映画

ブラット親爺のつっこみ映画評

ここ10数年映画館に行ったことがないブラット親爺が、DVDで観た泣ける映画、笑える映画、よーできた映画、しょーもない映画を関西訛りのつっこみを入れながら論じる格調高い(?)映画批評メルマガです。

全て表示する >

ブラット親爺のつっこみ映画評:カイロの紫のバラ

2004/09/24

                                  09/24/2004発行
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

         ◇◇ブラット親爺のつっこみ映画評◇◇  

     カイロの紫のバラ (1985)アメリカ THE PURPLE ROSE OF CAIRO 
   監督:ウディ・アレン 
   出演:ミア・ファロー、ジェフ・ダニエルズ、ダニー・アイエロ、
      ダイアン・ウィースト 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ネタバレになりそうな話の前には、◆◆ネタバレ注意◆◆がついています。まだ、
その映画を観ていない人は、そこから先はすっ飛ばして◆解除◆の後から読みま
しょう。ただし、読める部分があまり残ってない場合があります。(^_^)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ▲▼▲▼読者のつっこみ映画評 大募集▲▼▲▼

ご覧になった映画のつっこみレビューを送ってください。このメールマガジンで
紹介させていただきます。もちろん、ブラット親爺の映画評に対するつっこみも
大歓迎!あんまりキツ〜イつっこみはやめてね。おっちゃんこう見えても、打た
れ弱いので。。。(@。@;) f_f_cat@yahoo.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ドジでのろまな人妻のミア・ファローは、乱暴者で浮気者の亭主にほとほと嫌気
がさしとる。このおっさん、失業中のくせに仕事も探さんと、酒とギャンブル三
昧で、嫁はんのなけなしの金までせびりとりよる。しかし、別れる決心がつかん
のか、映画館の銀幕で繰り広げられる虚構の世界に身を浸し、つかの間夢を見る
ことで味気ない結婚生活を堪え忍んどった。

ところが、五回も同じ映画(この映画中映画の題名が『カイロの紫のバラ』や。
なんとも意味深な題やけど、この題名、何かにひっかけたーんのか?)を観てる
うちに、突然、スクリーンから端役の考古学者にして冒険家のニーちゃんが抜け
出てきて、ミア・ファローとその男前が恋に落ち、しかも、その考古学者にして
冒険家の端役をやってたホンマモンの俳優まで目の前に現れて、こっちの男前と
も意気投合して、亭主を含めた四角関係になるゆー話や。こんな風に書くと、エ
ライややこしいどろどろのメロドラマみたいやけど、さにあらず。多少の修羅場
はないこともないが、基本は大人のファンタジーや。全編おとぎ話風に描いたー
るから、子供に見せても大丈夫。この映画を子供に見せてどーすんねんとゆー気
もするけど。。。

客観的にゆーたら、映画を観てて出てる役者にうっとりしすぎて、妄想の世界に
入り込んだミア・ファローの夢オチ映画ゆーとこや。現実の世界と空想の世界と
の境目を越えてしもて、向こう岸へ行ってしもたんやから、周りがあれこれゆー
ても詮方なしや。

しかし、ここからがウディ・アレンの真骨頂で、観客が映画の中の人物を観てる
だけやなくて、映画の中の俳優(とゆーか役のキャラクター)も観客を観てると
ゆー設定のアイデアを思いついたことや。確かに、大勢の人と一緒に観てる映画
館のなかでも、観客は一対一の気分でお気に入りの役者を眺めてるわな。カメラ
目線のアップなんかになると、あこがれのムービースターに見つめられてるよー
な気ィになって、ぽーっとなるときが、おっちゃんにもあった。が、最近はない。
 
注:ここからラブロマンス好きの女の人は読まんと飛ばしてちょーだい。つらつ
ら思うに、もしもスクリーンの中の役者から映画を観てる観客のアラレもない姿
が見られてるとしたら、こら、えらいこっちゃ。おっちゃん、夏場は大抵パンツ
一丁でソファに寝ころんでDVD観てるんやけど、ときどき鼻の穴ほじったり、股
間をボリボリ掻いてたりもする。そんな無様な姿を若き日のオードリーはんに見
られたりした日には、赤面するどころやあらへん。もう立ち直られへんわ。それ
に、おっちゃんは滅多に観んが、もしもポルノ映画を見ながらせっせと手作業し
てるニイちゃんたちが、この事態に直面したらどーやろ?かなり恥ずかしいんと
ちゃうか?ポルノ映画に出てるおなごはんの方も、同じようなことやってんねん
から、見かつ見られる関係としてはお互い様か?見られてる方が興奮するゆー変
態もおるやろ。。。

ま、この映画は1930年代の設定やから、ポルノ映画もなかったやろし(あっ
たかも知れんな。あの方面への人類の情熱は凄まじいからな)、映画は映画館で
観るしかない頃や。今みたいにビデオやDVDで密やかに映画を楽しむなんて出来
んかったから、スクリーンの中から見られてても、そんなに恥ずかしなかったん
ちゃうやろか。なんのこっちゃ?

この映画の設定でひとつ疑問に感じたんは、スクリーンから抜け出てきた端役の
考古学者にして冒険家のニーちゃんは、なんで教会も妊婦も淫売宿も知らんかっ
たんかとゆー点や。ま、百歩譲って淫売宿未経験者やったゆーのんは許したろ。
しかし、考古学者ゆーたら、一応インテリや。役の上だけでも大学院くらい出て
なおかしい。そいつが神の不在についても生命の誕生の神秘についてもなぁ〜ん
も知らんゆーのんは、変ちゃうか?

◆◆ネタバレ注意◆◆最後に現実の俳優とロマンチックな幻のキャラクターのどっ
ちを選ぶかとゆー究極の選択を強いられたミア・ファローが、誰が考えてもそら
そうやろの選択をしたあとで、もうひとつの残酷な結末が待っとったゆーのんが、
この映画のミソやけど、こーゆー結末やと、夢破れる気ィがちょっとしたんは、
おっちゃんひとりやろか。。。◆解除◆
―――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
◆ブラット親爺のつっこみ映画評』◆ 第89号 発行人:BRAT PITT 

まぐまぐ   http://www.mag2.com/ (マガジンID:0000119612)
melma! http://www.melma.com/ (マガジンID:m00108615) 
マッキー   http://macky.nifty.com/
めろんぱん  http://www.melonpan.net/mag.php?005524 

■ WEB版の『ブラット親爺のつっこみ映画評』にもぶらっと遊びにきてね。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/ffcat/brat/index.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ブラット親爺に励ましのメールを送りたい方は、止めませんので、自由に送っ 
たってください。と他人事のように言うのも関西人のパターンやね。。。 
Contact me: f_f_cat@yahoo.co.jp 

誰もそんなことせんやろけど、このメルマガの記事は無断で転載せんといてね。 
Copyright(C)2004 BRAT PITT        
―――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-23  
最終発行日:  
発行周期:週1回〜不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。