐに)『好きゃねん』
言いよる」ゆーニュアンスや。

歌のタイトル通り、この映画でも、どいつもこいつも「好きゃねん」言いまくる。
なかでも、ナレーターを兼ねてるゴールディ・ホーンの連れ子役のナターシャ・
リオンのDJ(DJゆーのはこの娘のニックネームや)は、何とも惚れやすい尻軽娘
で、行き当たりばったりに、いけ面にーちゃんに惚れた腫れたになるんやが、こ
の娘の場合も、題名見ても分かるよーに深刻な事態にはならんかった。

何ともはや絵空事なシーンの連続の映画やった。けど、ちょっと風邪気味のとき
なんかに観る映画としては、101分の短さやし、出演者が揃いも揃て歌が下手
なミュージカルやし、なにより話が重ないのんがエエかも。 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
◆ブラット親爺のつっこみ映画評』◆ 第92号 発行人:BRAT PITT 

まぐまぐ   http://www.mag2.com/ (マガジンID:0000119612)
melma! http://www.melma.com/ (マガジンID:m00108615) 
マッキー   http://macky.nifty.com/
めろんぱん  http://www.melonpan.net/mag.php?005524 

■ WEB版の『ブラット親爺のつっこみ映画評』にもぶらっと遊びにきてね。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/ffcat/brat/index.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ブラット親爺に励ましのメールを送りたい方は、止めませんので、自由に送っ 
たってください。と他人事のように言うのも関西人のパターンやね。。。 
Contact me: f_f_cat@yahoo.co.jp 

誰もそんなことせんやろけど、このメルマガの記事は無断で転載せんといてね。 
Copyright(C)2004 BRAT PITT        
―――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-23  
最終発行日:  
発行周期:週1回〜不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。