映画

ブラット親爺のつっこみ映画評

ここ10数年映画館に行ったことがないブラット親爺が、DVDで観た泣ける映画、笑える映画、よーできた映画、しょーもない映画を関西訛りのつっこみを入れながら論じる格調高い(?)映画批評メルマガです。

全て表示する >

ブラット親爺のつっこみ映画評:コールドマウンテン

2004/10/21

                                  10/21/2004発行
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

         ◇◇ブラット親爺のつっこみ映画評◇◇  

   コールド マウンテン 
   (2003)イギリス・イタリア・ルーマニア Cold Mountain 
    監督:アンソニー・ミンゲラ 
    出演:ジュード・ロウ、ニコール・キッドマン、レニー・ゼルウィガー、
       ドナルド・サザーランド、フィリップ・シーモア・ホフマン、
       ナタリー・ポートマン 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ネタバレになりそうな話の前には、◆◆ネタバレ注意◆◆がついています。まだ、
その映画を観ていない人は、そこから先はすっ飛ばして◆解除◆の後から読みま
しょう。ただし、読める部分があまり残ってない場合があります。(^_^)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ▲▼▲▼読者のつっこみ映画評 大募集▲▼▲▼

ご覧になった映画のつっこみレビューを送ってください。このメールマガジンで
紹介させていただきます。もちろん、ブラット親爺の映画評に対するつっこみも
大歓迎!あんまりキツ〜イつっこみはやめてね。おっちゃんこう見えても、打た
れ弱いので。。。(@。@;) f_f_cat@yahoo.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『コールドマウンテン』は、かなりご都合主義の目立つラブストーリーやった。
が、キライやないな。

かなりご都合主義の目立つラブストーリーやった。しかし、観ててアホくさなっ
たワケではない。絵づくりはかなりしっかりしてて、見応え十分やった。それに
してもこの映画、主人公のジュード・ロウ扮する田舎の純朴な二枚目インマンが
南北戦争の戦場から遙か彼方の故郷コールドマウンテンを目指して旅するロード
ムービーの部分と、もうひとりの主人公のニコール・キッドマン扮する鄙には不
似合いのお嬢さまエイダのお嬢ライフからの完全自立話のふたつが交互にでてく
るんやが、時系列的な整合性が初めのうちはよー分からんかった。

インマンの身には災難が何度も、何度も、もーエエ加減にせーゆーくらい振りか
かるんやが、その度に都合よく救いの手がさしのべられるんや。しかも1回を除
いてすべて女が絡んどる。特にヤギのおばちゃんのエピソードは、『ダウン・バ
イ・ロー』で南部のジャングルのねきにイタリア人の寡婦がひとりで住んどった
とゆー設定とエエ勝負するくらいのとんでもなさやった。なんぼジュード・ロウ
が男前やゆーても、あんなに都合よく助けられるのもちょっとなぁ。

それに、あの戦争未亡人はあの後どーなったんやとか、牧師が孕ませたアフリカ
系アメリカ人の女の子はどーしてるんやとか、おっちゃん気になったまま観てた
んやが、特典ディスクの未公開シーンを集めたんを見て初めて後日談が分かった。
この映画、それでなくてもちょっと長めやけど、ストーリーのつながりを分から
すための、どっちかゆーたら説明的なシーンを編集段階で端折りすぎた感がある。
 
◆◆ネタバレ注意◆◆ラストの山の中で突然ふたりが出会うシーンも、未公開シ
ーンを観たら、なんとなく納得できるけど、観る前は「そんなアホな。なんでこ
んな山の中でうまいこと出会えるねん!」と画面に向かってつっこんでしもた。
ハッキリゆーて、未公開シーンを入れてきっちり編集し直した方がエエと思うわ。
◆解除◆

ところで、あの未亡人役の女優が、夏貸家冬空き家『レオン』のマチルダちゃん
をやってたナタリー・ポートマンやった。いくつになったんや?この娘。1981
年生まれやから24かぁ。。。“3歳の時から米国。8歳の時からベジタリアン。
ヘブライ語、フランス語、日本語を話す。(へぇ、日本語オッケイなんか)ハー
バード大で心理学を学ぶ。(インテリやんか)「オードリー・ヘップバーンの再
来」と言われている(ほんまかいな?)”らしい。『スターウォーズ・エピソー
ド1・2・3』にもでてるんや。よかった。よかった。おっちゃん、なんか久し
ぶりに会うた知り合いの娘さんのよーな気ィする。

ニコール・キッドマンのお嬢生活も年季が入ってる感じで、何しろ「役に立つこ
とは何もしたらアカン」ゆー厳格(?)な教育方針で育てられたゆーんやから、
呆れるわ。花は生けれるけど育て方は知らん。レース刺繍は出来るけど繕いもん
は出来ん。もちろん料理も洗濯も掃除もや。食うもんなくなって『マレーナ』み
たいに春をひさがあかんとこまで落ちぶれるんちゃうかと、おっちゃん他人事な
がら心配してしもた。そんな彼女も、レニー・ゼルウィガー扮する流れ者ルビー
の薫陶を受けて立派に自立した女になって行くんやけど、手のアップの時に節く
れ立ったごっつい手に映ってたんは演出やろか?

しかし、流れ者ルビーが突然あらわれて孤立無援のエイダを助けたるゆーのんも、
なんとなくご都合主義っぽい筋立てやな。普通ホームレスとか、戦前のアメリカ
でゆーたらホーボーとかは、男ゆーのんが相場やろ。こんな働き者のルビーが流
れ者になったちゅー、その辺の事情は原作ではしっかり説明されとんのやろか?

ま、おっちゃんはドンパチ系は好かんから、戦争を描いてあっても、こーゆー一
兵士の物語の方を贔屓にするんやが、アメリカでも日本でも、戦争中には、この
映画の義勇軍の脱走兵刈りやとか、日本の憲兵とか、権力を笠に着て裏で悪事を
働く輩がでてきよるのが、困ったもんや。それと、いつも書くことやけど、お尻
丸出しのおばちゃんのシーンはいらんと思うけどな。ジュード・ロウとニコール・
キッドマンの濡れ場も、もっと別な見せ方があったよーに思う。そら、好き合う
とる若いもん同士やから、激しなるのはしゃーないけど。。。

◆◆ネタバレ注意◆◆ 最後に、ジュード・ロウとニコール・キッドマンの間に生
まれた娘にしては、あの娘、あんましかいらしなかったな。プロデューサーの孫
とか親戚の娘とちゃうか。。。◆解除◆
―――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
◆ブラット親爺のつっこみ映画評』◆ 第91号 発行人:BRAT PITT 

まぐまぐ   http://www.mag2.com/ (マガジンID:0000119612)
melma! http://www.melma.com/ (マガジンID:m00108615) 
マッキー   http://macky.nifty.com/
めろんぱん  http://www.melonpan.net/mag.php?005524 

■ WEB版の『ブラット親爺のつっこみ映画評』にもぶらっと遊びにきてね。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/ffcat/brat/index.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ブラット親爺に励ましのメールを送りたい方は、止めませんので、自由に送っ 
たってください。と他人事のように言うのも関西人のパターンやね。。。 
Contact me: f_f_cat@yahoo.co.jp 

誰もそんなことせんやろけど、このメルマガの記事は無断で転載せんといてね。 
Copyright(C)2004 BRAT PITT        
―――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
     

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-23  
最終発行日:  
発行周期:週1回〜不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。