映画

ブラット親爺のつっこみ映画評

ここ10数年映画館に行ったことがないブラット親爺が、DVDで観た泣ける映画、笑える映画、よーできた映画、しょーもない映画を関西訛りのつっこみを入れながら論じる格調高い(?)映画批評メルマガです。

全て表示する >

ブラット親爺のつっこみ映画評

2004/05/17

                            Vol.074 05/17/2004
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

         ◇◇ブラット親爺のつっこみ映画評◇◇  
 
   ニューヨーク・ストーリー (1989)アメリカ NEW YORK STORIES 
  監督:マーティン・スコセッシ、
     フランシス・フォード・コッポラ、
     ウディ・アレン 
  出演:ニック・ノルティ、ロザンナ・アークエット、
     ヘザー・マコーム、ジャンカルロ・ジャンニーニ、タリア・シャイア
     ウディ・アレン、メイ・クエステル、ミア・ファロー、
     ジュリー・カヴナー 
 
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ネタバレになりそうな話の前には、◆◆ネタバレ注意◆◆がついています。まだ、
その映画を観ていない人は、そこから先はすっ飛ばして◆解除◆の後から読みま
しょう。ただし、読める部分があまり残ってない場合があります。(^_^)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ▲▼▲▼読者のつっこみ映画評 大募集▲▼▲▼

ご覧になった映画のつっこみレビューを送ってください。このメールマガジンで
紹介させていただきます。もちろん、ブラット親爺の映画評に対するつっこみも
大歓迎!あんまりキツ〜イつっこみはやめてね。おっちゃんこう見えても、打た
れ弱いので。。。(@。@;) f_f_cat@yahoo.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
オムニバスの3部作やが、おっちゃんは第3話がまだしも面白かった。第1部は、
マーティン・スコセッシ監督の中年画家と画家志望の若い娘との情痴話。第2部
はフランシス・フォード・コッポラ監督のこまっしゃくれたガキのあほくさ話で、
第3部はウディ・アレン監督・主演の困ったおかんと息子の話や。ニューヨーク
が舞台の小じゃれた映画でっしゃろと映画製作者が小鼻をうごめかしとる様子が
思い浮かぶ。しかし、どれもこれも大したことあらへんがな。

この映画を観る前に『モンティ・パイソン人生狂想曲』を観てたもんやから、あ
まりの毒気のなさに物足りんかったからかも知れん。ま、いちおうひとつずつつっ
こんどこか。

第1話は、中年のオヤジが若い娘に執着して、娘の心変わりに嫉妬に狂う話やが、
ニューヨーク派のモダンアートの画家でそれなりに有名らしく、若い画家志望の
娘に次々に手ェだしよるエロじじいや。人並みに嫉妬したり、娘の歓心を得るた
めにしょーむないサービスしたりしよるが、根本的に誠意ゆーもんが感じられん。
アーティスト好き素人娘専門の女たらしの典型やね。昔々、大久保清ゆーおっさ
んが、若い娘はんを何人も殺しよった連続レイプ殺人事件を思い出した。 

画家志望の小娘の方も、イカにもタコにも若いだけが取り柄で、オヤジとの同棲
生活に飽きて他の男に目移りしとるんやが、芸術家気取りの若い男どもには、ハッ
キリおもちゃにされとる。さっさとクニに帰って、堅気のニーちゃんと結婚した
方がエエとおっちゃんも思うわ。

次の話は、なんじゃらほい?何が言いたい歯が痛いの映画やった。確かにニュー
ヨークにはこんなガキが住んどるやろが、そのガキの日常を描いた映画を観て、
一般庶民は何を思えゆーんや。ただうやましがれゆーのんか?それともこんなこ
まっしゃくれたガキを生み出したアメリカはテロ攻撃されてもしゃーないなーと
納得したらエエのんか。こんな映画観てハッピーな気ィになる奴がもしおったら、
そいつのまぬけ面見てみたいわ。

最後のウディ・アレンの喜劇は、まだしもましやった。しかし、この映画も毒気
はあんまりないな。息子のことをいつまで経ってもガキとしか思とらん母親ゆー
化けもんは、用の東西を問わずにおるらしいことはよー分かった。 

それにしても、ミア・ファローはチャーミングやね。3人の子持ちの離婚経験者
ゆー役柄やけど、ニューヨークには確かにこんなおなごはんがおりそうな気がし
た。『ローズマリーの赤ちゃん』や『ジョンとメリー』の頃からの贔屓やから、
かれこれ35年。ミア・ファローは1945年生まれやから、もうすぐ60才。
還暦かぁ。 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
◆ブラット親爺のつっこみ映画評』◆ 第74号 発行人:BRAT PITT 

まぐまぐ   http://www.mag2.com/ (マガジンID:0000119612)
melma! http://www.melma.com/ (マガジンID:m00108615) 
マッキー   http://macky.nifty.com/
めろんぱん  http://www.melonpan.net/mag.php?005524 

■ WEB版の『ブラット親爺のつっこみ映画評』にもぶらっと遊びにきてね。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/ffcat/brat/index.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ブラット親爺に励ましのメールを送りたい方は、止めませんので、自由に送っ 
たってください。と他人事のように言うのも関西人のパターンやね。。。 
Contact me: f_f_cat@yahoo.co.jp 

誰もそんなことせんやろけど、このメルマガの記事は無断で転載せんといてね。 
Copyright(C)2004 BRAT PITT        
―――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
     

   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-23  
最終発行日:  
発行周期:週1回〜不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。